“人类免疫缺陷病毒”(HIV)

※艾滋病毒和艾滋病是不一样的。

艾滋病病毒的起源

各种研究已经做了更新。实际上,牛,猫,如病毒被认为是在动物,如马,因为基因结构和HIV是不同的,面临的挑战是准确地断定艾滋病毒的来源。但是到现在为止,它已阐明还有就是HIV2型病毒,这是一种类型的艾滋病毒,通过“非洲绿猴”召开生活在南非地区的病毒之间有很深的关系。
另外,根据最近的研究结果,还它示出了HIV-1型病毒和黑猩猩之间的关系。正如我在开头提到的,艾滋病是由病毒感染了一个名为HIV病毒引起的疾病。艾滋病病毒是一种具有很强的传染性病毒,一旦感染将是HIV阳性。然后,在到达感染的最后阶段时,病毒在患者的整个身体生长,艾滋病会发展。
目前,艾滋病患者在世界的数量估计为约33万人。一是艾滋病病例已被证实于1981年6月5日,大约25万人因为感染者已经死亡。此外,艾滋病的发源地被认为是非洲撒哈拉以南地区,艾滋病患者的三分之一今天是该地区的居民。

“人类免疫缺陷病毒”(HIV),该病毒将开发事业“获得性免疫缺陷综合征”(AIDS)被称为最严重的疾病在近几年。

点击这里⇓

有关“获得性免疫缺陷综合症”(AIDS)从这里了解更多信息

 

 

広告

狂犬病はエイズと同じ世界ギネス記録

☆犬を飼ったときの躾とマナー☆

犬はもともと群れで行動する動物です。猫と違って上下関係に敏感です。しっかり躾をして飼い主や家族のほうが上だと教え込むことが必要です。言うことを聞かなかったり、凶暴な性格になるのも、人間が犬に対しての躾次第というこです。しっかりと人間が愛情を注いで教え込めば、必ず従順な性格になります。
それでは、具体的にどうすればいいのか?犬との関係を明確にするには、いくつかのポイントがあります。
例えば一緒に寝たり食事をしないことです。可愛い犬といつも一緒にいたい気持ちはわかりますが、一緒に寝たり食事をすることは、人間と対等な関係だと教え込んでいるようなものです。人間は主なので、先に食事をしたり快適なベットで寝るのは当然と、犬にわからせることが重要です。また、犬のいいなりにはならないことです。
そして、躾で最も重要なことはトイレの躾です。専用のトイレを用意して、そこでするように教え込むことです。
犬に対しての躾の一番のポイントは上手にできたときは精一杯褒めてあげることが重要です。失敗しても怒らないでください。犬は褒められると、また褒められたいと思って行動しますので、躾をしっかりと行なえば、自ずと従順になる動物です。

2015-12-29_003755 ☆狂犬病予防接種率低下に懸念☆2015-12-28_235152

厚生労働省によると、狂犬病予防法に基づく国内の犬の登録数は約674万頭(2013年度)で、うち予防接種したのは約489万頭。接種率は72.6%と、15年前に比べると10ポイント低くなった。
世界でみると、2008年インドでは2万人、中国では2466人が感染するなどアジアではいまだに猛威を振っている状況です。※狂犬病は致死率がほぼ100%で、検疫の目をかいくぐって感染した動物が国内に入り、ペットに感染する可能性もある。しかし、登録や注射の対象となるのは犬のみで、感染する可能性がある猫などについての規定はない

 ※詳細  ウィキペディア引用

☆感染☆一般には感染した動物の咬み傷などから唾液と共にウイルスが伝染する場合が多く、傷口など粘膜部を舐められた場合も危険性が高い。狂犬病ウイルスはヒトを含む全ての哺乳類に感染し、人への感染源のほとんどがイヌであるがネコやイヌ以外の野生動物も感染源となっている。通常、ヒトからヒトへ感染することはないが、角膜移植や臓器移植によるレシピエント(移植患者)への感染例がある潜伏期間は咬傷の部位によって大きく異なる。咬傷から侵入した狂犬病ウイルスは神経系を介して脳神経組織に到達し発病するがその感染の速さは日に数ミリから数十ミリと言われている。したがって顔を噛まれるよりも足先を噛まれる方が咬傷後の処置の日数を稼ぐことが可能となる。脳組織に近い傷ほど潜伏期間は短く、2週間程度。遠位部では数か月以上、2年という記録もある。

前駆期には風邪に似た症状のほか、咬傷部位皮膚の咬傷部は治癒しているのに「痒み」や「チカチカ」などの違和感、熱感などがみられる。急性期には不安感、恐水症状(水などの液体の嚥下によって嚥下筋が痙攣し、強い痛みを感じるため、水を極端に恐れるようになる症状)、恐風症(風の動きに過敏に反応し避けるような仕草を示す症状)、興奮性麻痺、精神錯乱などの神経症状が現れるが、脳細胞は破壊されていないので意識は明瞭とされている。また、腱反射、瞳孔反射の亢進(日光に過敏に反応するため、これを避けるようになる)もみられる。その2日から7日後には脳神経や全身の筋肉が麻痺を起こし、呼吸障害によって死亡する。

なお、典型的な恐水症状や脳炎症状がなく、最初から麻痺状態に移行する場合もある。その場合、ウイルス性脳炎ギラン・バレー症候群などの神経疾患との鑑別に苦慮するなど診断が困難を極める恐水症状は、喉が渇いていても水に恐怖を感じてしまう為、苦しむ動物人間は多い。

診断

診断法は「蛍光抗体 (FA) 法」によるウイルス抗原の検出、「RT‐PCR法」によるウイルス遺伝子の検出、ウイルス分離、血清反応、ELISA による抗体価の測定などにより行われるが、感染初期の生前診断は困難。

予後

狂犬病患者

試験的な治療法の成功症例を除くと、ワクチン接種を受けずに発症した場合はほとんど確実に死に至り、確立した治療法はない。2004年10月以前までで記録に残っている生存者はわずか5人のみで、いずれも発症する前にワクチン接種を受けていた。2004年10月、アメリカ合衆国ウィスコンシン州において15歳の少女が狂犬病の発症後に回復した症例がある。これは発症後に回復した6番目の症例であり、ワクチン接種無しで回復した最初の生存例でもある。この際に行われた治療はミルウォーキー・プロトコル (Milwaukee protocol) と呼ばれ、実際に数人が生存しており、治療法として期待されているが、回復に至らず死亡した事例も多く(これを用いても生存率は1割程である)、また生存したとしても麻痺などの後遺症が残るのが現状であり、研究途上である。近年ではこの治療法により10歳のアメリカ人少女、また2008年10月、ブラジルペルナンブーコ州の16歳の少年が歩行困難と発語困難により依然として治療を続けているものの回復に至った事例がある。

「最も致死率が高い病気」として後天性免疫不全症候群(エイズ)と共に、ギネス世界記録に記録されている



「動物病院ってなかなか行きづらい」「料金が解らなくて不安」

そんな飼い主様のお悩みを、本間AMSがしっかりサポートいたします!

ペットの健康には欠かせない予防接種や予防薬、健康診断などの料金を明確化。

WEBから予約&決済が済ませられるので、今までの不安を解消致します。

飼い主様に確かな安心をお届けするためのサポートです。

本間アニマルメディカルサプライ 病院へ行こう!サービス

 

http://expo.iris-one.com/swf/EXPlayer.swf?servername=expo.iris-one.com&title=nemoto&key=1HhakfDi1rZ21VrN52r7nkk1iNNyQB&language=jp

12243282_116654518698947_5918970024872098154_n