有馬記念にはドラマがある。

★不屈魂の復活 グラスワンダー★

 

//platform.twitter.com/widgets.js

グラスワンダー(1995年2月18日 – )は、アメリカ合衆国で生産され、日本で調教された競走馬。

1997年に中央競馬(JRA)でデビュー。
同年朝日杯3歳ステークスをレコードタイムで制し、最優秀3歳牡馬に選出。
レーティングではJRA所属の2歳馬として史上最高の評価を受けた。翌1998年春は骨折で棒に振ったものの、秋には復帰し、年末には有馬記念を制覇1999年にも複数回の怪我に見舞われながら宝塚記念と有馬記念を制し、史上2頭目の「グランプリ三連覇」を達成。同年、JRA賞特別賞を受賞した
。2000年の宝塚記念を最後に引退。通算15戦9勝。うち14戦で的場均が騎乗した。

2001年より種牡馬。産駒にはジャパンカップ優勝馬スクリーンヒーロー、宝塚記念優勝馬アーネストリー、朝日杯フューチュリティステークス優勝馬セイウンワンダーなど、5頭のGI・JpnI競走優勝馬を輩出している。

★奇跡の復活 トウカイテイオー★

//platform.twitter.com/widgets.js

 

 

トウカイテイオー(1988年 – 2013年)は、日本の競走馬である。
おもな勝ち鞍は1991年皐月賞、東京優駿(日本ダービー)、1992年ジャパンカップ、1993年馬記念など。日本調教馬として最初の国際G1競走優勝馬である。
1991年度JRA賞年度代表馬、最優秀4歳牡馬および最優秀父内国産馬、1993年度JRA賞特別賞受賞。 1995年、顕彰馬に選出。七冠馬シンボリルドルフの代表産駒である。

★神がかりな復活 オグリキャップ★

//platform.twitter.com/widgets.js

 

オグリキャップ(Oguri Cap、1985年3月27日 – 2010年7月3日)は、日本の競走馬である。
「平成三強」の一頭。第二次競馬ブーム期に、ハイセイコーに比肩するとも評される高い人気を得た。
1988年度のJRA賞最優秀4歳牡馬、1990年度のJRA賞最優秀5歳以上牡馬および年度代表馬。1991年、JRA顕彰馬に選出。愛称は「オグリ」、「芦毛の怪物」など。

1987年5月に笠松競馬場でデビュー。8連勝、重賞5勝を含む12戦10勝を記録した後、1988年1月に中央競馬へ移籍し、重賞12勝(うちGI4勝)を記録した。
その活躍と人気の高さは第二次競馬ブームを巻き起こす大きな要因のひとつとなったといわれる。競走馬を引退した後は種牡馬となったが、産駒から中央競馬の重賞優勝馬を出すことはできず、2007年に種牡馬を引退した。

週末の競馬観戦に、持って行きたい・・・アイテムをここで手に入れよう!!!

ターフィー通販クラブ 競馬が好き 馬が好き



http://expo.iris-one.com/swf/EXPlayer.swf?servername=expo.iris-one.com&title=%E6%A0%AA%E3%83%89%E3%83%AB%E3%81%AE%E6%9D%8F%E7%92%83%E3%81%A7%E3%81%99%EF%BC%81%E4%BB%8A%E3%81%AE%E3%81%86%E3%81%A1%E3%81%AB%E4%BB%95%E8%BE%BC%E3%82%80%E3%81%B9%E3%81%8D%E3%81%A7%E3%81%99%E3%81%AD%EF%BC%81&key=1HhakfDi1rZ21VrN52r7nkk1iNNyQB&language=jp

2015-12-27_005312

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中