実体経済が反映されない社会は家畜民を信用と洗脳で騙して成立する

今のバラマキ体制の債務貨幣の仕組みからシカゴプランへの金融構造体系に考え直す方向に向かっていると言及しております。「日本の経済学者はこの本質的なことを知っているのか!しっかりこの事を今の若い衆に教えなさい。しかし、世界を見渡せばシンガポールではこの経済の仕組みは一般的に教えられている。」と総裁は言っております。和田先生も「イングランド銀行の仕組み作りに直接関わった人間が言っているわけで、この事は世界の金融構造が変わってくることを意味していて、日本だけが取り残されている」と言及しております。

2016-07-11_055758

「マーヴィン・キングはよく金融危機から出てくるための最も重要な本を書いたことがあります。王の先見の明のアイデアは経済学の学生からの国家元首にみんなの注目に値する、同意または同意しない。」-Lawrence H.サマーズ何かが私たちの銀行システムに問題があります。我々じかにそれを知っているが、マーヴィン・キング全てのセンス。イングランド銀行の実権を握って、彼の10年は、金融危機の高さを含め、当社の資本主義社会のメカニズムについての深遠な真理を明らかにしました。では錬金術の終わりに彼は私たちにお金や銀行、現代の金融への鍵の歴史と未来に関する重要な仕事を提供しています。産業革命は、現代の資本主義時代の礎を築きました。紙幣の作成とクレジットを発行した銀行の発明:まだそのダイナミック期間中の技術革新の開花は2ずっと年上のアイデアの普及に依存していました。当然の今日は、これらのシステムを取る、まだ彼らのコアで両方のアイデアが革新的とほとんど魔法でした。一般的な紙は、金と同じくらい貴重になり、危険な長期貸付金は安全な短期銀行預金に形質転換しました。王が主張するように、これは金融錬金術-現実や常識にとらわれない臨時財政力の作成です。これらの力への信仰は、巨大な利益をもたらしました。彼らが作成流動性は、今二世紀のための経済成長に燃料を供給しています。しかし、彼らはまた、銀行hyperinflationsから、経済的な災害の後を絶たない文字列を生成しているが、最近の世界的な景気後退と現在の停滞に崩壊します。どのように我々は彼らの固有の弱点で、これらのアイデアの強力な強さを調整できますか?王はこのような経済力の新鮮な解釈を提示すると、世界経済のために進むべき道を指すように彼のユニークな経験に描画します。耐久性の繁栄と財務先祖の錬金術上の過度の依存の最後に明確なパスを提供するために、現在ぐるみや不複雑な法律を切って彼の大胆なソリューションを提供しています。

世界金融危機の原因と結果にアルティンウルフの新しいボリュームには、とりわけからの寛大な事前の賞賛、付属していますマーヴィン・キングラリー・サマーズベン・バーナンキ。それは、あなたが考えるかもしれない、タイタニック号の乗組員からジャケット宣伝文と海上安全上のマニュアルのようなビットです。しかし、本のページにこれらの男性のためのあまりの快適さがありません。バーナンキ、特に、首にそれを取得します。 “危機は破っても2ヶ月前に、連邦準備制度理事会の議長は彼、彼の機関と世界経済をヒットしようとしていたものがないアイデアの横を持っていた鈍であるために、彼ほとんど無知でした。」彼はどちらか、彼は是認読書についてあまり注意しないのですようです。

これは細心の注意を返済仕事だから、残念です。ウルフ、非常に尊敬FTジャーナリストは、彼自身が、2008年の近黙示録的なイベントを予測するために失敗した市場の自由化の恩恵にあまりにも多くの信仰を置いたことを認めています。”ナンセンス”グローバル経済の機能が実際にあったかの正統派の見解は、彼は控えめな表現のちょうどヒントを使用して、観察することは注目に:「これは経済学のための不快な課題を提起します。」実際に、それはないという明快な反対の声を犠牲にして特権経済の特定の意見を政治・金融権力構造としてそんなに故障である経済学です。ウルフは確かである彼は強固な常識の強力な芽球洗練された技術的な説明を交互に繰り返すように、後者の間でカウントされます。将来的には、経済の動脈が突然押収した理由を理解したい人 – と、なぜそれが来るの回復のためにそう長くかかったが – この本を参照する義務があります。担当の政治家は、システムを維持しようと既得権益の影響でとても強くているときはまだ教訓を描画するためのその有用試みにもかかわらず、まだ、政治的に運用することができどのように健全な経済的な思考の未回答の質問が残っています現在の形。

物語の重要な側面は、当然ながら、よく知られている:自由市場イデオロギーの勝利は平気楽観的規制緩和の波が続きます。脆弱世帯主にサブプライム住宅ローンの多くの場合、詐欺的な推進に伴う住宅バブル。主張、そしておそらく彼らはリスクを排除していたことを、信じて人々がそれらを理解していなかった人に販売、複雑な金融商品。過度のレバレッジ; 逆インセンティブ – リストに載っています。さまざまな国が保持している支払い黒字と赤字 – ウルフの明確な貢献は、これらすべてのものは、世界的不均衡の成長にリンクされた方法を示すことです。自由化、技術改造と集団の高齢化 – – 一緒に投資パターンに不平等とシフトを上昇、大規模な増加国際的な資本フローを運転した彼は、2006から10年の間に、これらの不均衡は世界のGDPに比べて5倍と3基礎となる要因があると主張することを指摘しています。これらは、「構造的に欠損総需要の世界」を作成したウルフの「シフト」、です。高所得国では金融不安を作成したずさんな金融政策と規制政策は、部分的にはこのように「需要不全症候群を患っている経済の需要を維持するための方法」でした。金融システムの増加する危険性は、継続的な経済成長の価格だった – 当面は。

最後に、もちろん、車輪が脱落しました。ウルフの口座から抽出される快適さのいずれかのクラムがある場合、それは危機の「ショック」が響きとして、政府は実際には賢明に合理的にパニックの最初のフラッシュに期待できるように答えた、ということです。しかし、その後、2010年から、緊縮財政への早期のターンがありました。大規模な財政赤字は、その原因危機の結果ではなかった、実際に彼らが与えた刺激が – あまりにも急速にカットオフ – 治療法の必要な部分でした。「責任」の言語は、多くの場合、ウルフが示すように、それはひどく誤解を招く可能性があり、有権者とよく果たしているが、。彼は、ユーロ圏の中で果たしてきたか、そのような談話について痛烈です。(ドイツ率いる)「債権ユーロ圏は「「債務者ユーロ圏」(ギリシャに象徴される)に与えた厳しいポリシーは、現在のアカウントの黒字は必ずしも高潔であり、赤字は軽率の兆候であることという考えを前提としています。しかし、どのような債務者のミス、彼らは最終的に債権者の行動によって促進されました: “。借入は融資なしには不可能だったでしょう放蕩の資金を調達した後、自分の選択の結果に文句を言うために愚かです。」ウルフは、多くのスキルとユーロ自身の欠陥を照射するが、混乱のうちいずれかの明確な方法が表示されません。彼の見解では、あっても部分的な崩壊の結果は、熟考するにはあまりにも恐ろしいであり、そして通貨の固有の構造的欠陥にもかかわらず、通って混乱させる維持するために必要になります。

他の球では、本はより肯定的なソリューションを提供しています。銀行はより良い大文字にする必要があること議論の余地のないです。ウルフは、「あまりにも野心的」としてグローバル富裕税のためのトマ・ピケティの提案を見て、それにもかかわらず、非常に高所得の大きい課税を見てみたいです。彼は、中央銀行は、すべての形態のお金を作成する責任であり、銀行は、彼らが貸すすべてのための完全なバッキングを持っている必要がありますすることにより、100%リザーブ・バンキングのためのいわゆる「シカゴ計画」にも熱心です。「基づいているシステムは、今日のように、しばしばグロテスクな無責任な融資の副産物が取り返しのつかないほど不安定であるとしてお金を作成するには、営利機関の能力に “、私たちは言われて。しかし、計画に明らかな問題、ウルフが認めるように、誰もがそう抜本的な何かをしようとあえてしないだろうということです。銀行からの激しい抵抗は避けられないだろう。いくつかの種類の抜本的な改革は間違いなく必要であるが、経済的に望ましいと政治的に可能性の間には大きなギャップがあります。

これは、その後、困難です。クリア目撃経済問題に、ウルフは彼らの根底にあるパワーの質問に提供するあまりを持っています。彼の紹介で彼は、「それがいいか悪いのために危険な発想ではなく、既得権益、である。」というケインズの発言を支持します それが本当であれば、必要とされるすべてのことは、実行可能な政策に翻訳され、私たちは多かれ少なかれ良性の支配者によって実現することができる私たちの問題、の音知的分析です。しかし、他の場所で本の中でウルフは「利益が大幅に公共の利益を上回る組織した政治的プロセスの腐敗」として金融業界のロビー活動力を説明します。それが本当であれば(と私はそれだと思う)離れて新自由主義の教義から適切に悟りを開いた民主もちろん補正は現実的に出現することができる方法を参照してくださいすることは困難です。

ほぼ間違いなく、危機への遡上に見られる混乱推論はあまり症状などの原因ではなかったです。人々は、彼らが正しいインセンティブがそう指定された場合は不可能なことを信じて、そして同時に自分のポジションを脅かす合理性のいずれかの発生をつぶすために最善を尽くします。誰も危機が来るのを見ない理由女王は有名尋ねました。実際にはかなりの数の人がいたが、金融や政治エリートは耳を傾ける自分の利益のためにそれを見つけることができませんでした。より良い経済システムではなく、他の方法ラウンドの改善に従います上部に考えて。このような変化は、彼らがこれまで来れば、利益のシフト残高のではなく、アイデアのパワーの証となります。

2016-06-04_145200

 

hymisoshiruの独自見解

人と物の借款(売買)が実体経済であり、その媒体がカネという紙幣であり、現実世界と一律な経済社会である。例え騙されたとしても裏打ちされたものが担保としてあるわけだから人々は生きていける。しかし、人と物の借款(売買)がなくなり、媒体であるカネだけでの借款(売買)になれば利息という利鞘が生まれて、現実世界と乖離的な経済社会になる。その場合、騙されたときに裏打ちされたものが担保としてなくなるわけだから人々は生きていけなくなる。数字で例えると実体が100という流通量ならば、今は1000という流通量であり、残りの900は実体が存在しない人間の精神である信用創造で成り立っている。しかし、この人間の精神が不安定になればなるほど大きな波を生み出し、人間のモラルハザードによって人間そのものが飲み込まれてしまうわけである。二十一世紀に入ってネット社会が一般化されてきた。今までは、カネという信用を情報で成り立たせていた。しかし今は、情報【信用】そのものがカネと一体化したおかげで、カネの実質的な価値がなくなってきた証かもしれない。

経済とは借款の循環が活性化すればするほど人々が活動的になり豊になる。
従ってカネという信用に大きい小さいはない。

As the circulation of the loan is to be activated with the economy, people become rich become active.

There is no large and small to credit [mind] that money.

賢人の言葉

第3代アメリカ合衆国大統領。アメリカ合衆国建国の父であるトーマス・ジェファーソン

2016-06-04_161132

1801年、中央銀行に対し不信感を持つトーマス・ジェファーソンが第3代大統領に就任しました。
ジェファーソンは財務長官であったアルバート・ガラティンに宛てた手紙の中で次のように述べています。

「私は中央銀行制度が我々の自由に取って常備軍よりも危険なものであると心の底から信じている。 もし米国民が、最初はインフレにより、次いでデフレによって民間の銀行が自国通貨の発行を操作するのを許すようなことがあれば、 彼らの周りで太り行く銀行や企業は人々の有するあらゆる財産を剥奪し続けるだろう。 (中略)通貨の発行権を銀行から取り戻して、その正当な保有者である国民に返還しなければならない。」

文中でジェファーソンはインフレとデフレという言葉を使っていますが、 インフレとはインフレーションの略であり、膨張するという意味です。デフレとはデフレーションの略であり、 収縮するという意味です。現在ではインフレは一般物価水準の継続的上昇、 デフレは一般物価水準の継続的下落として使われていますが、それは結果に過ぎません。 信用が膨張する=お金がたくさん市中に出回るから景気が良くなり、需要が供給を上回って物価が上昇するのです。 信用が収縮する=お金が少なくなれば景気が悪くなり、価格を安くしないと売れない。だから物価が下落していくのです。 ジェファーソンは銀行が信用創造量を意図的に操作して、国民から財産を剥奪する=羊毛狩りをおこなっていることを知っていて、 それを軍隊より危険だと警告しているのです。200年も前のジェファーソンの警告は、今日に至るまで活かされていません。 第一米国合衆国銀行は議会によって公認された銀行であり、その公認期間は20年間だったため、 ジェファーソンは公認の更新を認めず、1811年に閉鎖されました。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中