“【6月4日配信】倉山満が訊く、国際政治学者藤井厳喜さん「パナマ文書タックスヘイブン問題なぜ今出てきた?これからどうなる?」【チャンネルくらら】” を YouTube で見る

石油マネーと高利屋マネーでお互いの利益享受の関係を保ってきたが、その対価としての金が支払われないことによって仲間割れが起きたのが一番の原因である。そして、草の根レベルでも、いろんなテロ事件に対して恐怖よりも不信感の方が大きくなり、世界の良心派が、ネット情報の多様化も相俟って一気に爆発した結果かもしれない。ユダヤそのもの定義は人類誕生と同じくらい曖昧だから、宗教会派や更に分ければ秘密結社とか、その過程においても常に変化している。だからといって見た目の白人、黒人、黄色人でユダヤとアラブでの区別も曖昧ではある。支配階級とそれ以外の奴隷はユダヤという造語をつくったようにも思える。パナマ文書は目先の転換点の材料だと思うが、それよりも死海文書を解読することの方が歴史そのものをひっくり返す材料なのではないかと個人的に思う。

#パナマ文書 を調査せず消費税 #増税を進める財務省の7人
(Kinoshita yasushi オフショアリークで該当あり(同姓同名で投資家も存在)
https://t.co/JNBr6hEmVH
#タックスヘイブン #五輪 https://t.co/5lTNtD6qas

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中