ユダヤ人 と日本人

​ヒトラーはアーリア系ユダヤ人の帝国社会を築き上げるためにモンゴロイド系ユダヤ人を迫害した。そのあと民主主義派と社会主義派で分かれて冷戦状態になったが、本質はその言葉の区別に善悪のプロパガンダによって民衆は洗脳支配で家畜化されているだけに過ぎず、実際はファシズムの覇権争いである。従って、支配階級層からしてみたら民主主義とか社会主義とか知ったことではない。

敢えてこのような表現をさせてもらったのは、ハザールというと西洋寄りになってしまいますが、これと同じぐらい野蛮な民族としてアジア地帯は漢民族がいるので、これに対して盲目的になってはなりません。

ユダヤ人といっても世界人類はユダヤの血統にはなりますので、細かく区別はされにくいのは確かですが、日本はドイツと同盟を結んでいたけど、ヒトラーに裏切られたことを考えると、ヒトラーはアーリア系のユダヤ人【ハザール人】のための帝国主義をつくるために、モンゴロイド系ユダヤ人が悪であるとでっち上げた可能性大ですね。ヒトラーは表向きは戦争で負けましたが、実はルーズベルトと密約していていてナチスそのものがアメリカをステルスで支配したと認識しています。イスラエルは太古日本の帝が文明を築いたイスラエル12士族の神聖イスラエルではなく、あくまでもサタニズムによるルシファーを崇める一神教イスラエルです。本家本元の神聖多神教イスラエルは我が日本です。

先ずは世界人類がハザール系によって歪められた歴史認識を正す必要があります。そうすれば日本が如何に地球のへその目であり重要かわかると思います。日本を知ることが、実は地球そのものを知るに等しいです。それは人間界だけでなく、宇宙の森羅万象全てに関わります。

【まとめ】

この地球のヒト生命体は実は太古の日本の帝(縄文アイヌ、コロポックル)が世界に分散されて、そこから無数の交配による枝分かれによって区別されるようになったに過ぎず、ノアの大洪水以降は日本が原点であることをしっかり世界人類が認識しなければならない。最終的には人間が人間そのものが神であるという煩悩が穢れであり、その組織化された宗教が悪魔崇拝である。つまり日本はありとあらゆる森羅万象が神であるが、その悪魔といわれる人間は己が神であるという認識が、ありとあらゆる宇宙の森羅万象の歪みに繋がっている。要するに最終的には全ての人類が魂を入れ替えなければ、その宇宙のカルマに呑み込まれるということであり、奥義的に言わせて貰えば、誰が善で誰が悪の三次元空間認識ではなく、それらを超越して多次元空間認識を持たない限り人間はいつまで経ってもカルマを解消することはできず、必ず滅びるということである。

広告

“【武田邦彦】もう騙されない!”石原再生相&マスコミ”が隠し続ける国の借金の事実〜” を YouTube で見る

借金奴隷システムが奥義だが、もう少し噛み砕けば、世界にカネというカネを充満させて、社会、経済、文化、政治、宗教、情報媒体、そして人の心(魂)で流通させてそれに依存させることで、一部の銀行家(闇権力)がありとあらゆるものを乗っ取っているのが今の世界である。つまり国という区別があり、我々は自国通貨という認識で境界線があり守られていると思いこんでいるだけで、カネそのものに境界線はない。つまり今の日本銀行は名前だけみたら確かに日本人のための日本人による日本の銀行のように思えるが、実態は全くそれとは乖離していて、あくまでも闇権力の下請け民間銀行であり、日本の金融機関(地方銀行など)=つまり地方中小企業のためにカネが流れるわけではない。要するに今の日銀政府は闇権力のために(カネを吸い上げるために)いろんな格好いい言葉を言っているが、全て木を見て森を見ずの原理である。もちろん、日銀政府の個々はそのお礼としての莫大なマージンが貰えるから、それに食い尽くわけであるが、草の根レベルの国民の需要供給活性化及び実質的なモノづくりやサービスをする地方企業にとって何にも恩恵は享受されない。しかし、凡人は日々の生活で忙しく世の中を考える暇がないから【そのように仕向けているが正しい判断だが】何もわからず、ただ単純に生活のために真面目に働いている人たちが殆どである。私個人的には日本人の勤勉さは世界に誇れると同時に、クソ真面目で視野が狭いとも言いかえることができるわけである。

我々は本質的なものは包み隠されて、【借金】言葉そのものだけに囚われている。勿論、そこには巧妙に仕組まれたプロパガンダや何とか学者とか、東大とか言えば、凄い頭がいい人で信じこませるように自然と仕組まれ洗脳されていることにも気がつかないわけだから、実行する人間は良く言えば支配のプロである。今のお金システムというのは何にも実質担保がない状態かもしくわ人間によって一つの形あるものに値段をつけてローンを組ませて、そこからの無尽蔵信用創造によって世界の彼方此方にばらまくと同時に国民国家に対して国債という形で借金を課せるということである。しかし、国債というものが自国による判断で紙幣を発行できるシステムであるならば、自国に住む人間に対して借金をしているわけだから、自国に住む人間が死んだり、他国に移らない限り国債の価値は維持できるわけである。国債とは国の資産そのものであって、そこに国と国民の借款がある限り、国と国民の需要と供給つまり実態としての経済として存在することと同じである。しかし、残念なことに日銀が株とかETFとか買って年金運用しているというのは詭弁であり、その我々が働いて貯めた財産である郵貯や年金や農林中金のカネを献上もしくわそれを利用して日本企業を買収したハゲタカファンドや投資信託の株を買っている。つまりそれを買うと同時にカネを流出(献上)しているだけに過ぎない。国民からしてみたら、一生懸命働いて稼いだカネをそのままそっくり渡して、かつ、税金によって更に搾取されている。要するに、日本は明治維新以降西洋人の近代文化の恩恵を受けると同時にカネというもので借金漬けにされ、それに気がついているのかわからない無知無能な私利私欲の政治家や官僚によって、カネを搾取され続け、カネがなくなればモノや人間や企業が差し押さえられるということである。

日本銀行は 日本 人のための銀行であるという洗脳から抜け出そう

https://youtu.be/XpeGL4AZwy4

借金奴隷システムが奥義だが、もう少し噛み砕けば、世界にカネというカネを充満させて、社会、経済、文化、政治、宗教、情報媒体、そして人の心(魂)で流通させてそれに依存させることで、一部の銀行家(闇権力)がありとあらゆるものを乗っ取っているのが今の世界である。つまり国という区別があり、我々は自国通貨という認識で境界線があり守られていると思いこんでいるだけで、カネそのものに境界線はない。つまり今の日本銀行は名前だけみたら確かに日本人のための日本人による日本の銀行のように思えるが、実態は全くそれとは乖離していて、あくまでも闇権力の下請け民間銀行であり、日本の金融機関(地方銀行など)=つまり地方中小企業のためにカネが流れるわけではない。要するに今の日銀政府は闇権力のために(カネを吸い上げるために)いろんな格好いい言葉を言っているが、全て木を見て森を見ずの原理である。もちろん、日銀政府の個々はそのお礼としての莫大なマージンが貰えるから、それに食い尽くわけであるが、草の根レベルの国民の需要供給活性化及び実質的なモノづくりやサービスをする地方企業にとって何にも恩恵は享受されない。しかし、凡人は日々の生活で忙しく世の中を考える暇がないから【そのように仕向けているが正しい判断だが】何もわからず、ただ単純に生活のために真面目に働いている人たちが殆どである。私個人的には日本人の勤勉さは世界に誇れると同時に、クソ真面目で視野が狭いとも言いかえることができるわけである。

我々は本質的なものは包み隠されて、【借金】言葉そのものだけに囚われている。勿論、そこには巧妙に仕組まれたプロパガンダや何とか学者とか、東大とか言えば、凄い頭がいい人で信じこませるように自然と仕組まれ洗脳されていることにも気がつかないわけだから、実行する人間は良く言えば支配のプロである。今のお金システムというのは何にも実質担保がない状態かもしくわ人間によって一つの形あるものに値段をつけてローンを組ませて、そこからの無尽蔵信用創造によって世界の彼方此方にばらまくと同時に国民国家に対して国債という形で借金を課せるということである。しかし、国債というものが自国による判断で紙幣を発行できるシステムであるならば、自国に住む人間に対して借金をしているわけだから、自国に住む人間が死んだり、他国に移らない限り国債の価値は維持できるわけである。国債とは国の資産そのものであって、そこに国と国民の借款がある限り、国と国民の需要と供給つまり実態としての経済として存在することと同じである。しかし、残念なことに日銀が株とかETFとか買って年金運用しているというのは詭弁であり、その我々が働いて貯めた財産である郵貯や年金や農林中金のカネを献上もしくわそれを利用して日本企業を買収したハゲタカファンドや投資信託の株を買っている。つまりそれを買うと同時にカネを流出(献上)しているだけに過ぎない。国民からしてみたら、一生懸命働いて稼いだカネをそのままそっくり渡して、かつ、税金によって更に搾取されている。要するに、日本は明治維新以降西洋人の近代文化の恩恵を受けると同時にカネというもので借金漬けにされ、それに気がついているのかわからない無知無能な私利私欲の政治家や官僚によって、カネを搾取され続け、カネがなくなればモノや人間や企業が差し押さえられるということである。

右とか左とかはスポーツの世界だけにして欲しい

敢えて言わせて貰えば、左翼というのは身近な私生活で例えるなら、自立心がなく常に誰かに依存して人のせいにすることです。助け合い、思いやりの精神はありません。自分さえよければいいという合理主義者です。
しかし、奥義を言わせて頂ければ実は右も左もありません。それは意図的にお互いを敵味方と区別して戦わせることが権力者にとって都合が良いのです。一番大事なのは、己の周波数が高いのか低いのかということです。つまり高ければ高いほど光を帯びますが低ければ低いほどブラックホール(星の死体)に包まれるということは科学的に認知されています。

最終的に行き着くところはお金に支配された物質的欲望ヒエラルキーかお金に支配されない宇宙的自然ヒエラルキーだと思っています。端的に言えば己の精神が光に包まれているのか闇に包まれているのかです。私個人は殺し合いの儀式ないし戦いは好まない平和主義者です。物事は人間の煩悩によって理屈積み重ねて複雑化していますが、物事の本質はシンプルです。

“アルシオン・プレヤデス38-2:未解決の暗殺、ケネディ家、エバ・ペロン、ダイアナ妃、モナコのグレース妃” を YouTube で見る

アルシオン・プレヤデス38-2:未解決の暗殺、ケネディ家、エバ・ペロン、ダイアナ妃、モナコのグレース妃
全人類に関係する様々な悲しい出来事について明らかにしようという唯一の目的をもって続けるが、それらはたとえ何百万という人々に知られていないにせよ、この第二部において、真に勇敢であったそれらの人々が誰であったのか、より知っておく緊急の必要性を感じている。帝国は、常にそうであるが邪悪さと妬みに支配されて、国民に害を為す彼らのほのめかしに従わなかったというだけで、卑怯にもこれらの人々を裏切ったのだ。

闇との闘いは、もはやかつてのように密かなものではなく、今やむしろあからさまになっているとよく理解することが重要だ。それゆえ、容易に道を外れる人々が何百万と存在するのだ。その理由は、光と共にある者達と、闇の者達という、道の決定があるためだ。たとえ作り事に思えようと、現実にそれが、かの偉大な存在達の闘いであった。それゆえ、明らかにされておらず、人類が知らずにいるそれらの奇妙な死亡事件や卑劣な暗殺について暴露することが、大いに重要だと考えている。

https://newspicks.com/news/1849716

“アルシオン・プレヤデス48:ドナルド・トランプ、エリートの戦略、社会の衝撃、NWO、株式市場の破綻” を YouTube で見る

“超古代文明362A「ムー大陸と里帰りUFO-ETエイリアン 竹内文書、イスラエル・シュメール・邪馬台国」竹取翁博物館(国際かぐや姫学会) 2016.11.13” を YouTube で見る

超古代文明362A「ムー大陸と里帰りUFO-ETエイリアン 竹内文書、イスラエル・シュメール・
【第73世武内宿禰こと竹内睦泰様】

https://newspicks.com/news/1891006
このかぐや姫学会の論説は正しいでしょうか?もう、大自然の潮流は止められません。竹内文書や宮下文書が世に知らしめられた時点で直感的に先生なら認識されていたことだと私は確信致します。私は愚人で賢人のように器用なことはできません。直球勝負しかできません。大変申し訳ありません。

世界は国単位でなく地球儀で見ない と何もわからない

今起きている反トランプの抗議デモはクリントンとソロスが中心となって仕掛けている紫革命(内戦)の一環です。デモ隊の中にグローバリストの手下の暴力集団やテロ集団がまぎれこみ、攻撃的なデモや暴動を誘発しています。

クリントンやソロスが計画している紫革命は、ウクライナの首都キエフで勃発した抗議デモから始まった2度のオレンジ革命(2004年と2014年)と同じです。
ウクライナのオレンジ革命もソロスが活動資金を提供しました。
クリントン夫妻がニューヨークで紫の衣装を身に着けたと同時に反トランプのデモや暴動が200以上の都市でスタートしました。
トランプ氏は、2つの反トランプ派から同時に攻撃を受けています。
1つは、CIA、NSA、DHSのトップ、ブッシュ支持者などのネイコン官僚からであり、彼等はトランプ政権を乗っ取り支配しようとしています。彼等はオバマ政権の政策を維持しロシア、中国,イラン、ベネズエラ、キューバ、他と戦争を挑発します。
もう1つは、ソロスが資金を提供している政治活動団体とメディアからの攻撃です。これは、米国民からトランプ大統領への信頼を失墜させるために、ウェブサイト、テレビ、新聞などの反トランプのメディアを使って行っているプロパガンダ戦争です。

トランプ氏が大統領選直前に訴えたことは。。。ジョージ・ソロス、FRB議長のジャネット・イエレン、ゴールドマンサックスのCEOは世界権力機構に所属している人間であり、アメリカの労働者の生活を奪いアメリカの富を消滅させた。そして彼等はアメリカから富を強奪し自分たちや企業や政界の一部の人たちの懐に入れた。ソロスと彼の手先たちはトランプ氏がこのように訴えたことに即座に反応し、トランプ氏を反ユダヤ主義者だとして攻撃しました。トランプ氏は彼等から身を守る必要があります。
ソロスの息子はトランプ氏の娘夫婦を呼び出し、
彼等に公の場で父親のトランプ氏の批判をするよう申し入れたのです。

ソロスの戦術は常に同じです。家族や国の分断です。
トランプ氏は彼等の紫革命から身を守るべきです。

http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51997393.html

【超変態変人な意見にはなりますが】

今明らかに裏から操る超キレモノ田中角栄の悪玉の意識変革があったことは間違いないだろう。我々は敵の敵は味方である戦略戦術的手法は常に心に刻みこんでいなければならない。しかし、いつまで簡単に裏切る戦略的戦術的手法も同時に兼ね備えているわけだから、我々は大局的主観で読み解かなければならない。何事も肩入れすることは強さでもあるが弱さにもなる。そうなるとクリントン(本物は恐らくこの世にいない)は泳がせて影武者(クローン)使って裁いたとしても、問題はブッシュである。さすがに911は有耶無耶にはできないだろうし、その反発マグマは計り知れないものである。何らかしらの裁きはなければ収集はつかないだろう。恐らく、ブッシュもクローンを使って裁きはあるのでないか予見します。今の世界は私の超穿った陰謀論にはなるが、地球支配階級層は何体もクローンがあると思っています。そのET(宇宙人)=コロポックル(原始日本人)大統領と田中角栄のキレモノ悪玉が第三次世界大戦を起こさないように、本気で動いているのか警戒しながら常に5:5の精神でいなければならない。

心の相対性理論を哲学する

​■心の相対性理論

心の中の面白いというものが、皮肉で言っているのか、好奇心を駆り立てるものとして言っているのかで、己自身の見方で全く違ってくるわけで、更に、その対称となる相手の見方も変わってきますね。しかし、究極奥義を言わせて貰えば、この世の中の真実はその一人一人の魂の中に宿っているもので、実は外部からみる事実とか虚像とかは人間の区別にすぎません。従って事実という答えの解釈はありますが、事実という事実は実は存在しないです。事実がいったい何を根拠に事実というのも人間の解釈そのものですから。しかし、我々の先代が築き上げたものに対して何でもいいからとりあえず信じることから始めなければ、独創性は生まれてきません。その後の微分積分、因数分解は自らがしっかり咀嚼して自らの解釈をつくることが、己の真理に近づけると思っています。

■心のポジティブオーラ

人間の物質的な欲望は頭では無限だが、肉体的には限界がある。しかし、人間の精神的な欲望は頭も肉体的にも無限である。(不老不死=御霊)

欲望はきりがないが腹八分で克己して、後は分け与えて喜びを分かち合うことで、精神的豊かさを享受することこそが人間性を高めることに繋がる。

■心を哲学する

足るを知る者は富む 老子

満足することを知っている者は富者であり、努力している者は志ある者であると言える

“【11月6日配信】江崎道朗の備忘録「米大統領が変わる!10月3日は中川昭一先生の命日~中川先生を激怒させた米軍関係者の言葉とは?!」小野義典【チャンネルくらら】” を YouTube で見る

左翼ネットワークの脚本がその時代から構築されていたということですね。日本の役人の出世街道と左翼的(個人主義=お金という低次元思想)な日本の政治家の互いの煩悩力学が合致したということである。要するに、アジア圏で戦争を起こして軍需による戦争ビジネスを計画していて、真理に基づく正義のためではなく、欺瞞とエゴに満ち溢れた野蛮なゲームを如何にするのかしないのかということです。しかし、草の根レベルの国民からしてみたら冗談じゃないと思うし、中川先生は【国民国家としての日本】の政治家だったことが認識できる。私もあの当時は、あの時の泥酔記者会見を腐った自民党としての一色単として見ていたから、個々の良心政治家を読み解くことが出来なくて反省しています。