人間が人間を知ろう【ゲシュタルト崩壊編】~自分が誰かわからない

解明されていないメカニズム

近年、インターネットやテレビを通して【ゲシュタルト崩壊】という現象が知られるようになった。同じ文字を繰り返し見たり聞いたりしているうちに、形がわからなくなってくる。それがゲシュタルト崩壊である。単純な構造のアルファベットよりも、複雑なひらがなや漢字はゲシュタルト崩壊が起こりやすいため、経験したことがある人も多いのでないだろうか。ゲシュタルトは、ドイツ語で【構造】を意味し、それ以上、バラバラにすると意味をなさないもののことを示す。人間には物事や現象を素材バラバラではなく、近くあるもの、同類のものなど、ある条件に基づいて一つのまとまった集合体として認識する知覚が備わっている。しかし、あまりにも集中力が高まると、この【構造=ゲシュタルト】が崩壊することがある。今までは普通にとらえることができていた集合体の全体像が急に把握できなくなり、それを構成している個々ばかりに目がいくようになってしまう。

ゲシュタルト崩壊は1947年、ドイツの神経科医ファウストによって失認の一症候として報告された。失認とは、視覚、聴覚、触覚に異常がないのに対象を認識できない障害のことだ。しかし、そのメカニズムは未だにはっきりとは解明できていない謎の現象なのである。ちなみに、ゲシュタルト崩壊と似た現象に【ジャメビュ】がある。【デジャビュ=既視感】の反対語で【未視感】を意味し、日常的に体験したり見慣れているはずの物事を一瞬、初めて見たり体験するかのように感じることをいう。こちらのメカニズムは謎のままだ。脳の仕組みとは、まだまだ未知の世界なのである。とはいえ、身近で起こる文字のゲシュタルト崩壊程度なら、文字を見直せばすぐに正常に戻ることができるので、深刻な問題になりにくい。危険なのは、分からなくなるのが【字】でなく【自分自身】である場合だ。

人間は、生まれてから時間をかけてコツコツ経験を積み、人格が形成されていく。ところが人格のゲシュタルト崩壊が起こると、これまで築いてきた人格を一瞬でも見失ってしまうことになる。今まではちゃんと理解していた自分自身に疑念が起こるのだ。

「私はこんな顔だったけ?」「私はこんな声だったけ?」

すぐに自分を再認識できればいいが、もし長時間再認識できない環境が続いたら、脳の混乱が収まらなくなり、ついに「わたしは誰?」と、自我が崩壊してしまう可能性もおおいにあるのだ。では、人格のゲシュタルト崩壊を意図的に他人に利用するとどうなるだろうか?恐ろしいことに【洗脳】へと繋がるのである。実際、ナチスドイツでは、洗脳を目的とした心理実験が行われていた可能性が指摘されている。ユダヤ人捕虜を鏡の前に立たせ「お前は誰だ?」と延々鏡に向かって質問させる実験を行ったというのだ。すると、10日程度が経過した頃、被験者の判断力が鈍くなり、物事が正確に把握できなくなった。さらに3カ月経った頃にはすっかり自我が崩壊し、自分が誰だか分からなくなっていたという。ただ、この実験については、ドイツの戦争犯罪を追及するための「ニュルンベルク裁判」の記録には登場しておらず、実際にあったかどうかは定かではない。しかし、ナチスドイツは洗脳実践していたたため、この実験が不気味なリアルさを印象付けるのも無理はない。なお、実験に鏡が使用されたというのも、リアルさを際立たせている。視覚的とはいえ、自分という存在を複数に増やせる唯一のアイデアである鏡は、ゲシュタルト崩壊を招くにはうってつけだ。そのせいか、鏡には昔から不気味な言い伝えが多い。「深夜に三面鏡を見ると、いくつも映る自分の顔の中に、死んだ顔が映る。」という言い伝えは、鏡の見過ぎによる自我の崩壊を警告しているのかもしれない。

2016-10-06_235845

洗脳の王道手口

このように、ゲシュタルト崩壊は悪用すれば非常に危険な結果を招く。そして現代でも、これを利用した洗脳が、カルト集団や自己啓発セミナーで頻繁に行われているのだ。方法は次の通り。洗脳対象が見つかると、まず閉ざされた環境でお経を一日中聞かせたり、同じ挨拶や標語を、くたくたになるまで何度も言わせたりする。すると、対象者は内容がわからなくなり、ただ「聞くだけ、言うだけ」の状態になってくる。これが「思考の停止」である。そこから、今までの生活や仕事についてひとつひとつ繰り返し「あなたはそれでよかったのか?」と問いかける。これはその人の存在の「部分」を浮き上がらせ「全体」を見えなくするためだ。自己のゲシュタルト崩壊を起こすように、巧みに誘導するわけである。そしてついに対象者がアイデンティティをなくし、自分の意見を失ったら、新たな思想を植え込み、洗脳が完了するのである。これらは【否定型】という洗脳スタンダードなテクニックであり、社会的に成功していたり地位や名声に恵まれていたりする人ほどかかりやすいという。人間、一度価値観を壊されてしまうと弱いもので、崩壊した自我の確立を急ぐあまり、すぐに手を差し伸べてくれる人を頼ってしまうのだ。これを巧みに利用したのが、「オウム真理教」である。高学歴の社会的エリートを洗脳によって熱心な信者にしたてあげ、人の命を奪うほどの犯罪に加担させたのだ。つまり、他人の人格を変え意のままに操ることは可能だということだ。ナチスドイツが行ったという「鏡の実験」は、都市伝説としてではあるが、今でも「本当に気が狂うので試してはいけない実験」として話題に上がることがあるが。また、江戸川乱歩の小説【鏡地獄】では、鏡の球体の中に自ら入った男が「たくさんの自分」に混乱し最終的に発狂するという、ゲシュタルト崩壊を思わせる結末を迎えている。小説や都市伝説で済めばいいが、鏡を使ったゲシュタルト崩壊は「開けてはならないパンドラの箱」のようなものだ。勉強に熱中し、漢字が少しバラバラに見えて戸惑うくらいの影響でとどめておきたいものである。

2016-10-07_001113

最後に、我々は、ある事象を全体像として捉えて判断している。そして何度も同じ事象を繰り返し認識することで、物事の本質的な盲点を見過ごし、一体何を認識しているのか無意識的にわからなくなっているのがまさにゲシュタルト崩壊ではないだろうか。それが結果として洗脳という形で無意識に己の自我を侵食しているのかもしれない。そうならないためには常に物事に対して哲学することであり、【シンプルなこと】について誰でも当たり前の共通認識として持っていることについて疑問を持ち続けることではないだろうか。例えば、どうしてこの人は批判するのか?どうして私に関心を抱くのか?要する対象そのものにゲシュタルト崩壊を投げかけることが洗脳されない一つの防御策になる。

広告

【警告皇帝】密かに日本を実行している宗教的カルト日本会議 【Warning emperor】The Religious Cult Secretly Running Japan

警告皇帝

Warning emperor

The Religious Cult Secretly Running Japan

Nippon Kaigi, a small cult with some of the country’s most powerful people, aims to return Japan to pre-WWII imperial ‘glory.’ Sunday’s elections may further its goal.

日本会議、国の最も強力な人々の何人かと小さなカルトは、事前に第二次大戦帝国の日本に戻すことを目指し「栄光」。2016-07-17_001927

東京は – 日本の安倍晋三首相とその支持者の間で彼のキャビネットの多くが含まれてライジングサン、1970年代にまでさかのぼる保守的な神道教団の土地では、最終的に影の外にドラッグされました。

グループが呼び出された日本会議(日本会議)と表向きTadaeタクボによって運営され、前者のジャーナリストは、政治学者になりました。それだけで38,000のメンバーを持っていますが、多くの高級クラブ、または宗派のように、それは非常に大きな政治的影響力を振るいます。

大まかに言えば、神道は、日本への多神教とアニミズムの宗教のネイティブです。第二次世界大戦の前との間にここに公布国家的神道はまた、神の状態に皇帝に上昇していることを主張し、日本は神のレースだったthe大和。他のすべてのレースは劣ると考えられています。

「慰安婦」についての不快な真実 The uncomfortable truth about ‘comfort women’

日本会議はもともととして知られているリベラル神道グループから1970年代初頭に始まった清張はありませんすなわち 1974年には、グループの破片部はと力を合わせ守会、oを日本愛国心と帝国への復帰を信奉国家-神道復活の組織崇拝。現在の状態でグループが正式に1997年5月、に形成された守甲斐O日本と右に傾いた知識人のグループが力を合わせ。

現在の教団の目標:日本の戦後の平和憲法を腸性的平等を終了し、外国人を取り除くため、空隙厄介な「人権」の法律、およびその帝国の栄光に日本を返します。

7月10日に開催される、日本の議会選挙では、教団は今完全にpolicityを支配するそのチャンスを有することができます。与党が十分な議席を獲得した場合、ドアは、日本の近代的な民主的な憲法を改正する1947年以来、神聖で犯さ残っている何かを開きます。

確かに、日本のために、これらの選挙は憲法Brexit-決定この国は民主主義のように前方に移動または文字通りバック世紀以上前に終わった明治時代にステップを取るかどうかであってもよいです。その後、天皇は最高だったと表現の自由は、国家の利益に従属しました。

アメリカは、腸レベルで理解する日本会議の影響は難しいかもしれません。しかし、試して、この次の場合を想像し  、「未来の世界大統領は「ドナルド・トランプは  右翼福音派のグループに属していたのは、君主制への復帰を提唱する”USA会議、「それを呼ぶことにしましょう、移民の追放、女性のための平等な権利の取消し、音声と彼のあらかじめ選択された政治的任命者のほとんどの自由の制限は、同じグループからのものでした。

信じられないほどのサウンド…いずれにせよ、これは人々が心配になります。

それはすでに安倍晋三首相と彼のキャビネットに日本で行われたもののアメリカ人と同じです。

阿部、第三世代の政治家は、1950年代に首相になる前に第二次世界大戦中に軍需品の日本の大臣だった1945年に戦争犯罪者として逮捕岸信介の孫です。

阿部も急中期を辞任する前に、2006年から2007年までは、首相を務め忠実なナショナリストや歴史修正主義、です。日本会議の組織への彼の関係は90年代に戻って。

彼の帝国と帝国主義カルトの仲間に沿って、阿部は、憲法の改正は、彼の生涯の目標であると述べています。インタビューで日経アジアのレビュー 2014年2月に発表され、阿部は「私の党、自由民主党(自民党)は、ほぼ60年前の創業以来、私たちの憲法を改正提唱されてきた。」と述べました

だから、今、安倍と彼の党、少なくとも過激派は、その目標に非常に近い来て、最後にあります。

また、国会として知られている日本の国会は、構成され、上下家の。憲法の第96条は国会の両院の三分の二のマジョリティによっておよび国民投票で単純過半数で承認された場合に改正憲法に行うことができることを規定しています。

自民党憲法草案は、「大きな」および「小さな」人権を区別します

現時点では、自民党と連立パートナーは衆議院と参議院で過半数に3分の2の多数を持っています。彼らは日曜日の選挙後に参議院で必要な3分の2の多数を持っていると思っています。

朝日新聞と日本の独立したプレスは、今年のキャンペーンを呼んでいる「隠れたアジェンダ選挙。「ローカルメディアは自民党とパートナー政党が候補者が彼らの切り株の演説で、憲法改正に言及避ける確認してきたことを報告しています。

与党は、パーティラインtoeingされる: “。それはすべてのアベノミクスについてですが」

そして、それらはありますか?

アベノミクスは、安倍首相がそれは財政刺激、金融緩和と構造改革の「3本の矢」に基づいて2012年に行動に置くことを約束した経済政策です。これは、日本の長期停滞経済を活性化することになりました。第三の「矢印」はまだ解雇されなければならないと6月20日、今年で、国際マネーファンドは、本質的にそれ失敗を宣言  し、日本は賃金を引き上げる提案しました。

日本の民主党(DPJ)によって結ば野党は、彼らが持っている日本の領域で単一候補をフィールドする協力している一方で与党は、経済上のすべての話とアベノミクスが最終的に動作することを希望を集中したいです当選すべての憲法改正を阻止するの旗の下のチャンス。

民主党のリーダー岡田克也」は、言論の自由と(その政府についての)情報へのアクセスを解放する国民の権利などの基本的人権は憲法の平和主義がします…脅かされてきた安倍政権の下では、警告した破壊されました。」

自民党の憲法改正の言及上の内部取り締まりが精通している、中野浩一、上智大学で日本の政治上の教授や専門家は指摘しています。「アベノミクスは単にセクシーなものとして阿部のナショナリズムを再パッケージ化の方法だったので、彼が権力を返すことができ、「中野氏は述べています。彼は世論が憲法の改正に大きなマージンによって反対されているノート。

「安倍は投票が経済についてであることを強調するために、彼は2012年以来2前回の選挙でいたのと同じ戦術を使用して、その後、彼は選挙が終わった後に行うことを意図したものを行うに進みれます。彼はの通過でこれをやった国家秘密法  、その後に強く反対してセキュリティの法則 2014年12月スナップ選挙後の昨年。おそらく、彼はかつて自民党は静かに憲法を変更する方法についてはナチスから学ぶべきであると述べ、彼の副首相、からのアドバイスを得ています。」

強くによって報道によると、日本会議の卒業生の影響を受けてきた自民党の提案憲法、朝日新聞や他のメディアは、国際紛争を解決する手段として戦争に従事から日本を禁じ9条を、スクラップになります。また、深刻な問題に発言する権利奪 い、言論の自由を削減だろう」それが公共の利益に反している場合を。」

おそらく、政府は何であるかを決めるだろう」公益。」

それは言葉がなくなり、「基本的人権」  憲法の専門家が指摘しているように、キーのセクションからを。

自民党は、現代の日本が中国の脅威に対処し、抜け出すためにのために修正が必要であると主張している「戦後レジームから。」

安倍首相と内閣の背後にある思想はこの月までの日本の主流メディアからわずかな精査を受けていました。驚きベストセラーの出版で変更なのは、日本会議なし建久(日本会議の研究)元ホワイトカラー労働者によっては、ジャーナリスト、保なっ 菅野を 4月30日。

また、日本会議の元メンバーである日本を代表する憲法の専門家、セツ小林は、「彼らはトラブルという現実受け入れる必要があり、グループの言う日本は戦争に負け、彼らは明治憲法を復元したいことを」。

一部のメンバーは、戦争を始めた人々の子孫である、と彼は指摘しています。

小林はそう月に、彼は多少面白いこと、と呼ばれる憲法上の権利を促進し、保護するために新しい政党を作成したことを、彼の元同胞でイライラされ、国民碇-なし声  人々の怒りの声別名。日本会議のために、彼は裏切り者と悪夢です。安倍首相のために、彼は怒って大声で、口の頭痛の種です。

安倍は選挙前に他の頭痛をしている。そして、生長の家、日本会議の精神的な先祖だけでなく、その自民党と連立与党に背を向けている数十年の最初の明白な政治的行動を。

組織は語った週刊ポスト安倍政権は憲法軽く考え、私たちは第9条(平和句)を変更する彼らの試みに反対している」、先月。さらに、当社は、法律によって決定される政策を支持する彼らの失敗に不信感を感じています。」

全体的な日本会議の小さな数字にもかかわらず、安倍内閣の半分は日本会議国立国会議員友好協会に属しグループの政治分派。安倍総理自身が特別顧問です。

東京都知事のために実行されている元国防大臣小池百合子は、別の著名なメンバーです。

産経新聞と他の人が 日本会議があっても出版社に圧力をかけるしようとしたことを報告している、扶桑社は、 4月28日に本を落とすに出版社に送られた抗議文は、グループの事務局長、雄三Kabushimaの名前ではなく、名前で驚くほどでした会長Tadaeタクボの。

Kabushimaは忠実な天皇崇拝者であるとの主要メンバーだった清張無すなわちの学生運動。菅野はKabushimaが本当に組織を実行している人である彼の本の中で主張しています。

手紙の脅迫的な口調にもかかわらず、出版社はびくともしませんでした。もともと、この本の唯一の8000のコピーが印刷されました。これは、販売126,000枚のコピーと、それの第四の印刷になりましたです。五他の本は今グループに印刷されています。雑誌は、それらについてのフロントページの話を実行しています。

突然、日本会議は非常に表示されています。

菅野は驚いと日本会議見るために緩和され 、最終的に注目を集めて国の政策への影響を。彼自身は十年以上前に日本に戻る前に、政治学の学位を取得し、テキサスの大学を卒業し、政治的保守的です。

彼は彼がアクセントのビットを拾っテキサス、に住んでいた間、彼はキリスト教の福音主義運動は政治的影響力を発揮する方法気づき、それらのメソッドにいくつかの類似点を見て、日本会議のもの。

彼が最初に日本会議の存在を知ったとき、菅野はまだ”サラリーマン”別名ホワイトカラー労働者でした。戻る2008年に、菅野は、彼が路上で雰囲気の中で感じたシフトを回想します。「クレイジー人々が発言し始めた、「彼は言います。例えば、抗外国人ヘイトスピーチ基などの基によりリード抗議在特会は  より顕著でした。彼は日を追うごとにその活動の醜いエスカレーションを見ました。

彼は厄介なこれらのヘイトスピーチの動きを発見し、彼らの抗議に侵入し始め、写真や録音中のイベントを記録します。メンバーや支持者の動機を理解するために、彼は多くの場合、彼らのオンラインのコメントで参照保守的な出版物に掘るようになりました。

これらの出版物のために書いた貢献者は彼を困惑しました。多くは、彼らのフィールド、ジャーナリストや学者に設立されたすべてのは、彼らの専門知識とは無関係のトピックに貢献しています。この独特のパターンは、彼は、ドットを接続助けた:彼らはすべて1つのグループのメンバーであるように思われました。その実現は、彼が日本会議で修正主義のワンダーランドを発見したウサギの穴を、彼を導きました。

日本会議は、彼が見つかりました、使用ネト・ウヨ政策や世論に大きな影響を発揮する(彼らは負日本の書き込みを感じ、インターネット上で誰を荒しサイバー右ウイング)、知識人、政治家、そして主流メディアでクローゼットのシンパを。

それは、日本政府が米国の占領政府によって追放された帝国カレンダーを、再制定することを得る含まれています。これは、欧米で2016年だが、皇帝の治世に基づいインペリアルカレンダー、下には、平成年28です。システムは、日本の多くの記者が西洋の時間にインペリアルカレンダーの日付を変換するための便利なチャートを運ぶように混乱しています。

菅野はまた、政治的にその政治的キャリア、2007年に首相として彼の突然の辞任後に死んだと考えられていた安倍首相が、復活と日本会議をクレジット。

彼はまた、彼らの目標は、このように、根本的に結婚と妻の権利を定める憲法の一部を変更することであってもよいと考えている」バック性的平等を圧延し、自分自身のような気難しい老人、日本は国快適な作り。」

デイリービーストは電子メールを介して、ファックス、電話で日本会議を接触させ、菅野の本に、グループとその異議について書かれた内容の明確化を求めたが、返答はありませんでした

いくつかの最近出版された書籍や論文は政治団体として登録することを避けるために法律をスカートした見事なマキャベリ組織の絵を描く一方で、菅野は、彼らが自分の目標が達成されれば、彼らが何をしたいのか明確な考えと主反動と考えています。

「彼らは、それが抗これと反だ女性は結婚などした後、自分の旧姓を使用して、[第二次世界大戦中に性奴隷]を、男女平等のようなものに反対する地元の政治家や政治的なロビーで着実にこっそり戦争犯罪と慰安婦の認識をしてきました – つまり将来の何のビジョンを持っていません。」

他の研究者は、グループの抗男女平等の立場の通知を取ったが、安倍首相は、職場で、グループはまた、そのランクの女性議員を持っていることを女性の促進に関する誠実であるように思われることを指摘しています。

菅野は驚いていないです。「安倍首相は、について多くの話を女性が作り出す経済(ビジネスの世界における女性のエンパワーメントを)が、それはすべての話です。それは、言ってテキサス州の人種差別主義者のようなものだ」私は人種差別主義者じゃないので、黒の友人を持っています。」グループによってサポート女性政治家があるという事実は、同じ論理です。差別は許容可能であると考えて少数派の一部の少数民族が常にあります。またはこれらの女性は、一般に女性のためのない自分自身-場合有利グループのサポートを見つけます。」

教授ジェフ・キングストン、近代日本の歴史家は、阿部はすべての権利のことを言いながら、彼は静かに15パーセントに30パーセントから経営の女性を促進する彼のオリジナル公言目標を縮小しており、実際には彼の貧弱な行動であることを指摘しています“偽」として女性が作り出す経済の阿部のバージョンを公開する家父長現実にうなずきます

菅野は、日本の「家父長現実は「安倍政権の下で、日本のメディアの自己検閲の背後にある理由の一つであり、なぜ彼らは長い間日本会議の際に触れる避け主張しています。

彼が主流の日本のメディアは、その世界の景色日本会議の性差別的な理念と整合女性嫌いの老人たちによって運営されており、彼らの原則に同意するので、彼らは組織に報告する必要は見たことが主張しています。

「それは、自己検閲ではありません。それはより多くの沈黙の共謀のようなものだ」と彼は言いました。

女性や子どもたちに向けた日本会議の否定的態度も児童の権利に関する国連条約(UNCRC)への明白な反対を説明しています。

加瀬英明、日本会議と多作修正主義作家の著名なメンバーは、また、日本の体罰協会-それらを教育し、それらを強いせる手段として、子どもたちの賢明な鼓動を提唱の会長として表示されます。

あなたはこれらの選挙は重要である理由菅野に言わせれば、なぜ彼関西アクセントテキサスの話ぶりで、彼はあなたを教えてくれます。

「自民党、安倍、および日本会議は、本質的に同じ課題を持っています。今回の選挙についての恐ろしい事は、彼らが達成に近い行ったことがないということです彼らの夢-改正日本朝鮮人を含む女性、子供、若者や外国人は、何の基本的人権を持っていない軍国主義封建社会に日本を返すために憲法を。彼らは唯一の権利があります:黙れする権利を」

Ben Norton Summary

Nippon Kaigi is a fascist group that seeks to restore the imperial monarchy, subjugate women and expel migrants. It’s not a mere Shinto cult

日本会議は、帝国の君主制を回復、女性を征服、移民を追放するように努めるファシストのグループです。それは単なる神道カルトではないです。