“取り残された日本【NET TV ニュース.報道】国家非常事態対策委員会 2016/12/01” を YouTube で見る

私の持論だが、経済そのものが人間の心理とリンクしているのは確かである。従って個々の人間の心理が浮遊している中で右いったり左いったりして、右とか左とかはっきりとした答えは存在しないと解釈する。しかしながら、有志ある人たちが増えれば増えるほど、はっきりとした方向性は見えてくるし、逆に悪意がある人が増えれば増えるほど逆回転としてはっきり見えてくるし、それは経済にもはっきりと反映される。
ドナルド・トランプが本当に「アメリカ第一主義」を貫くことができるかどうかをジャッジするには、彼が暗殺されず、アメリカで戒厳令が発動されるような事態も起こらず、1月20日に首尾よく第45代アメリカ大統領に就任した後、彼が「パリ協定」からの脱退を宣言し、連邦準備制度の解体に着手するかどうかを見ていればいい。
それこそが、議会制民主主義のアメリカ合衆国の側の人間か、それとも、ロスチャイルドらの国際金融資本に操られているアメリカ株式会社の側に立つ人間かを見極める試金石になるからである。

https://newspicks.com/news/1927057

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中