フォーパプア、インドネシアでのヘリ墜落事故で死にます Bernama | 上の公開 2016年6月4日20時00分MYT

2016-06-11_155343

ジャカルタ:ベル206ヘリコプターは、インドネシア東部のパプア州では、Nabireの地区に墜落したときに4人が殺された。オンラインメディアの報道によると、8.15am事故で、PTアムールに属するヘリコプターがコントロールとの接触を失っていましたパプア。でBayabiru、金の採掘エリアのタワー交通インドネシアの省におけるコミュニケーションの頭と広報、Cirowo 99でクリアに着陸しようとしたときに、ヘミPamuraharjoはヘリコプターが墜落したことを言うように引用された彼は、当局はに急いで言いましたクラッシュに関する情報を受信した後のシーン、そしてKarmanaとして知られているヘリコプターのパイロット、現場で死亡した。三他人ボード上のアホ、AswarとDarwisとして識別不運なチョッパーは、重傷を負った、とに死亡しました。近くの病院への道。「私たちは、事件に関する完全な情報を受け取っていないが、4人が事故で死亡したことを確認することができる、 “と彼は言いました。

http://english.astroawani.com/

2016-06-11_160055

インドネシアのCIA代理人は、ヘリコプターは不明な機器、おそらくEMP(電磁パルス)兵器によって墜落されて、そして生き残った乗客は銃撃されたと言っている。そのヘリコプターは、インドネシアのハザールマフィアのフリーポートマクモラン鉱山会社操業のヘンリー・キッシンジャー/ロックフェラーによって操業される秘密の金鉱山から300kgの金塊をシンガポールへ運搬していた。それが墜落したとき、米ドル100百万ドル相当の1000シンガポールドル債を戻すところだった。そのメッセージはアジアの金塊を含む金塊の取引は適切なチャンネルを通さなければならないと思われる。5個のゼロハリバートンのアルミの容器に詰められて金は、今行くへ不明である。金塊はハザールマフィアが支配する鉱山からの来て、その支払いは盗まれたので、反ハザール人一派がその金を奪ったと想定するのがもっともらしい。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中