封印された南朝皇統と天皇の金塊の謎

私なりに解釈すると、あの当時の日本は明らかに西洋と比較すると科学技術の発展に関していては遅れていた。ペリーが渡来して金塊を手に入れる前に一足先にアメリカに渡っていたジョン万次郎を通じて国際情勢を知る事によって、まず龍馬が長崎を何度も訪れていたグラバー武器商人のビジネス家来になって、その他には志高い志士たちをあちこちで秘密裏に海外留学させて(有名なのは長州ファイブ)西洋文化や法律等の仕組みを学ばせた。当然対価としての金塊を裏で天皇が渡していたと個人的には思う。しかし、そこには大きな企みがありグラバーの大元はロスチャイルド家が絡んでいて倒幕派と幕府派に武器を与えて、更に英国ロッジ主体に教育された倒幕が勝つように仕組んでいた。つまり、倒幕側は最新武器を渡し幕府側は一昔前の武器を提供する過程で天皇の金塊を根刮ぎ持っていき、お互いを潰しあいさせることで日本を完全に弱体させて植民地支配する計画だったが、そこは徳川慶喜の無血開城で何とか半植民地で留めた。その明治維新以降は英国ロッジ教育を受けた志士が日本を動かしていたわけだが、彼ら本人は英国ロッジがサポートしてくれていたことは認識していたと思うが、ステルスで動くロスチャイルド家が長期的に陰謀の渦に巻き込んでいくことは誰しも想像もしなかっただろう。それで完全に陰謀の罠に嵌まったのが日露戦争であり勝つには勝ったが、経済的には膨大な借金を背負わされ完全にお金で支配される始まりになったと考える。

【南北戦争】植民地の無力な人たちがジョージ三世の手から永久に自分たちのお金の発行権を獲得しようとして、国際銀行家たちの間で起こったのが独立戦争の主な理由だったのです。

ベンジャミン・フランクリン

日本の場合の明治維新も本質的には同じだと思います。しかし、あの当時の日本は金塊が豊富にあったから南北戦争のように露骨ではないが、短期的か長期的かの違いにすぎない。

広告

“日月神示とフリーメーソン” を YouTube で見る

“▲裏・歴史▼ 源義経は生きていた!?ロシアに残る源氏の家紋・笹りんどうの謎!![ミステリー#73]” を YouTube で見る

“▲裏・歴史▼ 蘇我氏はローマ人!?ルーツは朝鮮半島のあの国![ミステリー#76]” を YouTube で見る

“竹内流!誇りの持てる日本史2 竹内睦泰” を YouTube で見る

“「原爆からプラズマ兵器へ」 飛鳥昭雄の飛鳥塾 第10回講義 プラズマ①” を YouTube で見る

“「原爆からプラズマ兵器へ」 飛鳥昭雄の飛鳥塾 第10回講義 プラズマ①” を YouTube で見る

同じ過ちは犯さぬよう日中戦争の歴史から学ぼう

2016-08-11_030839

日中戦争の歴史に学ぶ

元自衛隊陸将補の池田整治先生のサイト引用

尖閣問題から日中戦争を危惧する声もあります。こういう声を聞くときに、私にはある歴史的事件が教訓として浮かんできます。それは、通州事件(つうしゅうじけん)です。

通州事件とは、1937年(昭和12年)7月29日に中国の通州(現:北京市通州区)において冀東防共自治政府保安隊(中国人部隊)が日本軍の通州守備隊・通州特務機関及び日本人居留民を襲撃した事件です。つまり、385人の日本人居留民を110名の日本軍が守る村(租界地)を、約4000人の中国軍が包囲して襲ったのです。日本軍を全滅させた後、中国軍は日本人家屋をしらみつぶしに襲撃し、居留民のほとんどを、猟奇的に強姦・殺害、処刑しました。これらの中国軍による居留民等への犯罪的略奪の実態が明らかになるにつれ、日本国民の中国に対する憤怒がわき起こり、対中国戦争はますます深みに入っていきました。戦前の中国は、米英の支援する蒋介石軍とソ連の支援する毛沢東(共産党)軍や馬賊等が覇権を争うカオスの社会でしたが、当時は蒋介石(中国軍)が優勢でした。

このため、中国軍に化けた共産軍が日本人村を襲い、日中(蒋介石軍)紛争を煽り、漁夫の利を得ようとしたことが今ではあきらかになっています。ところが事実は小説より奇なりです。その奥の仕掛けがありました。中国軍のバックには義勇軍という名の米軍の戦闘機部隊、戦車部隊までいました。完全な国際法上の中立違反です。つまり米国から真珠湾「奇襲」と言われる筋合いはありません。米国から先に国際法を無視して日本軍を叩き、さらに、インド洋経由で兵站(へいたん)支援もして、日中戦争の泥沼化を謀っていたのです。

2016-08-17_061902

つまり、戦争で「利益」を得る者たち、つまり国際金融支配体制者たちが、米国・米軍を使って、おもて上は中国軍が戦っているようにして、日本を泥沼の対中戦争へと誘っていたのです。これが日中15年戦争の実態であり、やがて本格的な対米英戦争に導かれ、日本はついに焦土とされ、彼らに占領・植民地化されたわけです。そして、今もその隠れた支配下にあるわけです。もっともその日本の犠牲のお陰で、世界から白人による植民地主義が一掃され、民族平等の時代へと進化したのです。

これは「彼ら」も意図せず、まさに「日本民族の歴史上の使命」を垣間見る想いです。

「彼ら」を見据えて、日本民族の役割を果たそう!

こういう「歴史的観点」から尖閣問題を見ると、単なる中国との領有問題ではないことがわかると思います。所詮、中国は、報道の自由度が180カ国中176位の情報鎖国の未開社会です。反日等洗脳教育を受けた国民・軍隊と感情レベルで一緒になって対応しても無意味です。もっとも、国際法に乗っ取り「厳格な対応」による無益な増長を阻止しつつ、民度・人間性の感化向上を時間をかけて図る他ありません。

この時に大事なことは、中国あるいは中国軍を後ろの陰から操って、現代版通州事件から日中戦争をもくろむ「輩」をしっかりと見据えて、その「※離間工作」に乗らないことです。彼らは金融的に行き詰まった今、あきらかに「戦争」で儲けるとともに「人口削減」を目指しています。

※第三者が仲の悪い状態、仲が悪くなるように仕向けること。

西では「キリスト教」対「イスラム教」の最終戦争であり、EUへのシリア等中東紛争地域からの難民流入問題は、その「仕掛け」と言えます。かたや東では、「中国」対「印・日・米等」戦争であり、尖閣問題もその一環と言えます。あくまで彼らは金融支配、平たく言えば「金儲け」ですから、どの国が勝とうが負けようが問題ではありません。世界人口が5億〜10億程度になればいいのです。彼らは、戦火の及ばぬ場所に、彼らの警察・軍隊に守られた「ユートピア都市」を築き、健全な有機野菜等を食べつつ、王侯貴族の生活を続けようとするでしょう。こうして見てくると、やはり日本人の役割が大きいことがわかると思います。今はまさに文明の岐路です。「滅びの道」から「永久の道」に進むためにも、起きている、いや起こされている事象の、その奥の真の「敵」を見つめつつ、彼らをも抱き参らせる「日本人本来の霊性向上」が求められています。

今の世界は、超端的に言わせて貰えば、資本主義の支配つまり、銀行による【お金】の支配そのものが陰謀そのものだ。お金に対する本質的なことを理解していない人間はおそらく思考停止してしまうかもしれないが。

思考停止してしまう方はお金ができる仕組みを閲覧ください。

http://hymisoshiru.blogspot.jp/2016/08/mechanism-of-money-prat1.html

「お金」の力で人の「心を支配」する態勢を「世界金融支配体制」と言いますが、これを踏まえた上で、あなたはどのグループに属するかチェックしてみてくださいなあ~

2016-08-17_052310

私自身が十戒として体得したい言葉。

人間上っ面だけで述べていると自分の言葉もすぐ忘れてしまいますから。

2016-08-16_193008

2016-08-17_044740

2016-08-17_043551

 

明治維新の真相

明治維新の真相

植民地から収奪する方法には大きく二つあります。


一つは、直接的に軍事侵略して資源を奪うやり方。二つ目が、支配し自国の製品を売りつけて利益を得る方法です。

【あの当時ならモノを売りつけて日本の金塊を搾取すること】
【ブレトンウッズ体制以降の今なら地球(金融)支配階層が借金を負わせること。つまり債券を買わせること(言い換えると国債発行して恒久的な利鞘の確保)さもなければ実質担保価値の差し押さえ】
※【 】は私個人的に追加説明致しました。
当時の日本を金融支配するには、武士団をなくし、「お金のいらないおもてなし社会」から「お金中心のエゴ的競争社会」に変えなくてはなりません。
そこで、ロスチャイルド達世界銀行家たちに使われたのが、薩長の志士たちなのです。日本の武士道は、「戈(ほこ=たたかい)」を止める道です。空手道の形も受けから始まります。相手を殺す必要もなく、武器を落として、高い霊性で感化して味方にするのが究極の武の道です。間違っても、市民を殺戮するということはあり得ませんでした。
ところが戊辰戦争では、薩長主体の官軍は、恭順を示して城で武装解除を待つ武士団のお膝元の町で、女性を陵辱し、殺害し、火を放って廃墟にしていったのです。ヤマトごころを失った、まさに西欧植民地軍と同じ霊性に陥っていたのです。それ故、侵略された会津では15才の白虎隊まで母、姉の敵(かたき)に、最後まで武士道の範を示して戦ったのです。
戊申戦争は、米国の南北戦争後、不用となった数千丁の新型ライフル銃を、薩長と幕府双方に売って、戦いがどのようになってもお金儲けできるようにしたロスチャイルドの仕掛けでした。
勝った明治政府以降作られた歴史では、薩長を英国が、幕府をフランスが支援したことになっていますが、グラバー邸に代表される英国ロッジと、江戸の仏国ロッジの裏にはロスチャイルドが糸を引いていました。植民地支配の「分断して統治(divided &ルール)せよ」の原則の適用です。さ
戦争は、激しく大きいほど、世界金融支配体制の武器部、製薬品部、石油部、建設部等々に膨大な利益をもたらせてくれます。時代とともに、彼らのお金儲けの手段が、胡椒・砂糖から武器、石油、原発、医薬品、遺伝子組み換え農作物と手段が変わってきただけです。その典型が子宮頸ガン予防ワクチンなのです。
東北から、「勝った、勝った!」と本来の日本人の品性を欠いた騒ぎをしながら帰ってきた官軍を見て、江戸市民は、「これで日本も500年とは言わないが、300年は時代を(つまり戦国時代に)遡(さかのぼ)ってしまった。彼らは三代もしないうちに、この国をイギリスやアメリカに経済的に売ってしまうだろう」と影で嘆いていたのです。三代後とは、いうまでもなくアメリカのポチ公となっている現代日本の為政者達を予見していたわけです。
元自衛隊陸将補の池田整治先生のサイト引用



今の世界は、超端的に言わせて貰えば、資本主義の支配つまり、銀行による【お金】の支配そのものが陰謀そのものだ。お金に対する本質的なことを理解していない人間はおそらく思考停止してしまうかもしれないが。

思停止してしまう方はお金ができる仕組みを閲覧ください。

http://hymisoshiru.blogspot.jp/2016/08/mechanism-of-money-prat1.html

2016-08-16_193008

 

ヒラリークリントンは、GMOアジェンダ、雇うモンサントのロビイストをプッシュモンサントから巨大なドルをとりますHILLARY CLINTON PUSHES GMO AGENDA, HIRES MONSANTO LOBBYIST, TAKES HUGE DOLLARS FROM MONSANTO

HILLARY CLINTON PUSHES GMO AGENDA, HIRES MONSANTO LOBBYIST, TAKES HUGE DOLLARS FROM MONSANTO

by Mike Adams

驚くほど、モンサントにヒラリー・クリントンの絆は、彼女のリベラル支持ベースに新しい情報です。それは家ヒラリー・クリントンを支持するほとんどの人は、彼女は本当にマーク・サイコロとルークRudkowskiからこの素晴らしい新しいビデオによって証明されるように、あるない考えを持っている重要なポイントを駆動します。

「アグリビジネスの巨人モンサント、および業界の遺伝子組み換え作物のための彼女の擁護にヒラリー・クリントンの絆は、彼女の「フランケンフードの花嫁」を呼び出すアイオワ州の環境保護を持っている」ワシントン・タイムズが報じています。「GMOの問題は、バーモント州の上院議員バーナード・サンダース、民主党の指名のための彼女に挑戦リベラル重鎮に忠誠を切り替えるためにそれらを促す、思い付いたまで女性の大派閥はミセスクリントンの立候補のための強力な支持を表明しました。」

ああ私は、どのように少し彼らは本当に本物のヒラリー・クリントンについて知っている…の詳細を調べるために読み続けます。2016-08-13_230249

2016-08-14_171012

モンサントとビル・ゲイツ氏はクリントンファミリー財団にトップドナーであります

クリントンファミリー財団ドナーのこの表で簡単に見クリントンファミリー財団に重い打撃ドナーの2として、ビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団とモンサントの両方を明らかにする。

モンサントは遺伝子組み換え作物を押している間はビル・ゲイツは、もちろん、世界のワクチンをプッシュします。これは、グローバルな過疎化のための有毒なワンツーパンチです。

ヒラリークリントンのドナーはまた、薬剤メーカーのファイザー、エクソンモービル、ダウ・ケミカル、ゴールドマン・サックス、プロクター・アンド・ギャンブル、コカコーラと、より多くを含みます。ヒラリークリントンに – 数千万ドルの – それは、地球上で最も邪悪な企業や研究機関の集大成、と彼らはすべての巨大なお金与えてくれた人だ誰です。

すべての企業は、当然のことながら、クリントン家と影響力を買っています。この明白な事実は乱暴に同じクリントン財団への寄付の彼自身の$ 75,000隠されていることが判明ジョージ・ステファノポロス、のような極端な左翼民主党の工作員に襲われました。彼は彼が停止するように寄付された「森林破壊」をHillaryiousを考えたと主張します!

ヒラリークリントンは彼女のキャンペーンを実行するために、旧モンサントのロビイストを雇います

あなたはまだヒラリークリントンはモンサントとの強い結びつきを持っていることを確信していない場合は、彼女はちょうど彼女のキャンペーンを実行するために著名なモンサントのロビイストを雇った理由を、自問してみてください。

真の活動家レポートなど:ヒラリークリントンは最近、彼女がスーパーPAC彼女の “ヒラリーのための準備ができました」顧問として長期モンサントのロビイストジェリークロフォードを任命すると発表し…長年にわたり、クロフォードは、法廷で小規模農家との戦いとモンサントの種子の独占を保護してきました。

クロフォードは、両当事者のメンバーに政治的な賄賂を配る「機会均等賄賂の働き」です。”クロフォードは、主に過去の民主党の政治家と協力してきましたが、また同様に共和党候補者の背後にある彼のサポートを入れています。クロフォードから支援を受けることになるモンサント社の目標をサポートするために喜んでいた誰もが、「TrueActivist.com言います。

ヒラリー・クリントンの法律事務所は、クライアントとしてモンサントを持っていました

戻る1990年代に、ヴィンス・フォスターが、彼はクリントンについて知っていた何のために殺害された時代に、ヒラリークリントンはローズ法律事務所のパートナーでした。この法律事務所はそのクライアントとしてモンサントをカウント:

「GMOバッキングの彼女の歴史はモンサントと他のアグリビジネスの指導者を代表ローズ法律事務所と弁護士としてアーカンソー州の彼女の初期の頃にまでさかのぼり、「ワシントン・タイムズが報じています。

今日の活動家の有権者のほぼどれもローズ法律事務所、クリントン「ホワイトウォーター疑惑、またはヒラリークリントンが性的によって侵害されている特許請求の範囲で株式公開しようとしたすべての女性のメディア攻撃を実行したことがあっても事実を思い出すのに十分であっても古いではありませんビル・クリントン。(はい、ヒラリーがビルを保護するために「被害者を責める」キャンペーンを走りました!)

しかし、進歩は、ほとんどの彼らには関係するすべての問題の完全な透明性を要求する時代に – というように移民、同性愛者の結婚、銃規制と – ヒラリーは、GMOの問題の誤った側に真正面から自分自身を見つけます。彼女はモンサントと生活を破壊し、環境を破壊し、そのすべての有毒な実践のための人形です。

ヒラリークリントンは、毒性殺虫剤、除草剤および他の農薬をプッシュ

機会あるごとに、ヒラリークリントンは、食糧供給を汚染する有毒化学物質、殺虫剤や除草剤をプッシュアルツハイマーのようなヒト疾患を促進し、さらには環境破壊を脅かします。ヒラリークリントン、遺伝子組み換え食品の花嫁は、また、アメリカではすべての女性と子供が癌を引き起こすグリホサートが混入食品を食べることを確認するに一生懸命働い「化学ホロコースト」プッシャーです。

「GMOの議論では、ミセスクリントンが一貫化学会社に味方した、「ワシントン・タイムズは述べています。「新しい科学的研究は、パーキンソン、不妊症および癌などの健康問題や病気、の範囲に関連している可能性が除草剤ラウンドアップを見つけることによって、環境保護の懸念を強化しました。科学雑誌に先月発表された研究は、エントロピーもグリホサートの残留物は、除草剤中の主成分は、食品中に発見されたという証拠を報告しました。」

その食べ物は、当然のことながら、モンサントと限り彼女は毒をプッシュし続けるようヒラリー・クリントンに戻って巨大な寄付を蹴るその多くは他のバイオテクノロジー企業を、豊かにします。

ヒラリーのための投票は、結局のところ、モンサントのための投票です。

ヒラリー・クリントンの手ロシアへの核燃料資源の契約を

それはヒラリークリントンの本当の歴史を悩ませている、のいずれか、ただのGMOはありません。大西洋が今年報告されているように、ヒラリークリントンはまた、ロシア政府に核兵器ウランの供給を超える近独占を渡すに尽力しました。

すべての中には、お金がウラン権益からのクリントン財団に流入しました。

合計では、ウラン一つまたはその前身と提携し、人々はまた2008年と2010年の間にクリントン財団に以上$ 8M(800万ドル)を与えた、ビル・クリントンは、ウランOne株式を高める銀行によって支払わモスクワでのスピーチ、のための$ 500,000受け取りました。

なぜこの問題は、クリントン有権者の支持基盤にしますか?進歩は当然であるので抗原子力や抗核兵器の武器。しかし、彼らの性別チャンピオンヒラリークリントンはそこに落札者様に彼女の影響を売ると引き換えに彼女自身の基盤のための数百万ドルにかき集め全てながら、核燃料や核兵器の拡散を推進しています。突然、クリントン大統領はそれがない」、プログレッシブ」そう聞こえませんか?

ヒラリークリントンは、バイオテクノロジー産業機構のためのスピーカーとしてモンサントの話のポイントをオウム

だけでは誰もヒラリー・クリントンが実際に遺伝子組み換え作物とバイオテクノロジーの問題に立っている場所について混乱していないことを確認すると、彼女は公然と公共の場でモンサントのいんちき科学トーキングポイントをオウム。

2014年に、彼女はバイオテクノロジー産業協会で講演し、モンサントの話のポイントを実行して練習し、言って:

私は、実証済みのトラックレコードを持っている…そして、彼らは、彼らがすでに食べているかわからないかもしれないことを懐疑的である人のためのケースを作るしようとし続けるために種子や製品を使用しての賛成で立ちます。遺伝子組換え食品またはハイブリッドの質問は、多くの多くの年のために行ってきました。そして再び事実があり、どのような認識が何であるかの間には大きなギャップがあります…

スピーチの中で、クリントンは基本的にすべてのアンチGMOの人々が「事実」を知らないコースの方」の事実を、「反科学の馬鹿であることを述べている、すべてのモンサント自身と以上の金融その影響力の深いネットワークによって考案されています科学者、大学、さらにはlamestreamメディア。ヒラリークリントンは基本的に、あなたがすでに遺伝子組み換え作物を食べてきたかわからないので、それはそう保つためにも安全だと結論付けています。

誰もが立ち上がって、遺伝子組み換え食品の花嫁に挑戦しますか?

指名のためのヒラリー・クリントンに挑戦する100以上の万人の民主党員の間でほとんど意欲があり、なぜあなたは疑問に思った場合、民主党はヒラリーのおびえているので、それはです。

何十年もの間、クリントン家は公式の物語を制御し、彼らが実際にあると彼らは本当に信じている人の誤ったイメージを構築することができました。しかし、今、今視聴中に支配されており、主流メディアよりもはるかに信頼されている独立系メディアのおかげで、クリントンは通常の修正主義の歴史をロールアウトし、それが動作するように期待することはできません。

単純な真理 – どこでも進歩の偉大な恐怖には – ヒラリークリントンが長い化学農業やバイオテクノロジーに完売していることです。彼女はつもり百分の一を退位ているので、彼女はあなたの投票を望んでいますか?真剣に?哀れ。ヒラリークリントンは、一パーセントによって資金を供給されています!

あなたはヒラリークリントンは百分の一に反対すると思う場合は、エクソンモービルは石油の掘削に反対を信じなければなりません。

あなたはクリントン/モンサントの大統領職から期待できる何

邪悪なバイオテクノロジー企業が実質的にヒラリーのランニングメートでクリントンとモンサントの間に非常に多くのつながりがあります。

クリントン/モンサントのための大統領、2016年!

クリントンが大統領になった場合と、あなたは完全なモンサントの議題は、積極的に国策としてプッシュすることを期待することができます:

•GMOの表示に関する全国連邦禁止。

•すべての実験GMO作物の即時USDA承認。

•エクストリーム、政治的動機にすべてのアンチGMO活動家に対する攻撃、科学者やジャーナリスト。

•GMO作物を栽培農家のための税金で賄われる補助金の大幅な増加。

•積極的な企業の帝国主義のプッシュは、他の国がグリホサートの禁止や遺伝子組み換え作物を覆します。

•FDAによる可能性さえ試みは、彼らは牛乳のためにホルモンフリーラベルを攻撃したのと同じ方法で非GMOプロジェクト認証ラベルを禁止します。

間違いなく:ヒラリーの投票は、モンサントのための投票です。

HILLARY CLINTON AND COOKSTOVES

2016-08-12_2049092016-08-12_203538

2016-08-13_093050