地球愛フルフォードレポート 2016(7/5)

EU、米国その他で反乱が広がっており、ハザールマフィアの敗北は確定的である

2016-07-07_022526

地球上のハザールマフィアの専制政治の終了は実際に非常に近くになっている。ロスチャイルドとボルジア、メディチ、デルバンコ(ウォーバーグ)、ロックフェラー(クリントンを含む)、ブッシュ(ペッセ)他のトップ・ハザールマフィア・ファミリは地球の人類との和平合意に達するために7月10日の期限を与えられている。その後、金塊で払われる1兆ドルの恵みはこれらの大量虐殺メンバーを逮捕できるか、逮捕に抵抗がある場合は殺せる人々に手渡される。

この状況について何をすべきかについてファミリ内で悪質な内紛と主張が続いていると聞いている。このニュースレターはオンライン化しようとしているので、我々はロスチャイルドの一派から接触を受けたり、白龍会代表との会議が今週予定されている。この会議は人類と自然の双方にとって良い金融システムをつくる方法について議論することになる。それはまた、我々「種」と惑星の将来計画について新実力主義、民主的かつ透明なシステムの創生を議論することになる。

危機に瀕するこれらのファミリを思い起こさせるために、ここに国防総省の上級職員によって送られたメッセージがある。

私は複数の情報源から、RKM(ロスチャイルド家/バウワー家)が協力しないことを待っている多くの人々がおり、これらの人々は各レベルでRKM犯罪者の命が終わることを熱望している。貴方はその代表に、これは事実であり、彼らは実行することも隠すこともできず、時間切れであることを教えることが出来る。これは、潰れるか、遠い遠い従兄弟に至るまで彼らの家族全て死ぬか、人類を非常に長い間悩ませてきた悪魔の血統を完全に終わらせる時である。その交渉に幸運あれ。彼らが敗れれば、結果的に重要なことになるであろう。言われるように、すばらしい日になる。

先週、中国政府はまた、G20の諸国のトップと同様に他のアジア諸国の指導者達と接触し、白龍会とロスチャイルドファミリグループとの間で協定の合意が期待されると伝えた。中国人は脅しをかけるにしては非常に丁寧であるが、これは中国フリーメーソンによる声明である。

我々は共存共栄と世界平和の原則に合意するどの宗教、社会、派閥、政党や国と協力する。しかし、我々は世界平和の目標に合意しない誰とも関係を断ちます。

172の主権国家を代表すると主張する他のグループも先週、新包括的金融システムに対する支持を入れてきた。

しかし、依然として第三次世界大戦を始め、ハルマゲドンの起爆にしたいと頑固に思っているハザールマフィアの一派は完全には諦めてはいない。

これらの狂信者が頭に入れなければならないことは、世界は終わろうとしない、世界は始まろうとしているか、いつもあることを意味する楽園へ生まれ変わろうとしていると言うことである。

その面では、ロスチャイルド代表との交渉がうまく行けば、うまくゆけば来週には良いニュースが報告できるであろう。そうでなければ、戦いは世界の人々が勝利するまで続くことになる。惑星の解放はもうすぐやってくる。

スライドショーには JavaScript が必要です。

海外のニュースや外国の情報から私なりの解釈では、Brexit=真実の嘘=ナチスの台頭=マイノリティー支配階級層の謀略に対して離脱派が【嘘の告白】をしたことに対してとても大きな意義があったと思います。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中