お金ができる仕組みの歴史的背景PART2

今日のマネーシステム

長い間のうち中央銀行に支えられた銀行ネットワークの準備預金制度は世界的広がりました。同時にマネーに対する金の裏づけの割合は着実にしぼんでゆきました。お金の基本の性質が変わったのです。以前はお金は価値を表していたのですが現在は負債を意味します。過去においては紙幣のドルは金銀に交換できる兌換券でした。現在では紙幣あるいは銀行口座の数字であるドルは単に他の紙幣および数字のドルに交換できるものでしかありません。過去には個人的につくられた受領証での支払いを私たちが受け取ることを拒否できたように、人々が受け取り拒否できる形で民間銀行の紙幣が存在しました。

現在では民間銀行がつくったお金が政府の認める合法的な不換紙幣となっています。私たちがお金とみなしているドル、カナダドル、ポンドです。法定通貨は政府によって作られます。法律では市民がこの法定通貨を受け入れなければならないと言明しており、このお金を使わないと裁判所は助けてくれません。

そこで質問です。もし、政府と銀行の両方がお金を創造できるとして、一体いくらのお金が存在するのでしょうか?

過去にはお金の総量は実際にある金属の総量に限られていました。例えば地下の洞窟から新しい金・銀が見つかった場合それに見合うお金が作り出されていたわけです。現在では文字通りお金は借金として創り出されています。新しいお金は誰かが銀行からお金を借りると創られるのです。結果としてお金の総量は人々が借りられる限界の総量金額になります。

アメリカの総負債は1957年5兆ドルでしたが2006年には45兆ドルに膨れています。政府は新しいお金の創造に準備預金制度として知られるルールを強制することによって法的限度を設けました。基本的に預金準備率は任意で国ごとに、そして時々変化します。過去においては銀行は少なくとも金庫の中の実際の金1ドルの価値に対して10ドルのお金を創造できるのが普通でした。今日、預金準備率は金の保有量に限定されず新しく信用創造される金額は銀行が保有する資産によります。今日、銀行は二つのものから成る資産をもっています。政府の発行した現金と銀行が中央銀行に預けているお金プラス銀行が持っている口座預金の総量です。

これを簡単に説明しましょう。想像してください。

新しい銀行がスタートしました。預金者はまだいません。しかしながら銀行が資本金1111.12ドルの現金を保証金のために中央銀行に預けます。銀行の預金準備率は9:1です。

ステップ1 ドアが開き新しい銀行は最初のローンのお客様を迎えます。 彼は車を買うために1万ドルが必要です。新しい銀行は9:1の準備率で中央銀行に預金があります。これはハイパワードマネーと呼ばれるもので、これを元に借り手の借金の誓約があれば9倍の1万ドルものお金を無から創造することが合法的に認められたいます。この1万ドルはどこからか持ってきたもではありません。その真新しいお金は単純に銀行の信用貸しとして借り手の口座にタイプされたものです。借り手は中古車を買うために、銀行クレジットの署名欄にサインをします。

ステップ2 それから車の売り手は新しく創られた1万ドルを彼女の銀行口座に預金します。中央銀行に預金されたハイパワードマネーと違って、この新しく創られたお金は準備率によって増やすことはできません。その代わりそれは、その準備率によって分けられます。9:1の割合で新しいローン9000ドルが1万ドルの預金を元に創造されます。

ステップ3 もしその9000ドルがその後第三者によって同じ銀行に預金されたとしたら、同じ銀行がつくったもであれ、あるいは違う銀行のものであれ、それは3回目の信用創造の合法的基礎になります。今回信用創造できる金額は8100ドルです。ロシア人形がその内側にさらに小さい人形が順番に入っているようなものです。各々の新しい預金が減少しながらも次の新たなローンを生み出す元になっていくのです。もしもローンで創られたマネーが銀行に預けられないならばその工程は止まります。それはお金の創造プログラムにとってあってはならないことです。しかし、実際は新しいお金は預金されこの工程が繰り返されることによって10万ドルまで新しいお金が創造されることになります。このお金はすべて借金によって創られたものです。

このような工程が最初に中央銀行に1111.12ドルを預けることによって合法的に認められているのです。1111.12ドルは中央銀行に誰にも触られることなく残っています。しかもこの天才的なシステムのもとでは、銀行の帳簿はその銀行の融資額よりも預金額の方が10%以上多いことになります。このことは一般の印象として銀行の融資が預金から出ていると誤解させ預金を得ようとする現実的な誘引となっています。どんな銀行でも預金の90倍ものお金は創れません。準備預金制度(ハイパワードマネー)のおかげで創られるのです。しかもそのシステムはひとつの銀行でつくられる信用貸しが、もうひとつの銀行の預金となって循環していくのです。このような工程はひとつの銀行の中で行えるものではありません。準備預金制度によって銀行が最初に1111.12ドルを中央銀行に預けておくことにより、実際には持っていない10万ドルの利子を集めることが許されるのです。

銀行は自分で持っていないお金を貸し付ける。それが奇妙に思われるならこれはどうでしょう。

各国の中央銀行は預金準備率を規則通り守ってきましたが、ロビー活動によって、最近10年では以前より高くなっています。あるところでは20:1や30:1が普通のことになっています。さらに最近では預金準備率を膨らますため、ローン手数料を利用することで銀行は今や完全に準備率の限界を打ち破りました。ルールは複雑な一方ですが、現実は極めて単純です。銀行は私たちが借りられる限界までのお金をつくることができるのです。途絶えることのない造幣局の家業にもあるのにもかかわらず、政府がつくるお金は循環しているお金の5%以下にすぎません。今日95%のお金が銀行に対する誰かのローンによってつくられているのです。なんのことはないこの信用貸しのお金は新しいローンが組むまれるにつれて、また古いローンが償却されるにつれて毎日莫大の量がつくられたり無くなったりしています。

銀行は政府の積極的な協力があって、はじめてマネーシステムを行使できます。最初に政府は私たち国民に認可された国家通貨を使うよう法律を通します。次に政府は民間銀行の信用貸しが、この政府が認めた国家通貨で支払われるように許可します。三番目に政府議会、裁判所が債務を強制します。そして最後に政府は市民と金融システム機能と信憑性を保護するための法規を可決します。その一方で市民に「お金は本当はどこからくるのか」については何も知らせません。明快な真実はローンあるいは抵当の書類にサインした時、その支払いは【罰則として資産を提供する】ことで裏づけされます。

誰もが潜在意識では銀行がお金を貸していないことに気づいている。あなたが貯金をおろすときに銀行はあなたに言わないでしょう。「あなたはお金をおろすことはできません、なぜならそのお金を誰かに貸してしまっていますから」

マーク・マンスフィールド経済学者作家 

私が残念なのは一般市民は銀行がお金を刷ることができるのを知らされていないことである。そして国家のクレジットを管理する彼らが政府の政策を指揮し、人々の運命を奴隷のように握っていることを

レジナルド・マッケンナ元英国ミッドランド銀行会長 

2016-07-30_005025

私は中央銀行制度が我々の自由に取って常備軍よりも危険なものであると心の底から信じている。 もし米国民が、最初はインフレにより、次いでデフレによって民間の銀行が自国通貨の発行を操作するのを許すようなことがあれば、 彼らの周りで太り行く銀行や企業は人々の有するあらゆる財産を剥奪し続けるだろう。 (中略)通貨の発行権を銀行から取り戻して、その正当な保有者である国民に返還しなければならない。

トーマス・ジェファーソン第3代アメリカ合衆国大統領

2016-07-09_222151

2016-07-16_185659

結論見解

今の世界金融システムそのものが借金からの預金準備制度(ハイパワードマネー)で膨張してお金をつくっているから、借金がどうとかの議論は最早時代遅れになりつつある。そんなこと言ったら、アメリカとか欧州は日本とは比較にならないぐらい借金漬けである。サブプライムローンからの道徳観念によって借金そのものの構造体系が曝かれてしまったことで今までのシステム支配構造は脆弱性を増しているのは確かです。【お金】の本質的な意味がどういうものか考えるべきだろう。そうすれば、今の経済と戦争の結びつきも理解できてくる。
【追記】
今の金融支配構造はお金をたくさん刷ってインサイダー財団が儲かりますよ~ってプロパガンダやマスコミを使ってインフレを起こして(庶民を誘導して)バブルを作成して、その後に肥った豚が食べ頃になったら殺して(高く売値けて)、その後、国家の財産や技術を偽善者を装い企業買収とか更に投資(融資)という形で借金させて利鞘を儲ける。または、偽旗作戦やテロを作成して、民衆に対して表向きの正義の鉈を振りかざして相手を攻め込む。言いかえれば戦争とは捏ち上げて既成事実という正義のレトリックである。私が認識できる300年ぐらいの歴史においては。つまり戦争(争いの政)をすることで、お金の融資及び武器や油や薬の需要を確保して、さらにその国が破壊されたことで、地球支配階級の息のかかった多国籍企業が、その国に対して偽善者を装いお金の融資と同時にあまりにも庶民にはリンクしないインフラ整備をして、その国に莫大な借金を背負わせて最終的には支払うことができないから、国そのものが担保にされる。つまりその国の財産や技術や資源を差し押さえるというのが今までの経済と戦争の結びつきであると考える。

2016-07-22_174933

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中