ユダヤ人 と日本人

​ヒトラーはアーリア系ユダヤ人の帝国社会を築き上げるためにモンゴロイド系ユダヤ人を迫害した。そのあと民主主義派と社会主義派で分かれて冷戦状態になったが、本質はその言葉の区別に善悪のプロパガンダによって民衆は洗脳支配で家畜化されているだけに過ぎず、実際はファシズムの覇権争いである。従って、支配階級層からしてみたら民主主義とか社会主義とか知ったことではない。

敢えてこのような表現をさせてもらったのは、ハザールというと西洋寄りになってしまいますが、これと同じぐらい野蛮な民族としてアジア地帯は漢民族がいるので、これに対して盲目的になってはなりません。

ユダヤ人といっても世界人類はユダヤの血統にはなりますので、細かく区別はされにくいのは確かですが、日本はドイツと同盟を結んでいたけど、ヒトラーに裏切られたことを考えると、ヒトラーはアーリア系のユダヤ人【ハザール人】のための帝国主義をつくるために、モンゴロイド系ユダヤ人が悪であるとでっち上げた可能性大ですね。ヒトラーは表向きは戦争で負けましたが、実はルーズベルトと密約していていてナチスそのものがアメリカをステルスで支配したと認識しています。イスラエルは太古日本の帝が文明を築いたイスラエル12士族の神聖イスラエルではなく、あくまでもサタニズムによるルシファーを崇める一神教イスラエルです。本家本元の神聖多神教イスラエルは我が日本です。

先ずは世界人類がハザール系によって歪められた歴史認識を正す必要があります。そうすれば日本が如何に地球のへその目であり重要かわかると思います。日本を知ることが、実は地球そのものを知るに等しいです。それは人間界だけでなく、宇宙の森羅万象全てに関わります。

【まとめ】

この地球のヒト生命体は実は太古の日本の帝(縄文アイヌ、コロポックル)が世界に分散されて、そこから無数の交配による枝分かれによって区別されるようになったに過ぎず、ノアの大洪水以降は日本が原点であることをしっかり世界人類が認識しなければならない。最終的には人間が人間そのものが神であるという煩悩が穢れであり、その組織化された宗教が悪魔崇拝である。つまり日本はありとあらゆる森羅万象が神であるが、その悪魔といわれる人間は己が神であるという認識が、ありとあらゆる宇宙の森羅万象の歪みに繋がっている。要するに最終的には全ての人類が魂を入れ替えなければ、その宇宙のカルマに呑み込まれるということであり、奥義的に言わせて貰えば、誰が善で誰が悪の三次元空間認識ではなく、それらを超越して多次元空間認識を持たない限り人間はいつまで経ってもカルマを解消することはできず、必ず滅びるということである。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中