“【10月18日配信】古事記の宇宙「神道には善悪の区別がない!?」竹内睦泰 聞き手:小野義典【チャンネルくらら】” を YouTube で見る

言葉の音読は物質の言葉の中に意味が潜んでいることを学びました。ありがとうございます。言葉を出来上がったモノのイメージで語るが、本来はその言葉を因数分解すると、その出来上がった言葉の本質的な意味が見え隠れしている。しかし、今はヨコモジを比喩した造語が当たり前になったおかげで、言葉の意味そのものを三次元空間認識で固定化することによって、本来の日本語の本質的な意味を哲学することをしなくなったため、見えないものに対しての崇高精神を軽視することで、世界が低次元脳になって森羅万象を愛することをしない魂の抜け殻みたいになっている人間が多くなってしまっている。

 まだ、漠然とした予見ですが(私の妄信)、これからは物質的な力【三次元】の闘いよりも、文化的な力【多次元】の闘い になると思います。まだまだ 太古の隠された 真実を世に知らしめる ために 、   明解な論説の材料として少しでも役にたつのではないかと思いコメント致しました。

  【愛魂 注入】

hymisoshiruの事なかれ主義の家畜洗脳されたもの対して  の魂の叫びを投げかける

今現在生きている人類がタイムトラベルで事実を事実として認識できないのは当たり前のことではあるが、それが太古の書物であると信じなければ、過去を知らないということになり、未来にまた同じ過ちを繰り返すことに繋がるわけで、過去も現在も未来も我々を含んだ森羅万象が見えないカルマとして人間は認識しなければならない。いつまでも低次元な事なかれ主義の魂の抜け殻のような生きているが死んでいる状態から解放しなければならない。つまりいつまでも三次元空間認識の呪縛に取り憑かれているようでは遠かれ近かれ地球人類は呑み込まれることに気がつかないとならない時代に突入した。理屈に固執する(アカデミズム)や世論人間は、そもそも太古の書物は全て出鱈目だと切り捨てるが、その出鱈目がどうして出鱈目のような書き込みになったのか現場確認や推察する必要は当然だし、寧ろ出鱈目が太古の歴史を裏付けていることにも気がつかない方が問題である。それもしないで肩書きの鉈を振りかざして煩悩に浸っている人間のほうが全く信じられない。更にそれに迎合する低次元脳は洗脳されて操作されていることにも気がつかない家畜脳になってしまっている人間が溢れかえっていることに対しても非常に残念だ。

【追加】

人間は基本的に愚かな生き物ですので、何もないところから、つまり無から想像することはできません。必ず何かしらの材料はあります。この世の中に存在するありとあらゆるものの事実は時空間を超えても、実は事実という解釈を人間が己の存在認識を確認するため、己の肉体と魂を同一化して己が存在という存在解釈するためである。要するに全ては過去現在未来も人間の解釈に過ぎず事実はこの世の中には存在しません。しかし、真理を追い求める中でそれが事実か虚像か解釈を永遠にしていくことが人間の魂を鍛錬することであり、答えを見つけてそれが答えであると決め付けた時から人間は衰退の道標に向かっています。我々も宇宙の一部でその脳や肉体を形成しているのは一つ一つの電子から原子から分子そして三次元の固体液体気体として存在するが、その宇宙の大自然に対して解釈の論理を注入させることは正に科学であると考える。要するにこれからの時代は三次元空間認識の物質的欲望ヒエラルキーから多次元空間認識の宇宙的自然ヒエラルキーに変えられるか最大の課題であると解釈する。

超古代文明 298A3「聖徳太子、蘇我家、核戦争(ツタンカーメンは日本人)、日本神道とイエス、富士文書、竹林の七賢人」竹取翁博物館(国際かぐや姫学会)2016.8.30

#イエスキリスト, #コロポックル原始日本人(宇宙人), #ツタンカーメン, #モーセの十戒, #神代文字, #聖徳太子, #自然崇拝, #蘇我, #古神道, #古事記, #天皇, #宇宙人, #富士文書, #核戦争

広告

古代日本は中国に占領されたPART1~漢字文化に抹消された真実

高橋良典(著)1994年7月 【太古、日本の王は世界を治めた!―神代文字が明かす消された歴史の謎】から抜粋 

謝辞 1995年12月にイルミナティの秘密中枢が日本のマスメディア・出版界から彼を密かに追放したため絶版となりました。

神代文字を抹消した恐るべき【黒い勢力】がいた

奈良時代以前の日本に文字があったことは、文献にもはっきり書かれているし、遺物にもはっきり刻み込まれている。従って、文献と遺物の両方から、日本に古代文字があったことはすでに立証済みである。にもかかわらず、そのことがこれまで周知の事実とならなかったのは何故だろうか。古代史の権威が口をそろえて神代文字を否定したり、日本の古代文字を無視してきたのは一体何故なのか?ここには私たち日本人の全てが、未だにその真相をつかんでいない歴史上の大きなトリックがあるように思われる。これまでの権威すらも飲み込んでしまう歴史上のブラックホールのようなもの、つまり私が先に漢字の呪縛と名付けた、私たちの目に見えない巨大な意思が存在し、この恐るべき力が日本の古代文字資料を抹消して奈良時代以前の歴史を封印してきた背景があるように思われるのだ。その恐るべき正体とは何か。

私たち日本人の奈良時代以前の歴史に、誰が考えても異常としか思えない巨大な空白をもたらした力の正体とは何か。日本古来の文字で書かれた文献を奪い取った途方もない勢力とは一体なんだったのか。私には、その力の正体がどんなものであったのか、今のところ全てを正確に述べることはできないが、一つだけはっきりしていることは、その勢力が今から1370年ほど前の大化の改新645年と白村江の戦い663年の時代に、日本海周辺のほぼ全域に台頭し、それまでの日本にあった固有の文字と文化、王家と有力氏族の記憶をほとんど消し去ってしまったということである。

私たちはこれまでの教育のなかで、日本は滅亡に瀕した百済の請いを受けて唐・新羅の連合軍と白村江の戦い、手痛い敗北を喫したあとは連合軍の侵攻を恐れて都を近江に遷したとしか教わっていない。いわんやその戦いに敗れたときに、そのまま日本が唐の軍隊に占領されたことを、そして、この時代以後につくられた日本の都城や古墳の設計単位が、それまでの高麗尺(唐によって滅ぼされた高句麗の尺度)から、唐尺に全面的に改めさせられたことなどは一度も教わっていない。従って、この時期の中国東北部と朝鮮半島、日本を占領した中国の軍隊が、この地域に伝わる固有の文字資料をことごとく抹消し、漢字で書かれたもの以外は絶対に後世に伝えないようにした、などということは考えたことすらなかったはずである。

中国の日本占領GHQは大宰府に置かれていた

古代の日本が663年の白村江の戦いに敗れたあと、中国の占領支配をうけたとは【日本書紀】の天智天皇の条のなかにそれとなく記されている。すなわち、天智四(665)年の記事では、この年、日本へやってきた唐の使節団の人数が254人であったが、同八年と九月には2000人に膨れ上がっている。天智八年十二月の条である。

……大唐、郭務悰等二千餘人を遣して來らしむ。……

敗戦後の日本へ二千人という大量の使者が続々とやってきたのは異常といわなければならない。このことは、唐の使者がただの使者ではなく、占領軍司令部の要員であったことを暗示しているのだ。また、天智六(667)年に記事によれば、この年には、すでに九州の大宰府が【筑紫都督府】という呼び名に変わっているが、この都督府という表現は、唐の軍隊が高麗と百済の都をそれぞれ占領したときに【平譲都督府】【熊津都督府】と称した例をみてもわかるように、隣、中国による日本占領支配の拠点となっていたことは明らかである。いってみれば大宰府が、第二次世界大戦に皇居前の第一生命ビルに置かれたマッカーサーの占領司令部(GHQ)と同じようようになっていたのである。そして、戦後の日本が英語使用を強要されたのと同じく、いやそれ以上に、白村江の敗戦後の日本は、全面的な漢字使用を強制されたのだ。

2016-10-04_052509

天智天皇はこの年の春、近江京に遷都し【漢字使用令】を出した。こうして近江京の文化が漢字文化そのものであったこと、そして、天智天皇と天武天皇に代表される勢力が672年の【壬申の乱】で激しい死闘を演じたことなどは、これまで、この時期の中国による日本占領支配とのかかわりのなかで論じられたことはなかった。この問題については、ごく少数の学者が天智天皇は百済系で天武天皇は新羅系または高句麗系であったということを述べる程度にとどまり、白村江の敗戦後、日本と朝鮮、中国東北部にまたがるかつての高句麗王国が解体したことや、その後、壬申の乱を機に高句麗の旧領に渤海・新羅・日本の三国が唐の承認を必要とするかたちで成立したことなどは論じられていない。しかし、この時期の唐帝国の周辺を見渡せばわかることだが、この頃からインドと日本を結ぶ南海ルートの影が薄くなっていく。つまり、私流にいえば、インド以東のアジアには漢字以外の文字文化が、それ以前にはなかったような印象が強くなる。

七世紀初めに隋のヨウ帝が率いる百万の大軍と戦ってこれを退け、ついに隋を滅ぼす糸口をつくった高句麗は、668年唐によって滅ぼされるまで、700年以上もの歴史を誇っていた古い国であるが、このような国にさえ固有の文字で書かれた記憶はなかったことになっている。秦・漢帝国以来の中国の王朝が、周辺諸国に自らの漢字文化を押し付け、中国の宗主権を認めない国を侵略して、その国の文字文化を破壊したことは、中国の史書に王家の記憶を没収した記事がたびたび登場することをみても確かだ。このような中国の支配者による歴史抹消の手口、すなわち漢字以外の文字で書かれた他民族の記憶を抹消し、そのことによって他民族を中華帝国に従属させていくやり方の最も顕著な例が秦の始皇帝による【焚書坑儒】だ。中国における漢字の成り立ちを調べても、漢字の中には、それ以前に大陸の各地で使われていた日本の古代文字を並び替え、それによって元の意味を消し去る手法で新たにつくられた例がいくつかあることが確認できる。だが、何故そのようなことをしたのか。おそらくそれは、神のように崇高で、そして悪魔のようにデンジャラスな超科学的宇宙が緻密に記載された古代文字そのものの意味を根本から封印しなければいけなかった。

つづく