“アメリカ次期大統領トランプ氏の真意とは” を YouTube で見る

共通は通貨クレジットどちらも含んでいるとうが、リンカーンとケネディは通貨クレジットの暗殺動機の割合比率が全く異なるような気がします。まあ、私の考えすぎかもしれませんね。その後も、レーガン暗殺未遂がありましたからね。真実が何処にあるかはわかりませんが、、。
兎にも角にも、カネとCIAを操る血統家族の銀行を牛耳る人たちははっきり認識致します。まあ、ネット情報では常識レベルのロックフェラーとかロスチャイルドとか騒いでいますが、、。私自身は素人ですので、特定のビンポイントで知るよしもないですが。
まあ、はっきり言えることは無知無関心ほど恐いものはないことは言えるのでしょう。ただ、どんな形にせよ己が生き甲斐を感じ幸せであるならば、それで良し。とも思ったりもします。
しかしながら、その生き甲斐のレベルとか立場とかが人間として愛を感じるものでなければ、反感喰らう、もしくわ、今のプロセスであるならば反撃になるのですかね。

https://newspicks.com/news/2015117

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中