【三橋貴明×ベンジャミン・フルフォード】三橋キレる!「抽象論とかイメージじゃなくて数字で語りましょう!」「何で金利が低いのか考えてください!」短期国債で初のマイナス金利落札について激論!” を YouTube で見る

国債と赤字国債は、全く違います。日本は実態経済はデフレだからマイナス金利を施行すれば円が国内を循環すると言っているが、実態の担保割れがある状態ではお金を貸したくて貸せない現状です。だからこそ、公共投資によって地域価値【地価=担保価値】をあげることで、民間企業も人も社会的恩恵を享受することで、民間投資や労働資質の活性化によって、より良いサービス生産性が生まれ、そこで初めて実態経済に直接影響することになる。そして、消費税増税をしなくても、公共債と無税国債を発行して毎年かかる年率の差額分が増税したことと同じになると賢者の言葉を引用しました。日本はどうしてデフレ状況下でデフレ政策(構造改革、緊縮財政)をしたのでしょうか?それはデフレ政策をしたからです。本来はデフレならインフレ政策をして逆の処方箋をたてなければいけないのです。アメリカは恐慌の時にニューディール政策で立ち直りの兆しは見えたが、それと同時に金本位制度の裏打ちされるべきものを排除した結果、実態経済の疲弊の道をスタートした時期でもあった。

経済とは借款の循環が活性化すればするほど人々が活動的になり豊になる。
従ってカネという信用に大きい小さいはない。

As the circulation of the loan is to be activated with the economy, people become rich become active.

There is no large and small to credit [mind] that money.

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中