「戦争」 日本の財務大臣の率直な意見

日本の財務大臣の麻生太郎が最近アメリカの経済学者ポール・クルーグマンに経済を救うためにトリガーを探していると言う旨の発言。

これはすべての通貨で始まっているが、「戦争、「そうです- ポール・クルーグマン他でもないと、日本の財務大臣の会話の驚くほど率直な転写物に応じて -ここに本当の終盤は、実際の戦争であること。麻生と述べ、「同様の[デフレマインド]は、1930年代に米国で発生していた。第二 次世界大戦は、1940年代に発生した、それは米国のためのソリューションとなりましたので質問を解決するか?戦争!。[我々は]を持っています[日本]の考え方に切り替える… 我々は、トリガーを探しています。」

日本の安倍晋三首相は世代で最もhawkishly軍国主義PMとなっている、これが唯一のナショナリズムの高まりや南シナ海での緊張をescalatuingによって勇気づけてきた2013年頃、侵略者に受動的な社会からシフトします。

私たちは、日本の財務大臣麻生とユーバーケインズポール・クルーグマンは、その経済・社会構造が崩壊として、日本が直面している、おそらく現実を明らかに間の会話のリリースされたばかりの転写物として背景として、この点に注意してください。

(財務麻生大臣)

1930年代の間に、私はアメリカでも同様にデフレの状況があったことを覚えておいてください。そして、ニューディール政策は、その後、ルーズベルト大統領によって導入されています。その結果、それは非常にうまく働いたが、それに関連付けられている最大の問題は、時間の起業家や企業の経営者の長い期間のための融資を受けることにより設備投資をするために行っていないということです。これは、1930年代後半まで続いていた、それはあまりにも日本で発生した状況です。過去最高の利益が日本企業によって生成されたが、それらは設備投資に費やすないだろう。日本では、企業側の手で収益がたくさんあります。賃金の引き上げや配当金の支払いや設備投資のために使用されるべきであるが、彼 らはそれを行っていない。彼らはちょうど彼らの現金及び預金の上に保持されています。予約済み収益が上がり続けています。

同様の状況は、1930年代に米国で発生していました。

何が問題を解決しましたか?戦争!第二次世界大戦は、1940年代に発生した、それは米国のためのソリューションとなりましたので。だから、日本の起業家を見てみましょう。これらは、デフレ考え方で立ち往生しています。

彼らは、彼らの考え方を切り替えて、資本投資を作り始めるべきである。我々は、トリガーを探しています。それが最大の関心事です。

(教授クルーグマン)

ビューのマクロ経済の視点から戦争についての重要な点は、それが非常に大きな景気刺激策だったということです。それは戦争だったという事実は、非常に残念なことです。これは単に、そうでなければ起こらなかっただろう財政刺激策につながったものでした。

その後、今のように、予算のバランスをとるための多くのコールがあったので、実際には、1930年代の話はニューディールということでした、ルーズベルトは、1937年に財政刺激策を撤回しました。それはとんでもない間違いでした。これは、主要な第二の景気後退を引き起こしました。

はい、明らかに私たちは、戦争のないそのような何かを達成する方法を模索しています。

戦争が便利だろうけれども明らかに…えっ?すべてのこと弾薬製造し、それらのすべての人のような無インフレ圧力が離れて撮影します。間違って何をして行くことができますか?

そこでここでは男性自身の口から純粋Krugmanismの74秒です – グランド実験の初めにケインズ1939(戦前)ラジオ演説

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中