News U.S. 中国・韓国・在日崩壊ニュース: JAL123便日航機墜落事故の真相は核兵器運搬の証拠隠滅だった!日本は既に核武装国である!自衛隊、米軍、ロシア軍が死闘の末全機撃墜される!想像を絶する軍事衝突の真実とは?

http://www.news-us.jp/s/article/286164530.html

CIA支配下の米政府と米国の中の米軍との関係は表向きは当然結びつきはあった。しかし、この当時の米軍は裏からCIA(シオニスト=悪魔崇拝白人主義寡頭支配)によって操られていることは気づいていなかった人間も大勢いただろうし、軍のトップクラスでGHQの流れを引き継いだ関係者は日本の天皇の真の存在を知って心変わりしたと思っています。その根拠は、シオニスト(白人寡頭主義者)がロシア革命の後のソビエトをまず表向きの共産で堂々と制覇し、朝鮮戦争で共産統一の企みに対して、シオニストと共謀関係ならば、北緯38度線までマッカーサーが押し上げることはなかったと思っています。

一つ疑問は何のために核を運搬し、何の目的で核を作ったのかということです。そもそもこの事自体に陰謀が潜んでいるのではないかと私は疑います。今の時代から遡って歴史を紐解くとCIAとシークレットエージェントでもある中曽根氏は蜜月関係だったことは理解できるし、寧ろ日本政府に対する表向きは冷戦に備えての秘密裡の核生成及び運搬。しかし、もうあの当時は冷戦という茶番劇はもう既に頓挫していた。従って真の目的は日本政府に対して弱味を握らせることで日本を完全に操り人形にすること。おそらく、CIAと中曽根氏がグルになって日本政府をハニートラップの罠に嵌めることだと解釈する。つまり自分の手を汚さずに自分自身は正当化さえも可能であり、相手に惨いことをやらせておいて、その結果の代償というなの弱味を握らせる。この事故からのプラザ合意は日本政府に弱味を握らせた結果に過ぎない。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中