“第4回 選挙に通る=全民意はカン違い!!欲望支配の一歩手前、民主制に隠れた危険【CGS 藤井聡 政治の哲学】” を YouTube で見る

民主と自由には必ず社会と責任が存在する。だからこそ、人間の理性と本能のバランスをいかに保つかが重要である。それには、慈しみと愛を魂として持つことが必要不可欠だと考えます。何故ならばそこには強さと傷みが存在するからです。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中