【未来の子供たちのためにタブーに挑戦】 元自衛隊陸将補 池田整治

元自衛隊陸将補 池田整治Facebook引用

【未来の子供たちのためにタブーに挑戦】

何故日本にはタブーが多いのか

日本には、真実であってもメディア等で公に言ってはならないタブーがたくさんあります。…
例えば、交流を使うことによる超低周波による電磁波問題や
放射線のアルファ波・ベータ波による内部被爆問題等です。

これらがあきらかになれば、リニアモーターカーや原発など、
とんでもないモノとして国民からそっぽを向かれるでしょう。

身近なところでは、健康被害を及ぼす電子レンジは見向きもされなくなるでしょう。
今ではロシアでも電子レンジは使われていません。

それ故、リニアモーターカー、原発、電子レンジ等で利益を生むものたちが
これらの不都合な真実を隠し、圧倒的な資金力等でメディアを自由に使い、
国民を洗脳していることは、ちょっと考えればわかることです。

現代のエゴ的金融資本主義体制下では、
メディアも利潤追求が活動の基本となります。

さらに、日本を戦後一貫して支配する世界金融支配体制の日本人弱体化、
いえ「抹殺化」の「基本方針」があります。

いずれにせよ、世界の非常識と言われる
日本の一つ一つの常識の真相があきらかになれば、
つまり隠された意図と構図が明白になれば、
今まさに集団催眠的に自殺しつつある日本人でも、
いくらなんでも目ざめてくれるのではないか、と一縷の望みを持っています。

それ故、日々こうして真実の語り部として活動しているのです。

放射能の真実

ちなみにこれから述べるベラルーシの内部被爆問題は、
日本では絶対に起こりえません。

何故なら日本の原爆症認定基準が、爆心から「2km以内」、
年間蓄積換算100ミリシーベルト以上の高「γ(ガンマ)」線を浴びた者、
と占領統治していた米国から「規定(=命令)」され、
現在もこれが適応されているからです。

γ線は電磁波です。
いわゆる音や光や電波ですから一過性です。

これに対してα(アルファ)波は二つづつの陽子と中性子からなるヘリウム原子核、
β(ベータ)線はその原子核を回っていた電子が離されて飛んでいるもの、
つまりともに「物質」です。

物質ゆえ、服など着ていれば外部被害はほとんどありえません。
しかし、水・空気・食べ物と一緒に体内に入るととんでもない悪さを働きます。

10eV(エレクトボルト)で結合している遺伝子の4つの塩基を、
アルファ波は約500万eV、ベータ波は約65万eVの力で
瞬時に修復不能にバラバラに分解します。

つまり、遺伝子を破壊します。

個体なら新陳代謝の早い心臓や脳神経細胞等が最初に影響を受けます。
最近心不全や脳梗塞などの突然死が急増しているのが気に掛かります。

他の臓器でも積み重なると癌になります。
世代を超えると奇形児となります。

もちろんγ線も20万eVの力で遺伝子を切断しますが、
電磁波なので一瞬で通り過ぎ、栄養とくに必須アミノ酸の状態さえよければ
人間は修復する力を持っています。

少々の電磁波なら生命の誕生・進化の中でそのような修復能力も人間は持って来ました。
しかし、アルファ波・ベータ波というモノが体内に長期間留まって行う破壊行為には、
人類は原爆成功以降僅か70年の体験しかなく、DNAが破壊されるのです。

この為、原爆開発時から、このアルファ波・ベータ波による内部被爆は、
「ないもの」とタブーだったのです。でないと原爆も原発も開発・使用できません。

原爆あるいは原発はウラン235を人工的に約300種類ぐらいの
人工放射性物質に核分裂することで熱を得て、これを爆弾や発電に活用します。

また、本来安定していてウラン235の周りを覆っているウラン238が、
ウラン235の核分裂時に飛び出る中性子を一つ受けてウラン239になります。

人間が作り出した宇宙最悪の毒と言われるプルトニムです。
プルトニウムは10kg程度集まっただけで爆発します。
非常に危険なモノですが、それ故に核弾頭に使われるのです。

これらの不安定な人工放射性物質が、
安定した自然の物質に急いで変わるときに放射線が出ます。

例えば一番質量の重いプルトニウムは、
α線、β線、そして最後にγ線を出して安定した鉛になります。

その期間約24万年。
つまり、24万年安全に保管しなければならないのです。

もっとも自然のウランが鉛になるのには約40億年もかかります。
プルトニウムは、人工的に作られた鬼子ですが、
彼らなりに早く安定した鉛になってくれているのです。

よく問題にされるセシウム137は、β線を30年出したあと瞬間的にγ線を放出して
安定したバリウムになります。

と言うことは、フクシマ事故からまだ5年しか経っておらず、
セシウム137の汚染状況をキチンと調べるにはβ線を計測する必要があるのです。

にも関わらず、いまだに日本では放射能と言えば、地上1m付近のγ線しか問題にしません。
これだけでも、戦後から続く原発のウソがわかるというものです。

もっとも東京でもいまだにそのγ線が高いと言うことは、
セシウム137やプルトニウム以外で、
早期にγ線をだす300種の人工放射性物質の何かが常在すると言うことなのです。

ベラルーシでわかった放射能の真実

ところがロシアでチェルノブイリ事故が起こり、ロシアが共産主義を止めて、
つまり世界金融支配体制から脱却したことから真実が発信されるようになりました。

ベラルーシは、チェルノブイリから北西に細長くのびる国です。
日本で言えば、フクシマから関東ぐらいの位置関係でしょうか。

そのベラルーシで、事故当時、つまり30年前に生まれた世代が今、
親となって生んでいる赤ん坊のうち、
正常児は僅か2%しかいないというショッキングな事実です。

つまり、98%の新生児は、何らかの遺伝子異常児なのです。
間違いなくα線またはβ線による内部被爆の影響です。

もし、日本でこのような異常児が確認されても、「原因不明」で片づけられます。
もうおわかりだと思いますが、
「2km以内」の「γ線年間換算100ミリシーベルト以上」の「基準」にないからです。

これから日本で内部被爆でいくら突然死や癌その他の病気や奇形児が生まれても、
一切放射能とは無関係に処置されます。

もちろん、取り上げるメディアはあり得ません。
草の根口コミネットで真実を知る他ありません。

もっとも、チェルノブイリ事故では、ロシアは国家を上げて迅速に対応しました。
ロシア最高の伝説の英雄と言われるバレンコフ元帥が現地指揮を執って、
約2万人の軍人が文字通り死を賭して、
わずか2週間で石棺を作り爆発した原子炉を封じ込めました。

それでも30年経ち、強い放射線等で老朽化した石棺を建て替えています。
これから24万年、この作り替えが続くのでしょうか。

要するに、チェルノブイリでは、死の灰は2週間しか降らなかったのです。
それでも、30年経って影響が出ているのです。

では、今から30年後、今生まれている赤ん坊達が子供を産む世代になったとき、
ベラルーシはどうなるのでしょうか・・。

そうです。3代でベラルーシという国が亡くなる恐れがあるのです・・。
原発を使うと言うことは、このように未来への子供たちへの影響のことを
第一義的に考えることが必要ではないでしょうか。

日本の現状

さらにショッキングな情報は、現在の都内の放射能は、
内部被爆換算でベラルーシの2倍から3倍と見られることです。

しかもフクシマでは原発事故から5年経とうというのに、
未だメルトスルーした核燃料が手つかずのままなすすべもなく放置されているという現状です。

使用済み核燃料は、使用後50年間水で冷やさないと熱をだして暴走します。
つまりメルトスルーした燃料に水をかけ続けなければならず、
水は放射性汚染水と放射性水蒸気となって日々刻々日本を地球を汚染し続けます。

そのメルトスルーした使用済み核燃料の量は、1号炉から3号炉まで各100トン。
ちなみに広島の原爆は、ウラン235が僅か700グラム爆発しただけです。

さらに各炉の使用済み核燃料保管プールに、その2~3倍の使用済み核燃料。
さらにさらに10年から50年冷やす共通プールに
1本約170kgの使用済み燃料棒約6000本・約1000トン。

つまり、保管能力の80~90%が満杯なのです。
この状況は、日本中の原発の共通の現状です。

つまり、人類が処理できない使用済み核燃料を安全に保管する場所が日本にはないのです。
青森六ヶ所村の使用済み核燃料保管施設は、
あくまで永久保管地域を決めて処理するまでの臨時の「中間」施設なのです。

この原発の「真相」だけわかっただけでも、
これ以上原発に頼っては行けないのは、小学生でもわかります。

にもかかわらず、先日も高浜3号炉が再稼働をはじめました。
フクシマ原発事故後3基目の再稼働で、
しかもウラン235よりも危険なウランとプルトニウムを混ぜたMOXという
核燃料を使うプルサーマル原子炉です。

さらに国と企業が一体化して、英国・フィンランド・リトアニア・ブルガリア・
ベトナム・トルコ・インドへの原発の輸出に力を注いでいます。

何故、原爆被爆国で、しかもフクシマ事故まで起こした日本で原発が止められないのか。
単に「経済」の問題でないのは、もう理解出来ると思います。

2017-02-20_005826
広告

Holy Serpent of the Khazarian Mafia Khazarianマフィアの聖なる蛇

Holy Serpent of the Khazarian Mafia

By Jonas E. Alexis on July 30, 2016

ユダヤ教のKabbalaは聖なる蛇が神格にユダヤ人国家を高揚しなければならないものであることを説明しています。

Judaism’s Kabbala explains that the Holy Serpent is the one who shall uplift the Jewish nation to godhood.

2016-08-11_014224

TEXEマーズは5年間、テキサス大学オースティン校でアメリカの防衛政策、戦略的な兵器システム、および関連科目を教え、航空宇宙研究の助教授でした。彼はまた、2つの他の大学の国際情勢、政治学、心理学を教えています。パークカレッジ、カンザスシティ、ミズーリ州からの卒業生は、彼はノースカロライナ州立大学で修士号を取得しました。

[1]例えばマイケル・A.ホフマンを参照してください、ユダヤ教発見(コーダレーン:修正主義の歴史、2008)。マリッサ・ニューマンも参照、「ネタニヤフは、タルムードに基づいて法制度を言うことが報告、「イスラエルのタイムズ、2014年5月8日。
[2] TEXEマーズ、聖ユダヤ人の蛇(テキサス州オースティン:RiverCrest出版、2016年)、9。
[3] Abert S.リンデマン、エサウの涙:現代反ユダヤ主義とユダヤ人の台頭(ケンブリッジ:ケンブリッジ大学出版、1997年)、331。
[4]同上。
[5] E.マイケル・ジョーンズに引用、ユダヤ人の革命精神と世界史への影響(サウスベンド:フィデリティプレス、2008年)、1066年。
[6]グレッグ・スミス、「なぜ私はゴールドマン・サックス、立ち去るアム」NYタイムズ、2012年3月14日を。
[7]マットTaibbi、「グレート・アメリカン・バブルマシン、「ローリング・ストーン、2010年4月5日。
[8]を参照してくださいE.マイケル・ジョーンズ、不毛のメタル:労働と高利貸しの対立として資本主義の歴史、1351年から1354年:(フィデリティプレス、2014サウスベンド)。
[9]ニコラスConfessoreとジェイソンホロウィッツ、「ヒラリー・クリントンの有料スピーチをウォールストリートアニメーション彼女の反対派は、「NYタイムズ、2016年1月21日。
[10]クリントンが長年にわたって蓄積してきたどのくらいのお金に関するさらなる研究のために、例えばサイモン・ヘッド、「クリントンシステム」を参照ブックスのNYニューヨークレビュー、2011年9月22日。
[11]トム・ハドルストンは、「テッド・クルスは明らかに新世界秩序の薬剤です。「例えば、テッド・クルスは、上院キャンペーン期間中、シティとゴールドマンローンを開示していない参照してくださいフォーチュン、2016年1月14日; ジョン・キャシディ、「テッド・クルーズのゴールドマン・サックスの問題、「ニューヨーカー、2016年1月14日。
[12]「ゴールドマン・サックス、テッド・クルーズの妻ハイジはありません’、ウェルス・マネジメント」で働いていた」貧困から抜け出すリフト人々を助ける、「AT」デビッド・シロタ、国際ビジネスタイムズ、2016年2月18日; ニックギャスは、「クルーズ」は、クローニー資本主義」に対して、レールの妻のゴールドマン・サックスのキャリアを称え、「政治、2016年3月25日; マーサT.ムーア、「ハイジクルスある? ” USAトゥデイ、2015年3月24日。
[13]マット・フィリップスに引用され、「ゴールドマン・サックス・バンキング上のブランクフェイン:「神の仕事をして、「「ウォール・ストリート・ジャーナル、2009年11月9日; 「ブランクフェインは、彼はただ「神の仕事を、「やって言う」NYタイムズ、2009年11月9日;「ゴールドマン・サックスのチーフは、彼が銀行のメガ利益を守るように、「私たちは神の仕事やる」と言い、「デイリーメール、2009年11月8日を。
[14]ゲルショム・ショーレム、参照してくださいカバラ(フィラデルフィア:ユダヤ人出版協会、1974)。
[15]黒魔 術師アレイスター・クロウリーは彼の本の多くでこれらの問題のいくつかを議論しました。アレイスター・クロウリー、777およびその他のQabalistic執筆(ヨークビーチ、ME:レッドホイール/ワイザー、1973); 嘘の書籍(ヨークビーチ、ME:レッドホイール/ワイザー、1981); マジック:理論と実践では:(ニューヨークドーバー、1976)。ダイアン・フォーチュンも参照神秘Qabalah(:レッドホイール/ワイザー、2000年サンフランシスコ)。
[16]これらの問題に関する詳細な研究のために、ERドッズ、参照ギリシア人と不合理(バークレー:カリフォルニア大学出版、1951年)。チャールズ・シーガル、ディオニュソス詩的とエウリピデス「酒神バッカスの巫女たち(プリンストン:プリンストン大学出版局、1982)。ジョン・バート・フォスター、ディオニュソスへの相続人:モダニズム文学におけるニーチェ現在(プリンストン:プリンストン大学出版局、1981)。マーティンPerssonのニルソン、ヘレニズム、ローマ時代のディオニュソスミステリー(ニューヨーク:アルノプレス、1979)。カール・ローバック、職場でのミューズ:古代ギリシャやローマの芸術、工芸、および職業(ボストン:MITプレス、1969)。エリックCsapoとマーガレットC. Miller氏、エド、。古代ギリシャとその先にある劇場の起源(ニューヨーク:ケンブリッジ大学出版、2007年)。ジョン・バーソロミュー・オコナー、古代ギリシャの俳優の歴史の各章と演技(ニューヨーク:ハスケル・ハウス、1966)。イスメネラダ・リチャーズ、アリストファネスのカエルに儀式やシアター:ディオニュソスの開始(ニューヨーク:オックスフォード大学出版局、1999年)。
[17]イスラエルShahak、ユダヤ人の歴史、ユダヤ人の宗教:3000年の重さ(ニューヨーク、ロンドン:冥王星プレス、1994年)。
[18]これには驚きべきではありません。実際には、容赦なくユダヤ教の子孫であるフリーメイソンは、サタンの崇拝です。この上の検査のために、ジョーンズ、参照ユダヤ人の革命的スピリット、539から550に。
[19]これは奇妙なようであれば、ダニエルBoyarinを参照してください、肉欲イスラエル:タルムード文化にセックスを読む(バークレー:カリフォルニア大学プレス、1995)。これはまた、ユダヤ人の革命家は、ポルノと文化的景観に殺到している理由の説明です。ネイサンエイブラムス自身が彼の研究にそれを置くようにフィルムの新ユダヤ人:「ユダヤ人の映画監督や俳優の古い世代、ここで[ウディ]アレンは、[スタンレー]キューブリックと[ロン]ジェレミーは、間違いなくだけで、自分の仕事のユダヤを増加させませんしかし、それはますます性的(およびポルノ)の用語で定義することによって、新しいポスト1990の感性に合わせて更新」ネイサンエイブラムス、。フィルムの新ユダヤ人:現代シネマでユダヤ人とユダヤ教を探る  (:ラトガース大学出版、2012年ニューブランズウィック州) 、72。

キャリアUSAF官(現在は引退)のように、マーズは、通信、エレクトロニクスおよびエンジニアリングユニットを指揮しました。彼はベトナム従軍記章、大統領単位引用を含む軍事装飾の数を保持しており、ドイツ、イタリアで提供しており、アジア全域。マーズは、サイモン&シュスター、ジョン・ワイリー、プレンティスホール、マグロウヒル、およびダウ・ジョーンズ・アーウィンなどの大手出版社のための本を書いています。彼の本は何百万ものコピーを販売しています。彼は、次のような本の著者であるコンピュータでロボットと採用情報、採用情報:ハイテク仕事ガイド、軍のテストのための準備方法DNA科学とユダヤ人の血統など、

アレクシス:私はあなたがいない形而上学的人種的根拠からではなく、ラビのユダヤ教自体の観点からこの問題に近づいていることをうれしく思います。ラビユダヤ教では、我々はすべて知っているように、イスラエル自身の状態のため、実際にそのような新保守主義のような動きの政治的イデオロギーのための基盤を提供します。これは、多数の学術研究で実証されている。[1]

だから、私たちの両方がラビユダヤ教が邪悪なイデオロギーであることに同意し、「ユダヤ人のユートピアは、「[2]あなたがそれを置くように、容赦なくそのイデオロギーから流れます。何世紀にもわたって他の人が何らかの形でこの「ユダヤ人のユートピア」を話しました。

1902年にユダヤ人文化教育促進協会で演説では、ソロモンEhrmann、ウィーンのユダヤ人は、ここで将来想定される「人類のすべてがjewifiedとユダヤ人文化教育促進協会と労働組合に参加されているでしょうが。」ときそれは「ユダヤ人文化教育促進協会が、ユダヤ教のすべてではないだけでは、そのタスクを満たしています。」、起こる[3]カリフォルニア大学の歴史学者アルバート・S・リンデマンによると、Ehrmannのために、「Jewificationは悟りに等しかったです。」[ 4]

同様の趣旨で、バルークレヴィ、カール・マルクスの特派員の1は、と宣言しました

「まとめて撮影したユダヤ人の人々は、独自のメサイアでなければならない…人類のこの新しい組織では、今、地球の表面全体に散らばっイスラエルの子らは…どこにでも反対せずに判決要素になるもの…

「ユニバーサルまたは世界共和国を構成する国の政府はすべてこのようにユダヤ人の手に、何の努力もせずに、プロレタリアートの勝利のおかげで合格しなければならない…タルムードの約束は、そのときの救世主の時代、.Thusを満たさなければなりませんユダヤ人は、地球のすべての国の富を制御する、到着していなければならない。」[5]

それはロスチャイルド家とゴールドマン・サックスがやっていることは明らかです。彼らは、高利貸しと秘密の活動を通じて人々をオフにリッピングしています。実際には、ゴールドマン・サックスのエグゼクティブディレクター、ヨーロッパ、中東、アフリカ、グレッグ・スミスにおける同社の米国株式デリバティブ事業の頭部は、まさにこの理由のためにゴールドマン・サックスを残しました。スミスは会社の書きました:

「リーダーになるための3つの迅速な方法は何ですか?A)私たちは、彼らが潜在的な利益の多くを有していると見られていないため、取り除くしようとしている株式や他の製品に投資するようにクライアントを説得するためにゴールドマンは、話している同社の「軸、 ‘上に実行します。b)の「ハント象」。英語では:あなたの顧客を得る – 誰のいくつかは洗練されて、誰の一部ではありません – ゴールドマンに最大の利益をもたらすでしょうどのような取引します。昔ながらの私を呼び出すが、私は私のクライアント彼らのために間違っている製品を販売して好きではありません。C)あなた自身があなたの仕事は3文字の頭字語で任意の流動性の低い、不透明な製品を取引することで、シートに座って下さい。

「今日は、これらの指導者たちの多くは、正確にゼロ%のゴールドマン・サックス培養商を表示します。私はない一つの分を私たちは、クライアントを助けることができる方法についての質問を費やされているデリバティブ・セールスミーティングに出席します。それは、我々は彼らのオフに可能な最もお金を稼ぐことができる方法について純粋です。あなたは火星から外国人であり、これらの会議の1にで座っていた場合は、クライアントの成功や進行が全く思考プロセスの一部ではなかったと信じているだろう。

「それは人々が彼らのクライアントをオフにリッピングの話をどのように無情に私が病気になります。過去12ヶ月間で私は、5つの異なる常務は時々内部電子メールを超える「マペット、 ‘…のように、自分のクライアントを参照してください見てきました。私はデリバティブについてのジュニアアナリストから取得する最も一般的な質問は、「私たちは、クライアントをどのくらいのお金をオフにするのですか?」であり、それは彼らが振る舞うべき方法についての彼らの指導者たちから観察しているかを明確に反映しているので、それは、私がそれを聞くたびに気に。」[6]

2016-08-11_014917

ジャーナリストマットタイービローリングストーンズは、スミスがゴールドマン・サックスを残したわずか2年前、2010年にはほぼ同じことを言っています

「あなたはゴールドマン・サックスについて知っておく必要がある最初の事は、それはどこにでもあるということです。世界で最も強力な投資銀行は、執拗にお金のようなにおいが何にその血液漏斗を妨害、人類の顔の周りに包まれた偉大な吸血鬼イカです。

“実際には、突然の急激な減少と秋の歴史を兼ね最近の金融危機の歴史はドライアメリカ帝国を詐欺、ゴールドマン・サックスの卒業生の誰だ誰のように読み取ります。」[7]

一つは戻って1990年代にロシア経済を破壊助けたジョージ・ソロスのようなオリガルヒについて同じことを言うことができます。[8]プーチンはソロスを意識されている必要があります秘密の活動、彼は、後にロシアの年のうち暗黒卿ソロスを蹴ったために。

これらすべての問題について、あなたの考えは何ですか?

2016-08-11_015333

マーズ:まず、ゴールドマン・サックスについて。私はローリング・ストーンのマットタイービに同意します。ゴールドマン・サックスの影響はどこにでもあります。当社は、米国、英国、中国などすべての国で政治家、その制御を見つけます。ヒラリー・クリントン、民主党の大統領指名候補は、特大の謝礼($67.5万)彼女はゴールドマン・サックスの幹部に与えた3短いスピーチのために支払われたの恩恵を受け。[9]彼女の夫、ビルは、ゴールドマン・サックス与えられた1発話のための$ 175,000を受け取りました。[ 10]

共和党側では、上院議員テッド・クルーズ、大統領候補は、彼が最近、世界的な銀行から数百万ドル、「融資」を受けていたことを認めた。[11]彼の妻、ハイジを、一方、ゴールドマン・サックスが富の投資マネージャーとして採用されています。[12]

非常に多くの手帳でゴールドマンの手により、銀行の最高経営責任者(CEO)、ロイド・ブランクフェインは、彼が働いていた人のために記者に頼まれました。私は「神の仕事をして、「よブランクフェインは答えた。[13]

これは「神は “それはあるかもしれませんか?私は私の新しい本、ユダヤ人の神聖な蛇に証明するだけでなく、即時のユダヤ人の神は、リヴァイアサンは、蛇のですか?ロイド・ブランクフェインの神ということですか?

バルークレヴィがKarkマルクスに言ったように、「まとめて撮影したユダヤ人の人々が、自身の救世主でなければならない。」、それを理解することが重要であるユダヤ教のKabbala聖蛇が神格にユダヤ人国家を高揚しなければならないものであることを説明しています。それはユダヤ人のユートピアの彼らの達成となります。そして、全世界の富と財宝がユダヤ人に与えなければならないときに、精製の日を来る、と聖蛇は異邦人に対処しなければなりません。彼らの偶像を放棄(イエスとモハメッドは両方タルムードとKaballaにより「アイドル」とみなされている)とスレーブが惜しまなければならないとして、ユダヤ人のマスターズにサービスを提供することに同意するものとし異邦人。その他はすべて斬首によって殺されます。

ユダヤ人として、人間の神々のように、彼らが支配する、地球に君臨します。そう寛大にユダヤ人は残し、他の星や惑星へ行く報わ聖なる蛇。

どのようなユダヤ人の最高の「神」についてはどうですか?キリスト教の福音主義者と主流キリスト教徒、そして間違いなく最もイスラム教徒、ヒンズー教徒、そしてユダヤ人はエホバを崇拝することを信じている他、旧約聖書の偉大I Amが、ユダヤ教の神はまだ別の名前で呼ばれていることを発見して驚くことがあります。彼/彼女はあるアインソフ、およびアインSofのは、何の感情を持っていない神秘的な「神」です。

あなたはと通信できないアインソフ、また彼/彼女に祈ります。しかし、アインソフは「発散、 “放出される光の火花を持っています。[14]聖蛇は、1つのそのような光です。他の多くのがあります。

実際には、Kabbalaによると、少なくとも10の他の発散-神々が存在すると様々な時間に、誰ユダヤ人をgoddesses-、崇拝、崇拝する、とさえとセックスを持っています。shekinah、大地の女神の種類、Chokmah、男性の神があり、娘、Malkuthがあります。Hesod、ファルスという名前の男性の神がさえあります。[15]それは右、ヘロデは文字通り陰茎です。

私の本、ユダヤ人の神聖な蛇は、これらの多くの神々を調べ、それらの彼らの礼拝と崇敬のように多数のラビを引用しています。

この奇妙なユダヤ教の神々のセットバビロン、ギリシャ、ローマ、ゼウスに、古代のミステリー宗教の神と女神を彷彿とさせる、アテナ、ヘラクレス、金星、バルカンのように。[16]

ユダヤ人のことを話すときは “神、” 1は、どの神を指定するには、彼または彼女に尋ねる必要がありますか?

なぜユダヤ人は非常に多くの神々を持っていますか?最終的には、これらの神と女神は単なるヘルパー、カウンセラー、またはガイドと考えられています。それらすべての背後にある最高の神、アインソフは、通信不能、言いようのない、神秘的です。ユダヤ人や請願祈ることができませんアインソフ。後半学術イスラエルShahakは彼の古典的な本で指摘したように、ユダヤ人の歴史、ユダヤ人の宗教、ユダヤ人たちは、多くの場合に祈って誰にとして混乱する。[17]いくつかは、単にサタンに祈る![18]

ユダヤ人は、多くの場合、これらの神と女神との精神的なセックス関係を楽しむことも指摘しておかなければ。確かに、彼らはセックスが宇宙が動作させる宇宙エネルギーを生成するものであると信じています。

現実には、ユダヤ教は、世界で最も偉大なセックスカルトの一つである。[19]それは私が私の最近の本のページ内で証明まさにであるユダヤ人の神聖な蛇

2016-08-11_040053

 

 

結論見解

性善説で成り立っていた神聖な太陽の神を崇拝する秘密結社が性悪説を主体とする悪魔崇拝のイルミナティに乗っ取られたことそのものを、世界の性善説で生きている民衆やイエスキリストを母体とする善良なユダヤ、イスラム、ヒンズー、仏教等の宗教の性善説を悪用されたことで、偽善者を装った悪魔(性悪説)を主体とするものに上手に性善説という虚飾の偶像に騙されて洗脳されたことが今までの人類の根本原因である。

宗教というとカルト崇拝は危険なものだと偏った感情思考で判断してしまいがちではある。確かに人間は組織や集団の一人になると道徳観念はいつの間にか放棄している状態に陥るから危険ではあるが、問題は今の宗教の教えそのものが世界の悪魔の支配下におかれていることが善の本質を歪めている原因である。人間は誰しもこの世で生きていくうえにおいて何かの根本的な思想に基づいて生きているのは確かだが、それ自体に気がつかないというよりは気がつかせないように悪魔に支配されたメディアやプロパガンダによって、いつでも心象操作されていて、それがあたかも自分の根本的な思想であると洗脳支配されている人間が殆どである。だからこそ、宗教観を否定する人間は己の道徳的信仰の哲学そのものが歪められているといっても過言ではない。

この世に誕生した人類が根本的思想が構築されるには、親の躾や社会においての教育によって土台ができあがるわけだが、日本の場合の教育においては、戦後70年間でモノの善悪の判断や正義とは何ぞやという哲学的概念に基づく教育はされてこなかったわけで今の時代においては大分歪められてしまったが、それでも、神からの無言の道徳的信仰(モノの善悪の判断)を承継されて生き延びられているのは、やはり島国であるが故の単一民族の特権ともいえる。

 

 

 

 

悪魔思想【イルミナティ】が世界を支配する歴史的背景

世界を牛耳る悪魔の本質

イルミナティ=悪魔崇拝=シオニスト【ナチ(NAZI)】=アシュケナジー偽ユダヤ人=キリスト(ユダヤ人=モンゴロイド)と黒人の奴隷化

●沈黙の兵器は細菌戦兵器と同一タイプの兵器である

沈黙の兵器は細菌戦兵器と同一タイプである。自然と社会のエネルギーの源泉ならびに大衆の肉体的、精神的、感情的な強さと弱さを知り、理解し、操作し、攻撃することによって、社会の各個人の活力、選択の自由ならびに流動性に攻撃を加える。 <沈黙の兵器についての序説>

2016-08-01_201945
●沈黙の兵器は初代ロスチャイルドのアイディアを成長させたものである

2016-06-04_145200

自分に国家の通貨をコントロールさせよ。そうすれば誰が法律を作ろうと知ったことではない。 マイヤー・アムシェル・ロスチャイルド(1743~1812)

今日の沈黙の兵器のテクノロジーは、ここに引用したマイヤー・アムシェル・ロスチャイルド氏が簡潔に表現し、効果的に活用した、単純なアイディアを成長させたものである。……もちろん氏は二〇世紀においては、これが大発見となるとは考えてはいなかったし、確かに、数学的な分析は第二次産業革命、力学とエレクトロニクスの学説、また、世界経済コントロールを効果的に発揮するためにはエレクトロニクス・コンピュータの開発を待たなければならなかった。 <理論的序説>

●「金力の外見をわがものにすれば人は金力を与えてくれる」

ロスチャイルド氏が発見したことは、上記の概念を経済学に適用した、権力、影響力、人民に対するコントロールについての基本的な原理であった。
その原理は「金力の外見をわがものにすれば、人は金力を与えてくれる」ということである。
<ロスチャイルド氏が発見したエネルギー>

●簿記を駆使する者は王者となることができる

エネルギーは地球上のすべての活動の鍵である。自然科学は資源を研究して自然エネルギーを支配し、理論的には経済学に帰する社会科学は資源を研究して社会エネルギーを支配する。この二つは簿記システムすなわち数学である。したがって、数学は最も基本的なエネルギー科学である。そして、一般人を簿記の操作方法に無知のままにさせておけば、簿記を駆使する者は王者となることができる。 すべての科学は究極の目的に達するための手段に過ぎない。手段とは知識である。究極の目的とは支配である。残る問題はただ一つ、「誰が利益を享受するか」だけである。<エネルギー>

●経済学の分野で第一級の攻撃的戦闘能力をもつ必要がある

エネルギーが地球上のすべての活動の鍵となる以上、エネルギー、原料、製品、サービスの独占を達成するためには、また、奴隷労働の世界システムを確立するためには、経済学の分野で第一級の攻撃的戦闘能力をもつ必要がある。われわれの地位を維持するためには、全経済分野にわたってコントロールする絶対的な第一級の科学知識をもち、世界経済を管理する第一級の経験を積む必要がある。<要約>

●大衆は貪欲であるがために限度を越えて通貨を発行しても平気でいる

彼[ロスチャイルド]は、誰が戦争の勝利者となるかを決める通貨のコントロールに乗り出した。一国の経済システムのコントロールを彼に委ねることに同意した政府は、彼の支持を受けた。負債が増えれは増えるほど、債務者の敵に経済的な援助が保証された。この方法であがった利益で、ロスチャイルド氏はいやが上にも富み、いやが上にも富を拡げることができた。 彼は、大衆が貪欲であるがために、政府が貴金属と商品生産とサービス(国民総生産GNP)の裏付けなしに限度を越えて通貨を発行(インフレーション)しても平気でいることを見抜いたのである。 <ロスチャイルド氏が発見したエネルギー>

ロスチャイルドに統率された世界の中央銀行のカルテルが采配権を持つ以下の集団組織

彼らは、フリーメーソン、シオニスト、イエズス会、ヴァチカン、社会主義者、自由主義者、共産主義者、フェミニストやゲイの活動家たち、ネオコン、すべての諜報機関、メディア、財団、その他を使っている。

ほとんどのイスラム教、ユダヤ教、福音主義、プロテスタント、そしてキリスト教再生派を含めてすべての宗教はイルミナティによって腐敗させられている。これらはみな、フリーメーソン組織、諜報組織、マルタ騎士団そして最後だが重要なおきまりのイエズス会によって秘密裡に支配されている。正真正銘の[宗教的]告白がほとんど不可能なほどにである。

フリーメイソンはイルミナティによって乗っ取られた

フリーメイソンの起源説は前にも紹介したように、いくつかあるのですが最も有力な説が石工職人の団体です。ということは、もともと、悪の組織ではなかったのです。いや今でもメンバーの多くは悪人ではありません。フリーメイソンは慈善団体にも関わらず「秘密結社」と言われています。なぜなら秘密の儀式を行うからです。しかし本当にフリーメイソンはただの慈善団体かと言えば、そうとも言えません。実は悪魔崇拝組織の「イルミナティ」が、フリーメイソンを乗っ取り支配しているのです。さらに色々な秘密結社的な組織をフリーメイソン内部に引き込んだり、新たに設立して正体が全く分からないようにカムフラージュしています。フリーメイソンという組織は内部にイルミナティがあったり、他の組織があったりで多重構造となっているのです。これは世間の目をあざむくためです。なぜ世間をあざむく必要があるのかはそれは悪いことをするためです。

フリーメイソンの中には複数の組織が存在しますが、科学部門を担当している組織が「薔薇十字団」で、政治部門を担当しているのが「イルミナティ」とされています。他にも多くの組織が入り込んでいて多重組織内組織を構築しているのです。中でも大きな権力を持っているとされ政治部門のイルミナティは、天才ユダヤ人「アダム・ヴァイスハウプト」によって、1776年にドイツのバヴァリアに創設されました。当時のイルミナティは『人類の完成』を目標に2000人ほどの会員を集めて政治的な活動をしていた秘密結社です。ヴァイスハウプトを始めとするイルミナティの会員のほとんどは、フリーメイソンのメンバーでした。

2016-08-01_210434

ヴァイスハウプトは「ルシファー(サタン)」を崇拝していたと言われ、1785年、ローマ教皇によってカトリックの教義に馴染まなかったことから、表社会の歴史から消え去ったのです。しかしそれはあくまでも表向きの話です。実はヴァイスハウプト率いるイルミナティは、フリーメイソン内部にその勢力を広げ、いつしかフリーメイソン全体を動かす最高意思決定機関になったのです。そして今でもイルミナティが暗躍し、この世を動かしていると言っても過言ではないでしょう。

ところでローマ教皇はキリスト教の高位聖職者ですが、このローマ教皇を中心とし10億人以上の信者がカトリック教会には存在します。そしてこのカトリック教会の総本山がイタリア・ローマにある世界最小の主権国家バチカンです。実はこのバチカンとローマ教皇は秘密結社イルミナティの中でも絶大な権力を持っているのです。

イルミナティが計画する世界統一政府樹立のリベラル(自由主義者)という真の思想

2016-08-01_210120

リベラルという言葉は、無垢な人道主義者のイメージを想起させる。しかし、自分のことをリベラルと称する間、もしくは、リベラルと呼ばれている人間は、実際 のところ左というよりはファシズムである。この悪魔的な計画が始まったのは、それが「イルミナティ」という名前で活動を開始した1760年代の ことである。イルミナティを創設したのは、アダム・ヴァイズハウプトというユダヤ人である。彼は、カトリックに改宗し、カトリックの司祭になったが、その後、当時誕生したばかりのロスチャイルド家の要請により、棄教し、イルミナティを結成した。ロスチャイルド家は、この計画の実行に資金を提供した。

詳細はこちら→イルミナティと外交問題評議会

2016-08-01_231000

地球温暖化を捏造し、途上国の発展を妨げ、炭素税まで巻き上げる一石二鳥の汚い手口。もっともらしいことを言っていますが、地球を汚し破滅に追い込んでいるのは彼らなのです。人口調整と言っていますが、要するに殺すか産まないようにさせることです。だからウィルス、ワクチン、ケムトレイル、災害、戦争などの作戦を実践しているのです。

日本はイエス・キリストの国であり、イルミナティが消し去りたい国

2016-08-01_225802

日本は神の国。裏イスラエルだからだ。人知れず守られてきたイスラエル。日本はイエス・キリストの国であり、それゆえイルミナティが消し去りたい国なのだ。311は、3発の爆発によって引き起こされたと考えられる。3回の巨大地震が立て続けに起きた。そして、3号機は、3回の爆発によって破壊された。おそらく、モサドのマグナBSP社の監視カメラという名の小型核爆弾によって爆破されたのだろう。

イルミナティが3回にこだわるのは、それがイエスを磔刑にしたくぎ打ちの数だからだ。両手と足に3つの釘が使われた。太平洋戦争では、広島、長崎への核攻撃、そして、東京大空襲。3回の破壊で日本を叩き潰そうとした。しかし、戦後、日本は復活し、逆にイルミナティ米国よりも強くなりそうになった。1985年のプラザ合意から為替とバブルによって日本経済をダメにしようとしてきた。1991年ごろにバブルがはじけ、免疫があったおかげで、日本は、サブプライムローン詐欺にひっからず、今深刻な経済的ダメージを回避できている。結局のところ、日本が世界で独り勝ちしている。日本はイエス・キリストの国なので、滅ぼすことができないのだ。逆に強くなって復活する。

日本の本質を示す真名井・伊雑宮ライン

真名井神社から伊雑宮に至るラインは、日本という国の本質中の本質である。

1.真名井神社=六芒星

2.籠神社=茅の輪と天橋立=紅海を渡って出エジプト

3.外宮=マナの壺とモーセの青銅の蛇=約束のキリスト

4.内宮=十字架と契約の箱=キリストの贖いの成就

5.伊雑宮=六芒星、伊蘓=天地の仲介者の復活

大嘗祭は、このラインに沿った儀式である。

1.聖水沐浴=紅海を渡る=洗礼・・・・真名井・籠神社

2.神人共食=マナを食べる=聖餐・・・真名井・※籠神社・外宮

3.御衾秘儀=十字架と復活=献身・・・内宮・伊雑宮

皇太子は、イスラエルとキリストの歩みを再現した儀式を通じて天皇になるということは、天皇のご存在と日本という国の本質が、キリストの救いを示しているということになる。

※「籠神社の宮司海部氏の記録によると「籠神社」及び奥宮「天真名井神社」(真名井神社の正式名)には代々、神宝の壷という壺が伝わり、宮司の交代期に密儀として神宝の壷「黄金の壺」が受け継がれているらしい。」
http://ameblo.jp/toki-t/entry-10023616768.html

神道を多神教と誤解している人がいるが、表は裏を隠すための偽装である。

裏神道は一神教である。

籠神社の先代宮司・海部穀定氏は、『元初の最高神と大和朝廷の始原』という書の中で、「神道の本質は、多神教ではなく、唯一絶対神信仰だ」と解いているようで、元初の大神こそ、古事記冒頭の「天御中主神」と述べているようだ。
http://ameblo.jp/toki-t/entry-10023616768.html


しかも、今の宮司は、はっきりと籠神社の神はユダヤの神であると言っている。

そして、「伊勢神宮はこのことを秘密にしている」とも言われた。

しかし、これも時が来るまでの間のこと。

いつまでも神道側が秘密にするはずはない。

事実八咫烏は言った

「こちら側から明かすことはできないので、一般側から明かす人が出てくるのを待っている」

2016-07-19_183056

2016-07-16_185659

カトリック教は、キリストが行ったことと、行わんと欲したことと 根本的に食い違っている。

イエスは直接に物事の本質を、つまりは 人の心のなかの”神の国”を見つめ、その神の国に至る道を示しているが、それは彼が認めていないユダヤの教会の掟(おきて)の遵守(じゅんしゅ)といった外面的な道ではなくて、内面的な道であった。彼は外面的なものについては考えず、内面的なものに思いを致したのである。神との交流と称する欺瞞(ぎまん)に満ちた手口に対しても、彼は同じような態度で臨(のぞ)んでいる。彼は、自分を”神の性を帯びる者”と感じるにはいかに生くべきかを説き、苦行(くぎょう)によって その状態に達することはできないと考え、神性を帯びるためには 何よりも自己棄却が大事、と教えた。

キリスト教は本来 大きな反異教的な運動であるが、しかしその教えは、つまりキリストの言行は、キリスト教とまったく無縁な目的のために、すっかり勝手な解釈を施され、その後 既成の諸宗教の言葉に翻訳されてしまった。カトリック教はキリスト教から、結局は 国家と妥協するところの教え、戦争を行ない、裁判をし、拷問を行ない、誓い、憎悪する教えを作り上げたのである。カトリック教にとっては、責任とか罪とかいった観念を第一番に持ちださねばならず、キリストの教えによる新しい生活が必要ではなくて、新しい礼拝の形式や、奇跡的変容(信ずることによる贖罪)に対する新しき信仰が必要なのである。カトリック教は、キリストの生と死の歴史から実に自分勝手な選択を行ない、至るところ重心を置き換えて、何もかも自分流の解釈をした。一言で言えば、原始キリスト教をすっかり滅ぼしてしまったのである。

Department of Justice米国司法省ニュース2016(7/20)ロックフェラー&ロスチャイルド案件

2016-07-31_212225

 

数十億ドル規模の横領事件で起訴されたマレーシア首相ナジブ・ラザックは、ロスチャイルドに対する証言と引き換えに訴追免除を求めている。

ATTORNEY GENERAL LYNCH ANNOUNCES A KLEPTOCRACY ENFORCEMENT ACTION TO RECOVER MORE THAN $1 BILLION OBTAINED FROM CORRUPTION INVOLVING MALAYSIAN SOVEREIGN WEALTH FUND

司法長官リンチは、マレーシアのソブリン・ウェルス・ファンドの汚職から得られる以上の$ 10億を回復するために泥棒政治施行アクションを発表します

FOR IMMEDIATE RELEASE

United States Seeks to Recover More Than $1 Billion Obtained from Corruption Involving Malaysian Sovereign Wealth Fund

米国は、マレーシアのソブリン・ウェルス・ファンドの汚職から得られる$ 1以上億を回復しようとします

米司法省はマレーシア経済発展のために使われることを意図した基金から10億ドル以上を横領したかどうかでマレーシア首相ナジブ・ラザックを起訴した事実を我々に警告してきた。起訴はハリウッドのヒット映画「ウォール街の狼」の全ての利益を求めている。何故なら、それは横領された基金で賄われているからである。起訴はまたサウジアラビア王室、ゴールドマンサックス、JPモルガンとプリヴェエ・エドモンド・ロスチャイルド銀行にも言及している。

CIAは、ナジブはその横領事件、ロスチャイルドファミリと逝くへ不明のマレーシア航空370便の関係について証言する引き換えに証人保護プログラムで彼と彼の家族の訴追免除と拘置を求めている。そうなれば、これは最後にはロスチャイルド王朝を倒す事件になりうる。ハザールマフィアのロックフェラー/ロスチャイルド/クリントン派はすでに米国内で倒されているので、ロスチャイルドも同様に倒されることになれば、これはバビロニア風の負債奴隷から人類が解放されることを意味している。

検事総長リンチは述べています。

「司法省は、アメリカの金融システムが破損するための導管として使用することを許可しません」

「このアクションでは、我々はマレーシア経済を成長させ、マレーシアの人々をサポートすることを目的とした資金を没収し、回復しようとしています。その代わりに、彼らは、盗まれたアメリカの金融機関を通じて洗濯といくつかの関係者やその関係を豊かにするために使用されました。世界中の腐敗した役人は、我々はそれらに彼らの犯罪の収益を否定する努力に執拗になります間違いなく必要があります。」

2016-07-26_105510

子供でもわかる【銀行マフィアによってアメリカが支配された歴史】アニメバージョン

HYMISOSHIRUの【奥義メモ】

私個人の見解は、一番の問題は米国悪玉なのか米国善玉なのかで見方は全く違ってきます。もしくわ、日本が悪玉のままなのか、善玉になったのか、それを装っているだけなのか悪玉を装っているだけなのか、もちろん、それは中国やその他の国々にも言えることです。まさに真理の極みです。私のような平民はその場のリアルタイムにいるわけではないので、深層心理はグレーゾーンです。しかし、人間というものは組織や集団の中で形成されたものに取り込めれらてしまうと冷静な判断ができなくなり不道徳なことを正当化する危険性があります。とくに感情思考でレッテル張りをする人間は冷静な判断をなくしているか、もっと穿った見方をすれば相手自身の冷静な思考そのものを破壊させることで相手を強引に取り込もうとする手先連中もいるので注意が必要です。それらのレトリックやトラップに騙されないためには、己自身が自分の頭で理性的にしっかり考えて、物事を部分的に見るのでなく全体的に見ることで本質をつかめば、そのような連中を逆に利用することも可能です。それができるには、知性と感性の両輪を高いレベルで体得して常に勉強する努力を欠かさないことです。

ブッシュの手先トニー・ブレアは戦争犯罪人です。

2016-07-10_235132

ジョージ・W・ブッシュ元大統領がボストンマラソン爆弾テロの陰謀を認める Conspiracy

https://youtu.be/EfMyQFjbQW0

長い遅延Chilcotレポートの公式リリースは、イラク侵略は違法だったことそれが明白になり、ブッシュの手先トニー・ブレアは戦争犯罪人です。イギリスは今真剣に、それがKhazarianマフィアの制御に残るように米国との軍事同盟を維持再考されています。

同じことはヴィザヴィロシアの周りに180度の回転を行っているトルコで起こっています。最後の11月、彼らはロシアの戦闘機を撃墜し、ロシアとの戦争を開始するためにNATOに尋ねました。今、トルコの報道によると、彼らはトルコにロシア軍を招待しました。これらのレポートは後に拒否されたが、明らかに米国に次ぐ軍事とNATO国は、インド、パキスタン、イラン、エジプトとイスラエルと一緒に上海協力機構にロシアと中国が参加してみたいと考えています。それはあまりにもKhazariansとの提携を放棄しない限り、それは完全に友サウジアラビアを残すだろう。サウジオイルマネーの損失はKhazariansに致命的な打撃となります。

もちろん、死んKhazarian暴徒はそれにもかかわらず、それは明らか人間である彼らは戦いをダウンすると我々は南シナ海などの分野、北朝鮮が関与する事件、テロ、爆撃、偽旗攻撃などで挑発を期待することができます行っていると言う勝っています地球のための戦い。

西の政治装置のKhazarianマフィア制御がバラバラにし続けている紛れもなくEU内で行わソ連スタイルの崩壊と米国の内戦の醸造があります。これは恐怖とバビロニアスタイルの債務奴隷の数千年後に自由をつかむために、人類のためのユニークな機会です。
下のリンク内の名前は、軍や政府機関の間で循環されており、Khazarianマフィアについて「実用的な情報」であると考えられています。

https://ehpg.wordpress.com/israel-did-911/

そのリンク上の人が追い詰められている人たちの唯一の部分的なリストです。金裏打ちされたトランプカードのデッキがトップKhazarian犯罪ボスの名前とそのキャプチャ時に利用可能となる金の恵みのサイズで今週後半に発行されます。

2016-07-12_121636

ブッシュ、クリントン、ロックフェラーやヘンリー・キッシンジャーなどの上級副官のようないくつかのトップKhazariansはすでにCIA筋によると、正義を逃げることが防止されています。実行することができますし、隠すKhazarianマフィアのラットは、すでにそうし始めています。

男爵デビッド・ド・ロスチャイルド、スイスベースのロスチャイルドの継続ホールディングスの頭と英国ベースのNMロスチャイルドの、ロスチャイルド一族の有効落差は、CIAの情報源によると、 “レーダーから消えた」と。グループは現在、副会長によって運営されている、と彼らは言います。そのツーク、スイスの化合物での電話番号も、もはや動作しているようだありません。

しかし、彼は言う、ヨーロッパでCIAの元「昨晩ロスチャイルドに話を聞いたが、「ロスチャイルド一族が隠れてではなく、ほこりが安定すると、「彼らは立って唯一のものになると信じて」ということだけではなく言います。

彼らは世界の人口の90%を殺すの代替として炭素取引を押されたものであれば確かに、彼らは大量虐殺とブッシュとその同類のような大量殺人の罪に直面することはありません。

中国政府は、彼らがロスチャイルド/ホワイトドラゴン社会同盟を支持する20カ国以上の頭部を言ったので、彼らはOKだと思うようだが、中国政府筋は言います。正式な契約はこれを書いている時点では至っていないものの、接触はわずか1時間渡された7月10日の期限までに行われました。

いずれの場合も、興味深い開発、大量殺人者、トップKhazarianマフィアの子分とイスラエル首相ベンヤミン・ネタニヤフでモサドの情報源によると、 “数十億ドルを「意味」は非常に高い量の大幅なマネーロンダリング、「イスラエル当局によって調査されています。このためネタニヤフはすでに彼の隠れ家に逃げるように準備してきました。

別にフィアット金銭詐欺とbloodsoakedオイルマネーから、Nazionist Khazarianマフィアのための資金のもう一つの重要な供給源は、「ヘルスケア」産業である2014年にはなんと$ 3.09兆登録、および米国だけで、2017年に$ 3.57兆急上昇すると予測されています。私たちは、これは単なる保守的な数字であると信じています。

私たちは、ジカウイルスのような、簡単に私たち自身の総合的な抗ウイルスシステムを構築する方法を知ることによって、任意のウイルス攻撃やデマを倒し、薬の使用を避けることができます。我々は右、1石三鳥を殺すことができる方法の詳細について検索し、ここを。

2016-07-10_234215

 

実体経済が反映されない社会は家畜民を信用と洗脳で騙して成立する

今のバラマキ体制の債務貨幣の仕組みからシカゴプランへの金融構造体系に考え直す方向に向かっていると言及しております。「日本の経済学者はこの本質的なことを知っているのか!しっかりこの事を今の若い衆に教えなさい。しかし、世界を見渡せばシンガポールではこの経済の仕組みは一般的に教えられている。」と総裁は言っております。和田先生も「イングランド銀行の仕組み作りに直接関わった人間が言っているわけで、この事は世界の金融構造が変わってくることを意味していて、日本だけが取り残されている」と言及しております。

2016-07-11_055758

「マーヴィン・キングはよく金融危機から出てくるための最も重要な本を書いたことがあります。王の先見の明のアイデアは経済学の学生からの国家元首にみんなの注目に値する、同意または同意しない。」-Lawrence H.サマーズ何かが私たちの銀行システムに問題があります。我々じかにそれを知っているが、マーヴィン・キング全てのセンス。イングランド銀行の実権を握って、彼の10年は、金融危機の高さを含め、当社の資本主義社会のメカニズムについての深遠な真理を明らかにしました。では錬金術の終わりに彼は私たちにお金や銀行、現代の金融への鍵の歴史と未来に関する重要な仕事を提供しています。産業革命は、現代の資本主義時代の礎を築きました。紙幣の作成とクレジットを発行した銀行の発明:まだそのダイナミック期間中の技術革新の開花は2ずっと年上のアイデアの普及に依存していました。当然の今日は、これらのシステムを取る、まだ彼らのコアで両方のアイデアが革新的とほとんど魔法でした。一般的な紙は、金と同じくらい貴重になり、危険な長期貸付金は安全な短期銀行預金に形質転換しました。王が主張するように、これは金融錬金術-現実や常識にとらわれない臨時財政力の作成です。これらの力への信仰は、巨大な利益をもたらしました。彼らが作成流動性は、今二世紀のための経済成長に燃料を供給しています。しかし、彼らはまた、銀行hyperinflationsから、経済的な災害の後を絶たない文字列を生成しているが、最近の世界的な景気後退と現在の停滞に崩壊します。どのように我々は彼らの固有の弱点で、これらのアイデアの強力な強さを調整できますか?王はこのような経済力の新鮮な解釈を提示すると、世界経済のために進むべき道を指すように彼のユニークな経験に描画します。耐久性の繁栄と財務先祖の錬金術上の過度の依存の最後に明確なパスを提供するために、現在ぐるみや不複雑な法律を切って彼の大胆なソリューションを提供しています。

世界金融危機の原因と結果にアルティンウルフの新しいボリュームには、とりわけからの寛大な事前の賞賛、付属していますマーヴィン・キングラリー・サマーズベン・バーナンキ。それは、あなたが考えるかもしれない、タイタニック号の乗組員からジャケット宣伝文と海上安全上のマニュアルのようなビットです。しかし、本のページにこれらの男性のためのあまりの快適さがありません。バーナンキ、特に、首にそれを取得します。 “危機は破っても2ヶ月前に、連邦準備制度理事会の議長は彼、彼の機関と世界経済をヒットしようとしていたものがないアイデアの横を持っていた鈍であるために、彼ほとんど無知でした。」彼はどちらか、彼は是認読書についてあまり注意しないのですようです。

これは細心の注意を返済仕事だから、残念です。ウルフ、非常に尊敬FTジャーナリストは、彼自身が、2008年の近黙示録的なイベントを予測するために失敗した市場の自由化の恩恵にあまりにも多くの信仰を置いたことを認めています。”ナンセンス”グローバル経済の機能が実際にあったかの正統派の見解は、彼は控えめな表現のちょうどヒントを使用して、観察することは注目に:「これは経済学のための不快な課題を提起します。」実際に、それはないという明快な反対の声を犠牲にして特権経済の特定の意見を政治・金融権力構造としてそんなに故障である経済学です。ウルフは確かである彼は強固な常識の強力な芽球洗練された技術的な説明を交互に繰り返すように、後者の間でカウントされます。将来的には、経済の動脈が突然押収した理由を理解したい人 – と、なぜそれが来るの回復のためにそう長くかかったが – この本を参照する義務があります。担当の政治家は、システムを維持しようと既得権益の影響でとても強くているときはまだ教訓を描画するためのその有用試みにもかかわらず、まだ、政治的に運用することができどのように健全な経済的な思考の未回答の質問が残っています現在の形。

物語の重要な側面は、当然ながら、よく知られている:自由市場イデオロギーの勝利は平気楽観的規制緩和の波が続きます。脆弱世帯主にサブプライム住宅ローンの多くの場合、詐欺的な推進に伴う住宅バブル。主張、そしておそらく彼らはリスクを排除していたことを、信じて人々がそれらを理解していなかった人に販売、複雑な金融商品。過度のレバレッジ; 逆インセンティブ – リストに載っています。さまざまな国が保持している支払い黒字と赤字 – ウルフの明確な貢献は、これらすべてのものは、世界的不均衡の成長にリンクされた方法を示すことです。自由化、技術改造と集団の高齢化 – – 一緒に投資パターンに不平等とシフトを上昇、大規模な増加国際的な資本フローを運転した彼は、2006から10年の間に、これらの不均衡は世界のGDPに比べて5倍と3基礎となる要因があると主張することを指摘しています。これらは、「構造的に欠損総需要の世界」を作成したウルフの「シフト」、です。高所得国では金融不安を作成したずさんな金融政策と規制政策は、部分的にはこのように「需要不全症候群を患っている経済の需要を維持するための方法」でした。金融システムの増加する危険性は、継続的な経済成長の価格だった – 当面は。

最後に、もちろん、車輪が脱落しました。ウルフの口座から抽出される快適さのいずれかのクラムがある場合、それは危機の「ショック」が響きとして、政府は実際には賢明に合理的にパニックの最初のフラッシュに期待できるように答えた、ということです。しかし、その後、2010年から、緊縮財政への早期のターンがありました。大規模な財政赤字は、その原因危機の結果ではなかった、実際に彼らが与えた刺激が – あまりにも急速にカットオフ – 治療法の必要な部分でした。「責任」の言語は、多くの場合、ウルフが示すように、それはひどく誤解を招く可能性があり、有権者とよく果たしているが、。彼は、ユーロ圏の中で果たしてきたか、そのような談話について痛烈です。(ドイツ率いる)「債権ユーロ圏は「「債務者ユーロ圏」(ギリシャに象徴される)に与えた厳しいポリシーは、現在のアカウントの黒字は必ずしも高潔であり、赤字は軽率の兆候であることという考えを前提としています。しかし、どのような債務者のミス、彼らは最終的に債権者の行動によって促進されました: “。借入は融資なしには不可能だったでしょう放蕩の資金を調達した後、自分の選択の結果に文句を言うために愚かです。」ウルフは、多くのスキルとユーロ自身の欠陥を照射するが、混乱のうちいずれかの明確な方法が表示されません。彼の見解では、あっても部分的な崩壊の結果は、熟考するにはあまりにも恐ろしいであり、そして通貨の固有の構造的欠陥にもかかわらず、通って混乱させる維持するために必要になります。

他の球では、本はより肯定的なソリューションを提供しています。銀行はより良い大文字にする必要があること議論の余地のないです。ウルフは、「あまりにも野心的」としてグローバル富裕税のためのトマ・ピケティの提案を見て、それにもかかわらず、非常に高所得の大きい課税を見てみたいです。彼は、中央銀行は、すべての形態のお金を作成する責任であり、銀行は、彼らが貸すすべてのための完全なバッキングを持っている必要がありますすることにより、100%リザーブ・バンキングのためのいわゆる「シカゴ計画」にも熱心です。「基づいているシステムは、今日のように、しばしばグロテスクな無責任な融資の副産物が取り返しのつかないほど不安定であるとしてお金を作成するには、営利機関の能力に “、私たちは言われて。しかし、計画に明らかな問題、ウルフが認めるように、誰もがそう抜本的な何かをしようとあえてしないだろうということです。銀行からの激しい抵抗は避けられないだろう。いくつかの種類の抜本的な改革は間違いなく必要であるが、経済的に望ましいと政治的に可能性の間には大きなギャップがあります。

これは、その後、困難です。クリア目撃経済問題に、ウルフは彼らの根底にあるパワーの質問に提供するあまりを持っています。彼の紹介で彼は、「それがいいか悪いのために危険な発想ではなく、既得権益、である。」というケインズの発言を支持します それが本当であれば、必要とされるすべてのことは、実行可能な政策に翻訳され、私たちは多かれ少なかれ良性の支配者によって実現することができる私たちの問題、の音知的分析です。しかし、他の場所で本の中でウルフは「利益が大幅に公共の利益を上回る組織した政治的プロセスの腐敗」として金融業界のロビー活動力を説明します。それが本当であれば(と私はそれだと思う)離れて新自由主義の教義から適切に悟りを開いた民主もちろん補正は現実的に出現することができる方法を参照してくださいすることは困難です。

ほぼ間違いなく、危機への遡上に見られる混乱推論はあまり症状などの原因ではなかったです。人々は、彼らが正しいインセンティブがそう指定された場合は不可能なことを信じて、そして同時に自分のポジションを脅かす合理性のいずれかの発生をつぶすために最善を尽くします。誰も危機が来るのを見ない理由女王は有名尋ねました。実際にはかなりの数の人がいたが、金融や政治エリートは耳を傾ける自分の利益のためにそれを見つけることができませんでした。より良い経済システムではなく、他の方法ラウンドの改善に従います上部に考えて。このような変化は、彼らがこれまで来れば、利益のシフト残高のではなく、アイデアのパワーの証となります。

2016-06-04_145200

 

hymisoshiruの独自見解

人と物の借款(売買)が実体経済であり、その媒体がカネという紙幣であり、現実世界と一律な経済社会である。例え騙されたとしても裏打ちされたものが担保としてあるわけだから人々は生きていける。しかし、人と物の借款(売買)がなくなり、媒体であるカネだけでの借款(売買)になれば利息という利鞘が生まれて、現実世界と乖離的な経済社会になる。その場合、騙されたときに裏打ちされたものが担保としてなくなるわけだから人々は生きていけなくなる。数字で例えると実体が100という流通量ならば、今は1000という流通量であり、残りの900は実体が存在しない人間の精神である信用創造で成り立っている。しかし、この人間の精神が不安定になればなるほど大きな波を生み出し、人間のモラルハザードによって人間そのものが飲み込まれてしまうわけである。二十一世紀に入ってネット社会が一般化されてきた。今までは、カネという信用を情報で成り立たせていた。しかし今は、情報【信用】そのものがカネと一体化したおかげで、カネの実質的な価値がなくなってきた証かもしれない。

経済とは借款の循環が活性化すればするほど人々が活動的になり豊になる。
従ってカネという信用に大きい小さいはない。

As the circulation of the loan is to be activated with the economy, people become rich become active.

There is no large and small to credit [mind] that money.

賢人の言葉

第3代アメリカ合衆国大統領。アメリカ合衆国建国の父であるトーマス・ジェファーソン

2016-06-04_161132

1801年、中央銀行に対し不信感を持つトーマス・ジェファーソンが第3代大統領に就任しました。
ジェファーソンは財務長官であったアルバート・ガラティンに宛てた手紙の中で次のように述べています。

「私は中央銀行制度が我々の自由に取って常備軍よりも危険なものであると心の底から信じている。 もし米国民が、最初はインフレにより、次いでデフレによって民間の銀行が自国通貨の発行を操作するのを許すようなことがあれば、 彼らの周りで太り行く銀行や企業は人々の有するあらゆる財産を剥奪し続けるだろう。 (中略)通貨の発行権を銀行から取り戻して、その正当な保有者である国民に返還しなければならない。」

文中でジェファーソンはインフレとデフレという言葉を使っていますが、 インフレとはインフレーションの略であり、膨張するという意味です。デフレとはデフレーションの略であり、 収縮するという意味です。現在ではインフレは一般物価水準の継続的上昇、 デフレは一般物価水準の継続的下落として使われていますが、それは結果に過ぎません。 信用が膨張する=お金がたくさん市中に出回るから景気が良くなり、需要が供給を上回って物価が上昇するのです。 信用が収縮する=お金が少なくなれば景気が悪くなり、価格を安くしないと売れない。だから物価が下落していくのです。 ジェファーソンは銀行が信用創造量を意図的に操作して、国民から財産を剥奪する=羊毛狩りをおこなっていることを知っていて、 それを軍隊より危険だと警告しているのです。200年も前のジェファーソンの警告は、今日に至るまで活かされていません。 第一米国合衆国銀行は議会によって公認された銀行であり、その公認期間は20年間だったため、 ジェファーソンは公認の更新を認めず、1811年に閉鎖されました。