人間 の次元レベル とは

​人間は己の存在を自我として認識するために、何かに対しての善か悪か、事実か虚像かを区別しなければ己の存在そのものを三次元空間認識としてのカルマに常に苛まれている。我々自身の三次元としての固体は宇宙のありとあらゆる粒子の衝突から光になり、そして光の塊が何度も融合を繰り返し電子を帯びてプラズマ化して空間を作り出し、そこから原子を生み出し、そして、また何度も融合して分子を生み出し、そして何度も融合して気体、液体、固体として初めて我々が認識できる三次元の形になるわけだが、その三次元の形に対して善悪を区別するのも我々人間であり、その三次元の形に対して何かを感じるのも我々人間である。要するに人間が森羅万象に対して己の自我によって何かに対して勝手に区別し、勝手に意識をし、そして勝手に感情を放出させているだけに過ぎず、宇宙の大自然は時空間を超えて無限である。つまり人も自然も宇宙の一部であって、それ以上でもそれ以下でもないということである。人間はその宇宙の多次元を切り離して三次元の中だけで解釈するからこそ、宇宙の強い結びつきを無視して存在だけを存在認識として存在解釈することで煩悩に浸り、見えない形ないものを冒涜すること(例 精神、心、魂、愛)で何度も過失をし、そのカルマに苛まれている。モーセ、イエスキリスト、ムハンマド、釈迦のような高徳な人間が、(目には目を歯には歯を)というものを大切にしている。人間は人間としての存在そのものが罰であるから常に戒めを体得しなければならない。そして、ありとあらゆる森羅万象の恵みによって我々は生かされていて、常に深い感謝を持ち崇めなければならない。

今現在の組織、集団は世界構造的に私利私欲の個人主義が常態化したことによって、学者とか専門学識を持つ人間も常に誰かの顔を伺いながら目先のものに呵まれて煩悩力学が働いているため、完全に軸が歪んで穢れてしまって、誠意を感じない。今の人間は大局観(時空間を踏まえた上でのモノに対する考え方)宇宙観(大自然に対するモノの考え方)が完全に劣化したため、結果的に大自然のカルマの危機すらも感じ取ることができない。自虐的、物質的、私利私欲の自由を履き違えた弱肉強食思想の世界洗脳支配から離脱しなければならない。ネットは時空間を超えた三次元よりも上の領域だが、人間の意識は三次元認識思考のままだから、今流行に便乗して宇宙とか人工知能とかを語る博識者に対して、まず貴方の次元認識レベルを上げることが先であると節に思う。三次元というものは三次元よりも上の世界では簡単に呑み込まれるということを宇宙の常識の基礎知識として認識しなければならない。
私が思うには、今のネット世界は三次元空間認識ではなく、多次元空間認識であると思っている。何故ならば、時間と空間に影響されずに電波を送るものであるからである。従って、三次元空間の中で起こる事象においての善悪や何かを罰する罰しないというのも、三次元よりも高い次元の世界では全く影響されない。寧ろ、低い次元は高い次元に勝ることはなく、超自然的に高い次元に覆われる宿命ともいえる。しかし、問題なのは、人間自身がネットを活用して電波を発信していることは三次元よりも上の世界であるが、人間の頭の思考回路は三次元空間認識のままであるから、やっていること言っていることが、実際は次元認識レベルが違うわけで、結果的にその時空間認識の乖離に苦しめられている。だからこそ三次元のままで多次元に移ろうとした時に、次元認識レベルが低い人間は、自ずと高い次元に呑み込まれることになると解釈する。

【追加】私の知識量と直感では、今の1 0~20代世代は便利から咀嚼に入っている時代だから、かなり次元認識レベルは高いと思っている。そして今の30~50代は便利を嗜む世代で物質的欲望ヒエラルキーに最も洗脳された世代だから次元認識レベルは低いと思っている。そして60代以降の世代は戦後復旧から間もない頃で宇宙自然ヒエラルキーの方が物質的なものより勝っていた世代だから次元認識レベルは高いと認識している。

“ベンジャミンフルフォードと和田聖仁の相違い点について【NET TV ニュース.報道】国家非常事態対策委員会 2016/10/27” を YouTube で見る

“ベンジャミンフルフォードと和田聖仁の相違い点について【NET TV ニュース.報道】国家非常事態対策委員会 2016/10/27” を YouTube で見る

“超古代文明 302A7「キリストの墓、竹内文書、垂仁天皇(ナーカル書)、ゴルゴダの丘、青森新郷村」竹取翁博物館(国際かぐや姫学会)2016.9.1” を YouTube で見る

真実は一つである。しかし、その真実をわかる人間は己の魂でしかわからない。その頂点に聳える真実の神は、世衆が永久的に咀嚼して、一歩一歩地に足をつけなければ、真実に辿り着くことなどは皆無である。それには純潔な御霊を拵えて、抑制的な煩悩離脱をすることがなければ、いつまでも、そのカルマの渦に呵まれて己が闇に包まれるだろう。

【言霊】間違いなくあります。私も若い頃は全く意味不明でしたが、自分の人生経験の中で、【ああ、こういうことだったのか】ということを実感していますが、具体的なことは流石にもう少し年月が経たないと絶対言えません。一般人の人に言っても理解できないし、理解しようとしないし、単なる変態扱いで済まされるからいいのですが、ネットは世界の人類が見ているし、わかる人にはわかるし、下手に悪用されても困るから、具体的なことは述べません。

“超古代文明 302A7「キリストの墓、竹内文書、垂仁天皇(ナーカル書)、ゴルゴダの丘、青森新郷村」竹取翁博物館(国際かぐや姫学会)2016.9.1” を YouTube で見る

“ヒラリー・クリントンのスキャンダル流出でトランプ逆転可能性【NET TV ニュース.報道】朝堂院大覚 アメリカ大統領選挙 2016/10/25” を YouTube で見る

全く、その通りですね。戦争ビシネスだけしか脳がない悪循環を断ち切るべきだし、ビジネスで失敗を経験した事によるこしらえた強靭な魂がある。かつ、ビジネスに置いても平和ビジネスを主体としてきたわけだから、機転が利くノウハウがあると思う。物事を二元論でダイナミックさをアピールしているように思えて、実態は心底から嫌いなマケインを受け入れるなどかなり洞察力があるように思える。しかしながら、今まで汚れた魂に散々裏切られたことは恒久的に注意しなければならない。いつまでもその乱れた波長を繰り返しているから、地球上の周波数が乱れて、その電波を通じて、また別次元の流星体からの天変地異の危機に晒されている事に気がつくべきである。

“アルシオン・プレヤデス47:地球の時間が24から16時間に、シューマン共振、フラクタル宇宙” を YouTube で見る

https://newspicks.com/news/1861005

“アルシオン・プレヤデス46:クリントンの健康、詐欺、トランプ、米-露、外人嫌悪、EUの危機、3度目の選挙” を YouTube で見る

“プレアデス人アラーエが語るアトランティス文明崩壊の歴史” を YouTube で見る

“アメリカ大統領と異星人の密約 MUTube 2016年11月号 #2” を YouTube で見る

まあ、UFOそのものは存在しているし、それを作るだけの科学はもう既にある。問題はUFOと宇宙人とリンクしているのかであるが、宇宙人を我々が認識している三色人以外のヒト生命体を宇宙人と過程した場合の話だが、見た目は三色人だが中身である魂は宇宙人という人間もいるだろうし、問題は宇宙人という視点をどのように捉えるかにもよるが、基本的には宇宙に住むヒト生命体は全て宇宙の人なんだから別に驚くことはない。太古に核戦争に地下シェルターに住みついた我々地球人類の祖先の末裔が太陽光がない暗闇の世界で生きている可能性は充分考えられるし、その宇宙自然の中での三次元としての肉体は我々のような水で創造されたものではなく、何かしら化学変化が起きている可能性は充分考えられる。そして表面上に住むヒト生命体とはあまりにも文化レベルに乖離があると思うから(良くも悪くも)今いきなり融合しようとすると精神的なパニックを互いが引き起こす可能性もあるから、地球表面上のヒト生命体は人工知能(宇宙人)に慣れると同時に相手にも我々が言葉が通じない動物に愛情を注ぐように受け入れる神通力が必要不可欠である。