ロシアからのNATOへの脅威はありません – ストルテンベルグ

「私たちはどんなNATOの同盟国に対する任意の差し迫った脅威が表示されない」組織の事務局長は述べました

2016-07-12_102048

ワルシャワ、7月9日/ TASS/。ロシアはNATOに対する無差し迫った脅威であり、組織の事務総長イェンス・ストルテンベルグは土曜日にアフガニスタンでの連合の会議後の記者会見で語りました。

「私たちはどんなNATOの同盟国に対する任意の差し迫った脅威が表示されていない、 “と彼は言いました。 「ロシアは戦略的パートナーでもありません。私たちは、冷戦終結後に開発しようとしたロシアとの戦略的パートナーシップではありませんが、我々は冷戦状況でもない。我々は異なる新たな状況にあります何でも、私たちは前に経験を持っています。」
彼はロシアの問題の議論は非公式だった金曜日の夕食で語りました。
「その夕食のメインメッセージは、我々は我々のアプローチで一緒に立つことが、同盟が統一であるということです – 防衛に基づいて、(ロシアに向かってTASS) – 強力な防衛、建設的な対話、「ストルテンベルグは言いました。
7月1日、ロシア・フィンランドの会談を、次の記者会見で、プーチン大統領はバルト諸国での偶発を高めるためにNATOの意思と不満を表明しました。 「私たち自身の領土の上の私たちの軍の動きは攻撃的行動の要素宣言され、私たちの国境に近いNATOの軍事演習は、何らかの理由でそのようなことを考慮されていない。我々は、これは絶対に不公平であり、現実に対応していないと考えています」彼は言った。

ストルテンベルグは:NATOロシア理事会は閣僚レベルで満たすことができます

2016-07-12_102453

ワルシャワ、7月7日/ TASS /。 7月13日に予定大使レベルでのNATOロシア理事会の会合の後、それは閣僚レベル会合の準備の話をすることが可能となり、NATO事務総長イェンス・ストルテンベルグはポーランドの大統領との共同記者会見で発表しましたアンジェイ・ドゥダまもなくワルシャワでのNATO首脳会議の前に。
水曜日に、ストルテンベルグは、ロシア・NATO理事会がブリュッセル7月13日で大使のレベルでの会議を開催する同盟の公式ウェブサイトに掲載声明で述べています。
「会議は[7月8-9]まもなくワルシャワのNATO首脳会議の後、ブリュッセルのNATO本部で7月13日に行われます、「声明は述べています。
「NATO・ロシア理事会は緊張を低減し、予測可能性を高めるために、対話と情報交換の場として重要な役割を果たしています。ロシアとの私たちの実践的な協力は、一時停止、私たちはオープンな政治対話のチャンネルを維持しているまま」それは言いました。
「我々の議論は、ウクライナとその周辺の危機と完全にミンスク契約を実装する必要性に焦点を当てます。我々はまた、透明性とリスクの削減だけでなく、アフガニスタンの治安情勢を中心とし、軍事活動を見ていきます」事務局長は語りました。

http://tass.ru/en

2016-07-12_103822

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中