“種子法廃止法案によって危険な日本の食生活【NET TV ニュース】国家非常事態対策委員会 2018/07/20” を YouTube で見る

民営化のメリットは部分的でみたら、コスト競争が生まれて値段は刹那的には使用者側からしてみたらお財布に優しいかもしれないが、それと同時に、【人間の健康のために、これだけは絶対に守らなければならない安全安心は必ず担保されるといった建前は皆無であり、ビジネスとしての利益=儲けのために、自然と踏み込んでしまうのが民間企業の儲けるための真髄】つまり、そういったことを考えると、人間の命の源である水そのものを配下においた企業は、それと同時に国民主権の国家そのものを独占支配=ファシズムしているのと同じである。更に、企業がそれを独占支配した国々は間接的な植民地化されているのと同じになる。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中