911テロ~イラク戦争の隠された真実PART1

http://richardkoshimizu.hatenablog.com/entry/20150815/1439591249
2016-07-26_105550

28ページを暴く、トップシークレット9/11文書が明らかに

2016-07-26_102309

ジェフ・スミスは物理学者や元IAEAインスペクタです。彼は退役軍人今日では科学編集者である。 ジェフは、核不拡散(NNP)の問題に働いているホワイトハウスのための調査サービスとともに国連条約のセキュリティ機構の一部として。

2016-07-26_101401

By Jeff Smith, with Gordon Duff and Ian Greenhalgh
Foreword by Gordon Duff

2016-07-26_102204

スペンサー・エイブラハム、エネルギーの第十米国長官、2001年から2005年アブラハム、元共和党上院議員にジョージ・W・ブッシュ大統領の下で働くには、連邦協会の創設者であります

2014年には、退役軍人今日容疑者はエドワード・スノーデンによってそこに撮影した、ロシアから受信した文書の宝庫を、公開開始しました。これらの文書は、9月11日の悲劇に関する予備報告書を表す、世界のために悲劇、そして真実が隠され続けました。

その真実は9月11日の核爆発に米国エネルギー省によって2003予備報告のリリースに続いて、イベントの光の中で、知られていた、多くがトップ米政府当局者を含む死者や隠蔽で、現在のサービング、投獄されることになりますイスラエル首相、最近我々はほぼ完全に偽であることを知っている9月11日に誤解を招くと非常に虚偽の報告書の行方不明の28ページで指定されたプリンス・バンダルなど、他の指導者。

9月11日を妨げている必要があります停止したFBIの捜査上のイスラエルの諜報機関と重要な詳細の関与を含め、正確な調査の多くを持っていたジャーナリストウェイン・マドセンの功績によるものです。

われわれの情報源は、マドセンはこれよりはるかに多くを与えられたが、何らかの理由で公開したり、源泉徴収しないことを選択したことを教えて。いずれにせよ、彼が公開したことは壊滅的な、無視されました。私たちは、FBI捜査官、今ペイオフを取った大佐マイク・ディックは、マドセンに行って、任意の合理的な疑いを超えて9月11日におけるイスラエルの関与を証明する監視ファイルを提供することを知っています。スミスはまたマドセンに大規模なファイルを送りました。我々はに行くことはありませんここでまた別の話があります。

完全に9/11オープン爆破するために必要なすべてが、2005年に「そこ」nanothermiteまたはビンラディンや秘密宇宙兵器または他のおとぎ話に関するすべての話を終了するのに十分でした。証拠、ハードドキュメント、写真、すべてがありました。この漏れがあってもマドセンの限られたレポートの後に閉鎖されたかの物語は、調査する必要があります。その話の中には、以下の通りです。

これは、9月11日、事実の大要も物語の改作であることを行っていません。これは、単に現在のニュース報道が必要とするものに基づいて、「スタンドアロン」です。

ジェフ・スミスはエイブル危険として知られている調査チームの一員でした。スミス、核物理学者や元IAEA核検査官は、(彼は個人的にジョージHWブッシュ監修し、CIAのエージェントローランドカーナビーと協力した)最初のジョン・O ‘率いるFBIチームに参加するために盗まれた核兵器の彼の調査から渡来しました。ニールとFBIの後、大佐マイケル・ディック。

“No eternal reward will forgive us now for wasting the dawn.” ― Jim Morrison

By Jeff Smith

行方不明の28ページが消毒されています。それはすべてでアタをカバーしていない、それはフロリダフォートをカバーしていません。リーまたはどのように彼らはビザを得ました。ハイジャック犯のすべてのFBIフィールドレポートはチャートフが介入し、それらのすべての監視をシャットダウンすると、少なくとも2ヶ月911前にこれが停止します。その部分はまだ分類されています。

しかし、お金のチャートは、二次の選手が少なくとも750.000$のEAを支払ってしまったことを示しています。アタはもっとなりました。これは喫煙銃です。 HSBC、モサドにBCCIお金の道に従ってください。マイク・ディックは隠れに入った理由を今、あなたは知っています。 (マイクは、彼が殺害したとしようとするために米連邦捜査局(FBI)に対して訴訟を提起した後、今クアンティコで脂肪の仕事をしています)

2016-07-26_103402

911の後、ディック、同様にCIA、NOCは「上から。」命令で上司に悩まされたもの注文がチャートフから来ました。ディックはまず、彼の主要な反スパイ任務から解放最終的にはウォールストリート・ジャーナルの記者ダニエル・パールの誘拐を調査するためにパキスタンに送られ、最終的にはワシントンD.C.でFBI本部のデスクの仕事に埋葬されました。 CIA元によると、パールは、彼が911を融資お金の道に近づき過ぎたために殺害されました。

一番下の行は、数々の賞を受賞、28ページ911の秘密のレポートは、総ごまかしであるということです。それは完全にそのようなDEAのような他の機関」の入力を無視します。それはフロリダの空気学校サッターが所有し、ブッシュによって根絶を非表示にします。これは、ハイジャックの前に最後の4ヶ月は無視されます。それがすべてでアタの言及がありません。これはサウジアラビア、などなどからCIAに発行されたビザをカバーしていません

それも本物の偽物15年後とでない場合、どのように我々は知っているのですか?彼らは、マイク・ディックや他の誰に疑問を呈したことはありません。彼らは彼らだけがを見て言われた何を見ていない、と何もかのようです。

マイクはお金の道をたどっので、パールをした、そしてそれはそれらを得た場所を見て。彼らの給与上の誰でもない、すなわち「バーン・ノーティス元スパイの逆襲」燃やしてしまいました。マイクと私は両方のその1のためのポスターの子です。 (ジェフは物的証拠と9月11日、攻撃自体の積極的な監視を含め、9月11日にモサドの役割の証拠を源泉徴収されたテキサスベースの連邦大陪審によってギャグオーダーの下にあります。)

それは上から下にあまりにも汚れているので、それは、ケネディと同じように、単に裁判に行くことは決してありません。私たちの政府は、上から下にちょうど一つの大きな犯罪組織であり、スターリンを引用する力で犯罪者が、何も、ありません…

歴史は再び勝者によって書かれました。マイクは完売と買い取りました。彼は選択の余地がなかったです。何の証人はそれが真実を伝えることができると信じられる残っていないがあるので、今、彼は、セキュリティクリアランス等によって口をふさがれています。すべての証拠が破壊されています。何も知ら誰もが除去されるか完売されています。これは、彼らがどのように働くかです。分割、征服し、内部から破壊します。

私の場合、私は(編集済み)黙っように言われてきました。それは選挙の年だ、覚えておいてください。だから、あなたがたは力に間違った人を横断する必要はありません。

2016-07-16_185659

日本も過ちは認めなければなりません!!!!

7月25日付  イラク戦争報告書  日本も英国の姿勢に学べ  

2016-07-26_105638

イラク戦争に参戦したのは失敗だった。

 英政府の独立調査委員会が7年間に及ぶ綿密な検証の結果、導いた結論である。

 過激派組織「イスラム国」(IS)を生む要因となり、世界中にテロの脅威を広げたのがイラク戦争だ。参戦へ突き進んだ判断は正しかったのか。英国が過去から目を背けず、厳しく向き合ったのは当然だろう。

 イラク戦争は2003年、フセイン政権の大量破壊兵器開発疑惑を理由に、ブッシュ米政権が「有志連合」を率いて強行したものだ。

 大規模な戦闘は短期間で終結したが、大量破壊兵器は見つからなかった。その後、治安が悪化し、11年に米軍が撤退を完了するまでに民間人の犠牲者は10万人を超えた。

 英国は当時のブレア首相が世論の反対を押し切って派兵し、09年の撤退までに兵士179人が死亡している。

 批判はやまず、09年、政府の意思決定過程を検証するため、国民の要望を受けて設けられたのが独立調査委だ。

 注目したいのは、機密文書の閲覧や政府高官の証人喚問ができる調査委の権限の強さである。15万件以上の政府文書の分析と、ブレア氏ら150人以上の聴取を経てまとめられた報告書は、6千ページ以上に及ぶ。

 報告書と委員長声明の内容は明快だ。

 侵攻の理由に挙げた「フセイン政権による差し迫った脅威」は参戦時点で「なかった」と否定し、イラクの武装解除のための外交手段は尽くされておらず「軍事行動は最後の手段ではなかった」と断定。対イラク政策は、欠陥のある情報と評価に基づいて作られたと総括した。

 独立調査委は米国も設けており、「情報機関が致命的な誤りを犯した」との報告書を05年に公表している。戦争支持を表明したオランダも10年に、独立調査委が「戦争は国際法違反」と非難した。

 一方、当時の小泉純一郎首相がいち早く米国を支持し、大規模戦闘後に自衛隊を派遣した日本は、民主党政権下の12年に、外務省が省内の意思決定過程を検証しただけだ。

 その報告は、小泉政権が大量破壊兵器の存在を信じた経緯について、「存在しないと証明する情報がなかった」とし、誤認はやむを得ないと結論付けた形だ。

 だが、検証は公電の分析や一部の外務省幹部の聴取にとどまり、英国の調査とは比較にならない。

 安倍政権は、現在も小泉政権の判断を「妥当」とする立場を維持している。米英が明確に誤りを認めたのに、身内による限られた検証だけで、妥当だったと言えるのか。

 安全保障関連法により、日本は今後、米国などから自衛隊の海外派遣を求められる機会が増える恐れが出てきた。それに歯止めをかけるためにも、教訓から学ばなければならない。徹底的な検証を行うべきである。

Me

「信念は、真実にとって嘘よりも危険な敵である。」
 Convictions are more dangerous enemies of truth than lies.

 

広告

911テロ~イラク戦争の隠された真実PART1” への1件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中