南シナ海で中国を決めつけたイジメ【米国悪玉の陰謀】アメリカン・エンタープライズ政策研究所のマイケル・オースリン日本部長 シンゾー、は、早く自衛隊を中国軍と衝突させろ!!

2016-07-13_191033

北京は、7月4日(新華社) -で高めのテンションの時には南シナ海、ワシントンとその同盟国は、繰り返し、中国や地域での活動を参照するために「いじめ」タグを使用して、中国に対する宣伝キャンペーンを開始しました。根拠のない非難は、しかし、中国は南シナ海の紛争にどの国をいじめたことがないという事実を指摘し、専門家によって反論されています。代わりに、この問題をめぐる最大限に自制を行使しました。

CHINA:NOT BULLY、BUT VICTIM

「中国は南シナ海の問題に小さい請求者をいじめたことがない、 “徐黎平、中国社会科学院の国際戦略研究所の上級研究員は語りました。

「その代わりに、それは国際ルールとの相対的な法律を通じて主権を守るに変わり、「徐は言いました。専門家ではなく、いじめっ子であることの、中国は南シナ海の紛争の最大の被害者が実際にある、と強調しました。

「中国は地域の現状を変更し、その強みを発揮したことがない、とそのインフラ建設をつかん他人の代わりに、独自の島で行われた、 “徐は言いました。多くの専門家が認められてきたように、中国はすべてに沿って、交渉を通じて領土紛争の平和的解決のために立っていました。これは、建設的な方法で南シナ海の問題に対処し、常にオープンな対話のためのドアを維持しています。しかし、事前の通知または交換せずに、フィリピンは中国との紛争以上の国際仲裁を申請しました。

「中国だけが署名した南シナ海(DOC)での締約国の行動との10加盟国の宣言の露骨な裏切りを偽造します南シナ海の問題を、複雑にし、国際化されます。この場合について法廷ケース東南アジア諸国連合(ASEAN 2002年)は、「徐は言いました。これまでハーグに拠点を置く常設仲裁裁判所の初期の2013年に仲裁のその開始以来、マニラは、交渉のためのドアを閉めており、中国の合法的権益を侵害挑発的な一連の動きを撮影しています。

単に月に、フィリピンは、許可された米国はワシントンでの新たな防衛協定の下で、中国との係争水域の近くに5拠点への軍事的アクセス権を持っています。また、から軍用機をリースし、日本からの戦闘機や監視レーダーを得た韓国。中国の外務大臣王毅によると、フィリピンの軍用機は露骨に単独で2015年に50回以上のため、中国の南沙諸島のサンゴ礁上空に違反しています。

「それは大きな国は小さい国をいじめる方法はありますか?それとも反対ですか?」Wang氏はワシントンで2月で述べています。

地域の平和と安定の利益では、中国は最大限の自制を行使したが、誰もそのコア利益を保護するために、中国の意志を疑うべきではありません。中国外務省のスポークスマンはそれを置くように、「中国は決していじめ小さな国であろうが、我々は決して小さな国は、言い訳を構成すると、中国の利益を傷つける耐えます。」

米国:南シナ海BEHIND見えざる手

南シナ海問題に関するいくつかの欧米のメディアの報道では、中国は多くの場合、「航行の自由」と挑戦的な国際法を妨害し、南シナ海「militarizing「落ち着きのない帝国 “いじめ”小さい国、として記載されています。このような広報キャンペーンの背後にある意図は南シナ海の地域の緊迫した状況のために中国をスケープゴートにすることです、と述べた米国は、本当の意味では、背後にある見えざる手されているという事実を指摘し、いくつかの専門家は、南シナ海で上昇緊張。地域の高まり張力が孤立した事件が、ポリシー米国「アジアへのピボット」の結果ではない、ヒューストンダウンタウン准教授ピーター・リー大学は最近のインタビューで新華社に語りました。

「米国には、特に東アジアはアメリカの外交政策に戦略的な位置を占めている。しかし、我々は米国の外交政策は、常にアメリカの国益の抜け目のない計算に基づいていることを理解しなければならない “と彼は言いました。

「例えば、1947年には、南シナ海の島々のその回復に中国政府を支援していることを米国だった。しかし、今日、米国は明らかにその位置を変更しました。位置の変化を、新たに基づきます東アジアの情勢と中国の立ち上がり強さの理解は、このようなフィリピンなど中国との領土紛争を有する国への明確なメッセージを送るん “と彼は言いました。

既存の関係を強化するプロセスが明らかにマニラに南シナ海での行動は米国に支えられていた信号を与えています。

ASEAN諸国との新しい関係を強化し、地域の同盟国との提携を後押しし、既存のセキュリティの関係は、地域における中国の地位を中和するワシントンの戦略的な目的を果たす統合、李は言いました。

「米国には、中国が拡張紛争に引き込むことができた。リソースは、人々の生活に影響を与え、軍の準備に転用されなければならない “と彼は言いました。

李は地域の米海軍の行動がワシントンが中国と対立の位置を持っている紛争当事者に明確なメッセージを送っていると述べました。「私の意見では、南シナ海での紛争で米国の撮影側がアメリカの目的を提供しており、弱体化の両方、 “と彼は言いました。

シャノンエブラヒム、よく知られている南アフリカのコメンテーターは、明確にそれは米国が実際には、中国の地域ダイナミクスを操作する権利を持っていると考えていることになり、より多くの1が南シナ海問題の現実を深く掘り下げ最近の記事に書きました裏庭上昇超大国として、それを囲むように。

「本当の意味では、米国は、中国海軍艦艇との対決事件を指揮し、請求者との共同海軍演習を実施し、立ち上がりの緊張の背後にある見えざる手されている、とさえへ南シナ海のフィリピンの一方的な名前の変更に部分的な認識を与えます西フィリピン海」と彼女は月下旬にスターの新聞に掲載された論評で述べています。

航行の自由の米国の懸念を参照すると、エブラヒムは「中国はこの原則にも同様にコミットされ、そしてどのような方法で貿易ナビゲーションを妨げることを試みたことがない “と述べました。

「この場合、中国はその側に国際法を持っている “と彼女は言いました。

「島に侵入し、それらを引き継ぐために、近隣国による試みにもかかわらず、中国は何世紀に戻って、彼らの上に主権の証拠を持って、「エブラヒムは書いています。

武力衝突の可能性高まる=南シナ海判決、中国に打撃―米専門家

【アメリカン・エンタープライズ政策研究所のマイケル・オースリン日本部長 シンゾー、は、早く自衛隊を中国軍と衝突させろ!!】

時事通信 7月14日(木)8時51分配信

米国と中国の軍艦は、太平洋の大規模な合同海軍演習に力を合わせます

12時24分、2016年6月22日14時18分、2016年6月22日KEYAN MILANIAN

2016-06-30_184432

2海軍が太平洋多国籍海軍演習の2016リムのためにハワイに向かう前に、戦術的な操縦訓練が開催されました

http://www.mirror.co.uk/offers/

グノーシスイルミナティと白龍会の情報源は、最終的に起こるであろう事を適切に処理すれば、欧州諸国はロシアを含むより大きく、緩やかに、自由な連合を形成するであろうと言っている。このシナリオに於いては、英国はスイスのように自由貿易によって欧州とつながる中立国になるだろうと、彼らは言う。欧州の破産は欧州最大の銀行であるドイツ銀行の破産を引き金に起こると、ロスチャイルド銀行王朝のメンバーは言う。ドイツ銀行は今、中国の管理下に置かれていると彼らは言う。中国がドイツ銀行の救済に踏み出さなければ、その崩壊は欧州、そして西側銀行システムを完全に崩壊させるドミノ効果を引き起こすと、複数の情報源は言う。この破産への秘密の局面もあって、それは太平洋における軍事行動に遡ることができる。中国と米国の大規模な統合艦隊がフィリピン沖で演習に従事していた。

 ★私の独断と偏見の個人認識のワンポイントアドバイス★ 

私の認識では、おそらく中国の中にも地球支配階級(1%シオニストの偽ユダヤマフィアのロスチャイルド家の悪魔側)の手先である中国共産党のマフィアと良心派がいると思われます。今のアメリカ軍は以前よりも良心派で染まっていますし、これは良心派同士が協力して偽ユダヤマフィアに対しての防衛措置だと思われます。もともと、北朝鮮も中国もイスラエルもこの悪魔支配階級が自分たちの都合の良いように作られた国です。しかし、今はイギリスがEU離脱からもわかるようにその支配階級がかなり弱まってきています。しかし、残念ながら日本国内のメディアは偽ユダヤマフィアに対して都合の良い報道しかされません。何故ならば、それらに牛耳られているからです。もっと厳密に言えば今までの利権を保持するためですから。

南シナ海の問題は中国よりも中国をマッチメイクしているプロデューサーが問題である。それはいつものマイノリティ財団であると予測できる今までの歴史の教訓から読み解けば。習近平とエリザベス女王の関係が悪くなったという事実が嘘か本当かわからないが少なくともプロパガンダされた事実に対して、今までの敵役出演の契約に対してノーを突き付けたのだろう。もっと穿った見方したら習近平がフェイクで悪玉で王毅外務相が善玉かちょっとわからないが、少なからず、中国軍と良心派の米軍が共同軍事演習した事実が確認できることを認識すると、これは確かに今までの戦争マッチメイクのマイノリティ財団に対しての防衛措置であることがわかる。更に穿った見方をしたら表向きは敵対思考ではあるが、裏ではがっちり握手している場合もある。身近なものではアメリカと北朝鮮の関係は良い例だ。従って、日本人は国単位で考えるのではなく、国の中の組織や機関に注目しなければ本質は見えてこない。日本人の大和精神は貴重ではあるが、非常に珍しい。世界を見渡せば二枚三枚舌は当たり前である。だからこそ、綺麗とか格好いいとかの外見に囚われた迎合主義ではなく、一人一人の日本国民がいろんなパターンで考えたものを拵えることこそが一番の抑止力になる。
http://www.mirror.co.uk/…/chinese-warships-join-forces-mass…

2016-06-30_201412

2016-07-13_233643

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中