“【高橋洋一】日本のバランスシートは世界一健全” を YouTube で見る

マイナス金利で国債暴落とかは意味不明であるのは確かである。マイナス圏内で、上がるとか下がるとかは関係ない。何故ならばマイナスであることには変わりはないわけだから。寧ろ普通に考えたら、【円=国債】そのものの供給(流通する側)は溢れかえっていても不思議ではない。

それならば、何故その供給が溢れかえっているな中で、【円】の需要がないのかです。何か可笑しくない?

現状を分析しても国内の地方中小企業は疲弊して、利益が上がらず、そこで働く労働者は低賃金にされて、結果的に家計に響き、自然の流れで妻がパートに出て、子供は家計が苦しいから学校に行けずにアルバイトをする。

それでいて、政府は少子高齢化だからという大義名分をタレ流して、外国人労働者を入れようとする。つまり、外国人労働者なら日本人よりも安く働かせることができるという流れにもっていきたいのだろう。

要するに、少子高齢化という謳い文句で日本人を人口削減することが目的であることが読み取れてしまう。そして、もう少し慮るならば、どうして消費税増税してマイナス金利なのかを原因を探求からは避けて、政治家や新聞記者が経済をよくわかっていないからであると一刀両断の認識そのものも、私から言わせて貰えば、決して腫れ物には触れずに、部分的に正論を言って商売する魂胆が見え見えではある。

おそらく、言い訳としては、それ以上のことは専門外なのでわかりませんと逃げるのだろう。まあ、昔よりはマシになったというよりは、今の世界経済情勢において、己の商売に影響がない程度で、その割合比率を変化させているのだろう。

基本的に数字でキレる人間は醜さも兼ね備えているだろし、そうでなければビジネスは成功できないのも確かではある。

https://newspicks.com/news/2017399

お金というのはクレジットであり借款があるからお金としての価値が生まれる。従ってお金が存在している以上、借金がこの世になくなるならば、お金そのものがなくなるわけである。

問題は一般庶民の感覚では、その借金をしたら返すというのは当たり前の認識であるが、そもそも予算100兆円とか言って、その通貨クレジットを発行しても、その通貨クレジットが実際に何を担保にして発行しているのかということが一番の疑問である。実際は何も担保はなく、数字だけが蠢いているだけである。

その数字という無限のものに対して、世界を牛耳る銀行家は、デリバティブ派生金融商品=人間の洗脳妄信商品(実体は何も存在ない、もしくわ全く価値がないようなものに置き換えて(神隠し)タックスヘイブンとしてのオフショアマネーで懐に入れる)などの詐欺そのものを保護するために、世間一般には【法律】というあたかも道徳的な秩序あるルールというものを大衆に妄信させて、自分たちの都合の良い方向に仕向けるためである。

要するに、お金=通貨クレジット(借金)=数字=無限に対して、その数字においての借金という言葉文字に対しての劣等感などは、俯瞰知識がある人間からみたら稚拙であり、一番の問題はそのお金=数字が何に使われるのか、実質的に存在するために使われるのか、それは偏りなく公平性を保って日本という国に血が通っているかである。

残念ながら、今は【借金】という一般庶民の感覚を利用して、このままだと借金が膨れ上がるから、増税をしなければならないと洗脳させているだけに過ぎない。

しっかり、冷静に考えれば日本及び日本に住む我々は、相手の通貨クレジット(ドル)のために、借金札を買っている側であり、一般庶民の感覚で示すならば、ローンを組ませてあげている銀行側(債権者)である。それを東大とかインテリジェンス経済学者とかの美辞麗句に対して、肩書きだけに囚われて妄信している我々であるし、お金=数字=経済については世界俯瞰支配者による社会工学支配によって子供知識レベルに抑え込まれているため本質的なものがわからず騙されているだけに過ぎない。

それは今の肩書きを持つ経済学者とかインテリジェンスも然りである。まあ、もう少しこちらについて慮るならば、経済=お金数字の本質的なことを教えれば、今の立場や職を奪われて、最悪は闇支配の連中に抹殺されることを恐れて、知っているが知らないふりをしているのかもしれないが。

【追加】

基本的に日本国債の金利が下がるというのは円の価値が下がることである。従って、マイナス金利である状態では暴落はもうとっくに通り越している。そもそも0からマイナス領域にあるということは円を持っていて円が減るということである。しかしながら、我々、日本人は円で生活しているわけだから、円そのものが流通しなくなれば、生活が息づまるのは当然である。この経済学者も数字の中の微分値【カネの値】しか着目していないが、問題は積分値【カネの数量】が重要である。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中