世界は国単位でなく地球儀で見ない と何もわからない

今起きている反トランプの抗議デモはクリントンとソロスが中心となって仕掛けている紫革命(内戦)の一環です。デモ隊の中にグローバリストの手下の暴力集団やテロ集団がまぎれこみ、攻撃的なデモや暴動を誘発しています。

クリントンやソロスが計画している紫革命は、ウクライナの首都キエフで勃発した抗議デモから始まった2度のオレンジ革命(2004年と2014年)と同じです。
ウクライナのオレンジ革命もソロスが活動資金を提供しました。
クリントン夫妻がニューヨークで紫の衣装を身に着けたと同時に反トランプのデモや暴動が200以上の都市でスタートしました。
トランプ氏は、2つの反トランプ派から同時に攻撃を受けています。
1つは、CIA、NSA、DHSのトップ、ブッシュ支持者などのネイコン官僚からであり、彼等はトランプ政権を乗っ取り支配しようとしています。彼等はオバマ政権の政策を維持しロシア、中国,イラン、ベネズエラ、キューバ、他と戦争を挑発します。
もう1つは、ソロスが資金を提供している政治活動団体とメディアからの攻撃です。これは、米国民からトランプ大統領への信頼を失墜させるために、ウェブサイト、テレビ、新聞などの反トランプのメディアを使って行っているプロパガンダ戦争です。

トランプ氏が大統領選直前に訴えたことは。。。ジョージ・ソロス、FRB議長のジャネット・イエレン、ゴールドマンサックスのCEOは世界権力機構に所属している人間であり、アメリカの労働者の生活を奪いアメリカの富を消滅させた。そして彼等はアメリカから富を強奪し自分たちや企業や政界の一部の人たちの懐に入れた。ソロスと彼の手先たちはトランプ氏がこのように訴えたことに即座に反応し、トランプ氏を反ユダヤ主義者だとして攻撃しました。トランプ氏は彼等から身を守る必要があります。
ソロスの息子はトランプ氏の娘夫婦を呼び出し、
彼等に公の場で父親のトランプ氏の批判をするよう申し入れたのです。

ソロスの戦術は常に同じです。家族や国の分断です。
トランプ氏は彼等の紫革命から身を守るべきです。

http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51997393.html

【超変態変人な意見にはなりますが】

今明らかに裏から操る超キレモノ田中角栄の悪玉の意識変革があったことは間違いないだろう。我々は敵の敵は味方である戦略戦術的手法は常に心に刻みこんでいなければならない。しかし、いつまで簡単に裏切る戦略的戦術的手法も同時に兼ね備えているわけだから、我々は大局的主観で読み解かなければならない。何事も肩入れすることは強さでもあるが弱さにもなる。そうなるとクリントン(本物は恐らくこの世にいない)は泳がせて影武者(クローン)使って裁いたとしても、問題はブッシュである。さすがに911は有耶無耶にはできないだろうし、その反発マグマは計り知れないものである。何らかしらの裁きはなければ収集はつかないだろう。恐らく、ブッシュもクローンを使って裁きはあるのでないか予見します。今の世界は私の超穿った陰謀論にはなるが、地球支配階級層は何体もクローンがあると思っています。そのET(宇宙人)=コロポックル(原始日本人)大統領と田中角栄のキレモノ悪玉が第三次世界大戦を起こさないように、本気で動いているのか警戒しながら常に5:5の精神でいなければならない。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中