腐敗防止サミットは未来計画のための偽善的なのか良心的なのか

2016-07-12_032337

ヨーストヴァンダイク島の白い湾、英領バージン諸島。Alamy:BVIケイマン諸島は2015年写真で資金の$ 72bnを予約しました

国連は、企業が昨年、低税率を持つ国に$ 221bn(£152bn)を注ぎ込ま後タックスヘイブンへの資金の流れを食い止めるため、政府に促しました。

オランダとルクセンブルクは、米国、英国、スイス、アイルランドと一緒に、税を避けるために求めている企業からの資金のためのトップの目的地の中にあった国連によると

英国の管轄下に2つのタックスヘイブン、英領バージン諸島、彼らはロシア、中国、米国、香港の企業のための焦点となったとして(BVI)とケイマン諸島は、投資の$ 72bnを受けました。

カリブ海への移行利益の程度を示す、国連の報告書は、26の先進国の企業のサンプルは、彼らが2014年に中国で行ったよりもバミューダでより多くの利益を登録していることがわかりました。

後の調査結果は、唯一の週に来るデビッドキャメロンは認めることを余儀なくされた彼の家族は、次のBVIに基づく資金の恩恵を受けパナマ論文の啓示。

それ以来、キャメロンは活動家が税を避けるためにシフト利益をサポートしています信じている秘密を終了するにはカリブ海およびチャネル諸島における英国の依存関係とクラウン保護領と厳しい秘密保持契約を確保するための圧力の下に来ています。

UNCTAD(国連貿易開発会議)が低い税管轄地に利益を流用する多国籍企業の間で成長している練習は、発展途上国の国に不可欠な投資資金を否定したと述べました。

低税国に拠点を置く当社の子会社は、「経済のファンダメンタルズに沿っ外」だったの利益をご予約された、それは言いました。彼らは税金を回避するために、別の中心からシャッフル資金である可能性が高かったときに、これらのファンドは、投資を装いました。

「投資の持続性は、オフショア金融センターを経由してルーティング、ならびにこれらの管轄区域で予約した利益のレベル、グローバルレベルでの税と投資政策の中でより大きな一貫性を作成するための差し迫った必要性を強調するフロー、「それは言いました。

2016-07-12_032652

「これら二つの重要な政策分野間の調整の欠如は、税務コンプライアンスの潜在的な利益だけでなく、生産的な投資を制限し、一方から他方への正のスピルオーバー効果が制限されます。」

英国の製薬会社アストラゼネカは何の税金を支払っていないために、2015年に発見されたオランダの子会社を通じて資金をチャネリングした後利益の£30億に。

報告書は、企業が設定「特別目的事業体」(のSPE)は、典型的には、資産・負債、または隆起した資本を地域経済にはほとんどの接続があったが、開催された子会社であったと述べました。

中のSPEへの四半期ごとのフローオランダ、ルクセンブルグ、英国からの投資によって駆動される第三四半期の$ 148bn、2007年以来の高水準に達しました。

オランダは全体の採用されている新しいOECDルールに沿って、一般的な回避規制導入後しかし、この傾向は急激に2015年の最後の四半期に逆転し、ヨーロッパや他の先進国を。

オランダとでclampdowns ルクセンブルクは、オフショア金融センターは2013年に$ 132bnの彼らの最近のハイから退避するが、「ハイ」とおおよそ例年の流れに沿って残ったの投資の流れを意味します。これは、今年のグローバル合計が$ 221bnに後退したことを意味しました。

典型的には、米国の主要企業の子会社に宛てルクセンブルグのフローは、2014年の同ヶ月で3倍のレベルに2015年の第3四半期に急増したが、最終四半期の$ 115bnの正味売却とマイナスに転じました。

「SPE間の緊密な相互関係がルクセンブルクに流れ、オランダは資本が資金調達ニーズやタックス・プランニングの考慮事項に応じて、それらの間で急速に流れると、両国におけるこれらの事業体の緻密で複雑なネットワークの存在を強調し、「UNCTAD報告書は述べています。

ロンドンで開催されたアンチコラプションサミット

Anti-Corruption Summit: London 2016が行われた。

日本語で腐敗防止サミット

2016-07-12_035156

 

HYMISOSHIRUのまとめポイント

1950年代の規制緩和のスタートアップでユーロダラーとアメリカの規制を受けないドルとヨーロッパ通貨がロンドンシティを通じて大量にバラマキが行われた中での経済的背景で1980年代はサッチャー、レーガン、日本では中曽根の時代であり、そういった規制緩和を推し進める中での労働法制の改悪してそれが世界中に蔓延していった。そのことについてロンドンシティーの金融緩和や労働法制の改悪に対してのプロパガンダのライトタッチ規制というものが世界中に広まっていった。

タックスヘイブンについては、フィナンシャルタイムスのニコラスShaxson等のグループらがこの租税回避地問題に対して追求している新しい動きがみられる。ニューコートのロスチャイルドが新しい動きの一環としてこれらを画策しているかもしれません。彼らは必ず相当作戦で二つの相反する考え方に対して大きく力を与えて漁夫の利を考えます。この二つの相反する勢力に武器を与えているのかわかりませんが、戦争までにはまだ至っていないので、今の段階では可能性として低いです。もう一方では、この二つの相反する勢力に対して資金を与えて二つの考え方を対立させて戦わせることを偽装する手段も彼らの昔からの常套手段です。基本的に対立構造を意図的もしくわ戦略的に行い莫大な利鞘を儲けて弱った企業や国家に対して偽善者として近づき、更に利鞘を画策するサイクルは何百年繰り返してきた。このパナマ文書の中にICIJというところが関わっているが、スポンサーはジョージソロスであり、このソロスはロスチャイルド家の一番のエージェントという意味においては、ニューコートプロジェクトを推進するロスチャイルドの戦略的可能性もあり、ニューコートが一枚噛んだマッチポンプ【偽善的な自作自演】もありえるということだ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中