現代世界情勢を動かす三つの重要因子【地球支配階級の歴史】

東アジア情勢に関する重要なポイントは、中国と北朝鮮である。それはいつできたのか?

1948年5月中東地域にイスラエル共和国が建国された

1948年9月東アジアに北朝鮮(北朝鮮民主主義人民共和国)が建国された

1948年10月東アジアに中国(中華人民共和国)が建国された

現代の中国と北朝鮮は、ユダヤ国家イスラエルと同時に建設されている。その意味はどういうことなのか。イスラエル建設の背後には、※地球支配階級が存在する。彼らは中東情勢に火をつけるためにユダヤ国家イスラエルを建国した。それと同じように中国と北朝鮮は二十一世紀の東アジア戦争を引き起こすために建国された。

※地球支配階級の権力構造

 ①上位権力層 ヨーロッパ

バチカン(カトリック・キリスト教の総本山)

欧州の王族・貴族(ハプスブルク家、サヴォイ家、タクシス家、ウィンザー家、英国王室)

ユダヤ系大財閥(ベアリング家、ウォーバーグ家、オッペンハイマー家、ロスチャイルド家)

②中位権力層 アメリカ合衆国

米国の大財閥(国際金融資本家)

ロックフェラー家、モルガン家、メロン家、デュポン家、ヴァンダービルド家、アスター家、グッゲンハイム家、ハリマン家、カーギル家、ウールワース家、カーネギー家、フォード家

権力組織の詳細名

300人委員会、島のクラブ、イルミナティ、フリーメーソン、スカル&ボーンズ、ユダヤ地下政府(サンヘドリン)、黒い貴族、etc

権力組織の機関名

国際連合、世界銀行、IMF、BIS、ローマクラブ、円卓会議、RIIA、CFR、日米欧3極委員会、ビルダーバーガーズ、FRB、CIA、財団、多国籍企業、マスコミ、etc

③下位権力層 各国政府

④草の根の層 世界70億人の私たち一般の地球人民

1,945年8月、我が国(日本)はに日米戦争(大東亜戦争)に敗北した。それ以来、日本国民はアメリカばかり見ているが、もう少し世界に視野を広げなければいけない。現代世界の最上階にはヨーロッパ世界が存在する。アメリカはその下に位置する。このことがわからないと、世界情勢の分析を見誤ることになります。

1991年12月、東西冷戦における敵国ソビエト連邦が崩壊した、そして現代のアメリカは【世界唯一の超大国】と威勢を放っているが、その実体はヨーロッパ株式会社の下請け企業に過ぎないのである。歴史をたどればアメリカは、ヨーロッパ世界の無法者が作った国です。建国200年以上過ぎたといえども、その上下関係は変わらない。そしてその周囲には、さまざまな集団(謀略集団)が存在します。

現代世界情勢を読み解くには、東アジアだけを見ていてもわからない。土台を追跡するには彼らの総司令部である三つの重要因子を認識しないといけない。その重要因子は次の通りです。

①EU(欧州連合)を起点とする世界経済危機(世界金融危機)の動向

②中東革命(北アフリカ+中東革命)に由来するイスラム諸国の大変動

③ユダヤ国家イスラエルとイスラム国家の動向

もちろん日本の立場からは、中国や北朝鮮の情勢も無視することはできない。しかし、東アジア情勢を揺るがす中国や北朝鮮は【地球支配階級の所有物】にすぎない。真実の東アジアの未来を考えるためには、その所有者を凝視しなければならない。では、三つの重要因子の共通点は何か?それは【一神教世界】の出来事だということである。一般の日本人は宗教にはあまり関心がない人も多いのではないだろうか。そんなものあってもなくてもよいものだと思っているかもしれない。だが世界レベルではそうではない。世界と日本は【別の宇宙】である。現代世界情勢を動かす三つの重要因子が全て【一神教世界の出来事】であるということは、それらの背後には【宗教(宗教的世界)が存在する】というこです。私たちは現代世界を経済の観点から考えるのだが、だがそれでは真実に世界を読むことはできない。なぜならば経済は、人間活動全体からみるには付録にすぎない。経済学は学問(真正な学問)ではない。経済学は地球支配階級がデッチあげた偽学問である。【国富論】を掻いたアダム・スミスや【資本論】を書いたマルクスの背後には地球支配階級が存在する。経済学は地球支配階級が地球人民を騙すための道具にすぎない。現代の日本人には【神を奪う(奪われる)】ということが人間世界でなにを意味するのかピンとこない人が多いと思います。しかし、現代世界でも常に発生しているのである。つまりそれは、【人間の精神・信念・自由を奪う】ということになります。

古代世界では神を奪う=現代世界では【人間の精神=信念=自由を奪う】ということ

私たちは過去の歴史的事実を現代世界レベルに読み換えて理解しなければならない。そうでないと(実質的)同じ出来事が繰り返して起こっているのに、そのことに気が付かないのだ。そして繰り返し同じ目に遭う。とても愚かなことである。例えば現代世界に生きる日本人の多くは、グローバル化(世界資本主義化)が無条件に正しいものだと信じている。だがそれは、真面目に生きてきた日本列島の住民が、地球支配階級から【新しい神を押し付けられている】ということなのだ。

現代世界(経済)情勢は地球支配階級によって動かされている。そのことは間違えない。地球支配階級の立場からは、一般の地球人民は檻に閉じ込められた家畜と同じ認識です。いつでもどのようにでも料理することができる。私たちが見えない檻を打ち破り、そして身体を縛る見えない鉄鎖を解くためには、現代世界情勢の深層海流を透視して彼らが仕掛ける大謀略を何としても白日の下に晒さなければならない。世界の真実を知らないで占拠デモなどで溜飲を下げることは、結局は彼らに利用されることになりかねないのです。

2016-07-19_153844

cielo-&-terra----by-Chico-Bliz

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中