Paniaiヘリコプター事故で死亡パイロット2016年6月4日(土曜日)

2016年6月4日(土曜日)| 午前15時22分WIB

Paniaiヘリコプター事故で死亡パイロット

2016-06-11_163918

TEMPO.CO、ジャヤプラ  – Nabireから途中でDeguwoする一方でPTアムールが所有するベル206-L4ヘリコプターは、PaniaiのリージェンシーにBogobaida地区で、Degeuwo川の近く8時15分東部インドネシア時間(WIT)に墜落した  土曜日、2016年6月4日  -その「パイロット、シニアCOMRを殺します。Kasmana(RET。)Paniai警察の頭部、調整]。シニアCOMR。それがクラッシュしたときに、商品の価値だけでなく、314キロ – アスマル、アホ、およびDarwis – レナードナブーはヘリコプターが3人の乗客を運んでいたアンタラに言いました。パイロットの体は、現在、墜落現場から避難されていて、乗客が現在Nabireの総合病院での負傷のため治療を受けている間、Nabireに流出されます。レナードは、アスマルは、乗客はそれが墜落前にヘリが突風によって翻弄されたと感じたことを彼に伝えていたと述べました。「乗客が唯一の軽傷を負っ、 “と彼は言いました。

http://en.tempo.co/

2016-06-11_164132

インドネシアのCIA代理人は、ヘリコプターは不明な機器、おそらくEMP(電磁パルス)兵器によって墜落されて、そして生き残った乗客は銃撃されたと言っている。そのヘリコプターは、インドネシアのハザールマフィアのフリーポートマクモラン鉱山会社操業のヘンリー・キッシンジャー/ロックフェラーによって操業される秘密の金鉱山から300kgの金塊をシンガポールへ運搬していた。それが墜落したとき、米ドル100百万ドル相当の1000シンガポールドル債を戻すところだった。5個のゼロハリバートンのアルミの容器に詰められて金は、今行くへ不明である。金塊はハザールマフィアが支配する鉱山からの来て、その支払いは盗まれたので、反ハザール人一派がその金を奪ったと想定するのがもっともらしい。そのメッセージはアジアの金塊を含む金塊の取引は適切なチャンネルを通さなければならないと思われる。

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中