ペンタゴンのFRB在庫一掃セールはまだ序の口である

国防総省情報源は、これは、FRBの専制政治に対する公開の在庫一掃セール革命の一環であると言っている。ある情報源は、「BrexitがTexodus(テキサスの離脱)とCalifext(カルフォルニアの離脱)を鼓舞して、他の州もまた救済をするだろうと言っている。また、NATO、国連とNAFTやTPP、TTIPのような世界自由貿易協定からのからのAmexit(アメリカの離脱)もあると、国防総省情報源は予測する。

中東においては完全な転換もあった。先週報告したように、エジプトとイスラエルは今、彼らの仮想敵国イランが参加している上海協力機構に参加を申請している。

今、トルコが突然180度転回して、今はロシア、イスラエルとまもなくエジプトとも関係を友好的に再構築している。平和が、長く苦しめられていた地域にやってこようとしている。

依然として第三次世界大戦を始め、ハルマゲドンの起爆にしたいと頑固に思っているハザールマフィアの一派は完全には諦めてはいない。

先週モスクワでは偉大なスパイ映画の為になる類の何かが起こった。ワシントンポストや他の公式ロシアタスニュース機関のような報道機関は先週モスクワの米大使館付近で銃撃事件があったことを認めている。彼らはまた重症を負った米外交官が緊急治療の為運び出されたことを認めている。

ヒラリー・クリントンスパイのあるFSBの銃撃戦の後

解雇トップロシアの司令官 モスクワ

2016-07-07_013717

魅力的な連邦保安サービス(FSB今日クレムリン内を循環する)報告書は、バルチック艦隊の司令官、ヴィクトルクラフチュク、およびスタッフの艦隊のチーフ、セルゲイ・ポポフが、されたと述べている両方の彼らのポストから解任それらが多数違反していることが判明した後に連邦任務に関連する文書が少し前に二週間以上のFSBの防諜エージェントによって撃たれ、負傷したヒラリー・クリントンのスパイの所持で発見された後に国家安全保障上の規制。この報告書によると、で動作するFSBの防諜エージェントカリーニングラード州 先月は「発見/検出に位置する操作のバルチック艦隊の主要基地で働く個人のコンピュータの請負業者によって使用されるパスポートに関連する重大な異常」バルチースクこのプライベートコンピュータ請負業者は、この報告書は続けて、モスクワ基づく国際コンピュータ会社によって採用されたABBYYその契約防衛省(と国防省)旧バルチック艦隊引退したサービスの個人用検索可能な電子ファイルに紙文書の変換のためでした。

このコンピュータの請負業者に関連する異常のFSBを発見すると、このレポートノートには、バルチースク内のすべてのABBYYの労働者は、 “の一環として、6月5日にモスクワに戻って飛行した策略/変装 -が、サーベイランスの朝に「操作と下に置きます6月6日、疑いの請負業者は、彼のモスクワのアパートから運転し、彼は米国大使館から2ブロックしたとき、中にアルバート地区、彼が車道に彼の車を放棄し、5アメリカの民間の警備請負業者に囲まれていました。 このコンピュータの請負業者としては、彼の周囲のガードが米国大使館に近づいた、このレポートが続くアメリカの民間警備請負業者の一つが「しようとしたとき、FSBセキュリティ責任者は彼を拘留することを試み撤退/ルーズ取る彼を発射する1 FSBのエージェントを引き起こし隠し武器を」武器。「で混戦/騒動後、発生しました」、この報告書は、それがコンピュータの請負業者は、FSBによって負傷していたことが発見された、と彼の”没収した後、説明バックパック/男の財布を「彼が米国大使館に持ち込むことを許可されました。この「1時間以内に混戦/騒動」の発生、この報告書はさらに州、米国大使館は、彼らの外交官の1が重病であったと認められた米国-要求に彼の即時送還を要求していることを外務省に通知しました。

この見事な6月6日の事件について、その報告書の今日のFSBのリリースと一致する、それは注意すべきである、オバマ政権のプレスマウスピース、ワシントン・ポストは、発表した「公式」米国のアメリカの外交官がされたことのみを知らせることにより、それのバージョン襲わ「FSBガードでとした「医療のために流出し、そして返すためには至っていません」。連邦法の下でFSBが(彼が充電することも、いずれかの犯罪で有罪判決を受けたもされていないとして)公にこのスパイの名前を解放するために許可されていませんが、このレポートのFSBのアナリストは言う、彼が米国の民間で採用されたことが確認されています呼ばれる傭兵会社トリプル・キャノピーLLC」であると記載されているオバマ大統領のプライベートブラックウォーターを悪名高いブラックウォーター傭兵を参照-in ” で充電し、疑いのある、多くの戦争犯罪トリプル社LLCは、この報告書は、衝撃的なたを続け、世界中の米国大使館で動作するように、その後ヒラリー・クリントン国務長官実質統治によって与えられたモスクワを含め、場合であっても、これを、実際には、彼女のプライベート国際スパイ機関-となっています過去数年間パナマ論文のリークは、この傭兵企業に数十億ドルの秘密の取引を示した米国務省によると、本質的に、彼らは気にしませんでした

ヒラリー・クリントンに直接このトリプル・キャノピーLLCのスパイを接続すると、この報告書は述べている、「だった子供のような簡単な原因で、彼は彼の”で持っていることに「電子記録」だけでなく、彼女の元、直接、民間、不正な電子メールアドレス、しかし、また、彼女の存在1あまりにも。どのような情報にヒラリー・クリントンのスパイが「から得られた彼/彼らの「バルチック艦隊」操作/詐欺」、この報告書は、外国インテリジェンスサービス(と置かれているし続けるSVR) -ブタなど」であった懸念/怒りオバマ政権によって”その驚くほどこの過去の週末、オバマ大統領は、彼の法務大臣、ロレッタ・リンチが、注文した非公開満たすために」するために、ヒラリー・クリントンの夫、元大統領のビル・クリントンと話し合う事柄を」。 このレポートでは、司令官ヴィクトルクラフチュクと参謀長のセルゲイ・ポポフ両方の解雇は、彼らのアメリカの対応とは異なり、彼らはコマンドで何が起こっていたか知らなかったとしても、彼らはhave-べきであるという事実によるものであることに注目することによって結論しますロシアでは、少なくとも、誰かが必ず責任を問われなければなりません。

米海軍情報局によって運営されるSorcha Faalニュースサイトはロシアがロシアバルティック艦隊の人事に関する情報を含む電子機器を押収したと言っている。

この事件の直後に、ロシアバルティック艦隊と多くの彼の副司令官達はその職を解かれた。

ロシアはバルティック海上空の公開空域に飛ぶ彼らの航空機に対して隣国に正確な座標の提供する申し出を行った。明らかに、これはこの空域におけるロシアの行動の誤解を防ぐことが目的である。

2016-07-06_205100

終末の引き金にしたいハザール宗教狂信派の過去の行動を考えると、核戦争を始める他の企ては止められたとするのは良い推測である。これらの狂信者が頭に入れなければならないことは、世界は終わろうとしない、世界は始まろうとしているか、いつもあることを意味する楽園へ生まれ変わろうとしていると言うことである。

その面では、ロスチャイルド代表との交渉がうまく行けば、うまくゆけば来週には良いニュースが報告できるであろう。そうでなければ、戦いは世界の人々が勝利するまで続くことになる。惑星の解放はもうすぐやってくる。

スライドショーには JavaScript が必要です。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中