“超古代文明 302A7「キリストの墓、竹内文書、垂仁天皇(ナーカル書)、ゴルゴダの丘、青森新郷村」竹取翁博物館(国際かぐや姫学会)2016.9.1” を YouTube で見る

真実は一つである。しかし、その真実をわかる人間は己の魂でしかわからない。その頂点に聳える真実の神は、世衆が永久的に咀嚼して、一歩一歩地に足をつけなければ、真実に辿り着くことなどは皆無である。それには純潔な御霊を拵えて、抑制的な煩悩離脱をすることがなければ、いつまでも、そのカルマの渦に呵まれて己が闇に包まれるだろう。

【言霊】間違いなくあります。私も若い頃は全く意味不明でしたが、自分の人生経験の中で、【ああ、こういうことだったのか】ということを実感していますが、具体的なことは流石にもう少し年月が経たないと絶対言えません。一般人の人に言っても理解できないし、理解しようとしないし、単なる変態扱いで済まされるからいいのですが、ネットは世界の人類が見ているし、わかる人にはわかるし、下手に悪用されても困るから、具体的なことは述べません。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中